シネマサンシャイン飯塚(ゆめタウン飯塚)IMAXレーザー感想

※当サイトにはプロモーションが含まれます。

シネマサンシャイン飯塚IMAXレーザー感想。

スポンサーリンク

福岡に3つ目となるIMAXレーザーの劇場を備える映画館、シネマサンシャイン飯塚が2023年にできた。ゆめタウン飯塚内の劇場で、北九州エリアからは最も近いIMAXの劇場ということになる。個人的にはあまり好きではないシネマサンシャインの劇場なのでそこまで気乗りしなかったものの行ってみることにした。

IMAXレーザーとは

 

まずIMAXデジタルシアター(通称IMAXシアター)とIMAXレーザーについて軽く説明しておきます。

IMAXデジタルシアター(通称IMAXシアター)に関しては、もう既にかなりメジャーなものになっているので、ご存知の方のほうが圧倒的に多いと思うんですが、スタンダードな上映をアップグレードした上位互換みたいなやつ。並のスクリーンよりも大きく、鮮明で、臨場感のある映画体験ができるシアター。

で、最近はそれよりもすごくなったIMAXレーザーの劇場が増えてきている。

今までにない感動体験をすべての人に。
独創的な発想と優れたテクノロジーで映画鑑賞の可能性を

広げてきたIMAX®から、新たに「IMAX®レーザー」が誕生しました。
「IMAX®レーザー」は、革新的な4Kレーザー投影システムを採用し、

より鮮やかで明るく、深みあるコントラストの超高解像度映像を実現。
IMAX®ならではの大スクリーンに映し出すことで、

従来とは一線を画す劇的な体験をもたらします。
さらに音響面では、これまでの水準を超えるダイナミックレンジと

高密度サウンドを実現する最新の12chサウンドシステムを採用。
圧倒的な臨場感で客席を包みます。
これまでの限界を超えた新しい映画の世界へ。
その違いをぜひ体感してください。

(109シネマズ公式サイトから引用)

普通のIMAXデジタルシアターよりも映像美やサイズがアップグレードした上映形式だ。東京や名古屋にもあって、結構メジャーになりつつある。

IMAXレーザーの劇場は現時点で、

グランドシネマサンシャイン(GTテクノロジー)
109シネマズ菖蒲
109シネマズ木場
109シネマズグランベリーパーク
109シネマズ二子玉川
109シネマズ川崎
109シネマズ湘南
109シネマズ名古屋
109シネマズ大阪エキスポシティ(GTテクノロジー)
ユナイテッド・シネマテラスモール松戸
ユナイテッド・シネマ浦和
ユナイテッド・シネマとしまえん
ユナイテッド・シネマ浦添
ユナイテッド・シネマ札幌
ユナイテッド・シネマ金沢
ユナイテッド・シネマキャナルシティ博多
ユナイテッド・シネマPARCO CITY 浦添
TOHOシネマズ日比谷
TOHOシネマズ立川立飛
TOHOシネマズ新宿
TOHOシネマズ流山おおたかの森
イオンシネマ幕張新都心
イオンシネマシアタス調布
イオンシネマ越谷レイクタウン
イオンシネマ市川妙典
イオンシネマ新潟南
イオンシネマ各務原
イオンシネマ四條畷
イオンシネマ岡山
イオンシネマ福岡
シネマサンシャイン飯塚

にあるよう。

この中でも特に、2015年にできたエキスポシティのIMAXレーザー、IMAXレーザーGTテクノロジー(旧称:IMAX次世代レーザー)は、IMAXレーザーの劇場の中でも特にスケールが大きいことで知られている。

この2館はとにかくスクリーンがバカでかい。僕はどちらも見に行ったことがあるけれど、格が違う。僕が行ったことのある劇場でレビューを書いているものは、さっきの茶色の太文字を押せば感想記事に飛びますんで、よかったら読んでみてください。

このIMAXレーザー及びIMAXレーザーGTテクノロジーと、ドルビーシネマが日本でメジャーな上位互換的な劇場です。

関連記事
四国唯一のIMAX(通常)で映画を見てみた

ドルビーシネマって何?日本初上陸の映画館で映画を見てみた

行ったことのあるドルビーシネマまとめ

TENETをIMAXレーザーとドルビーシネマで見比べ|間髪入れずに見てわかった違い

 

シネマサンシャイン飯塚IMAXレーザー感想

シネマサンシャインがあまり好きではない。なぜ好きではないのか、とにかく購入ページの使い勝手がひどく損をしたからだ。

大和郡山の劇場で映画を見た時のこと、朝一番の上映で間に合うかわからなかったのでネットで購入せずに券売機で購入しようと向かった。朝の渋滞ラッシュに巻き込まれながらも、なんとか券売機に上映時刻5分前くらいに着いた。これで前と同じようにチケットを買えばいいはずだ。サービスデーではなかったので2ポイントを使って1000円+IMAXレーザーの追加金額で見よう。そう思っていた。

だがこのポイント、スマホ経由の購入でしか使うことができないようだった。いや、スマホって普通上映直前のチケット購入できないじゃん。めちゃくちゃ慌てて購入しないといけないじゃん。

バタバタ操作していたら一番使う劇場としてなんとなく設定していた下関の劇場でしか使えないものが発券された。このことをスタッフに言ったらやり直すことはできないとのことだった。そのため普通に券売機で購入することになった。

ポイントを使って値段を抑えて見ようと思っていたのに、定価で見る羽目になったし、家から最寄りのシネマサンシャインの劇場とはいえど遠く、行く機会のまったくない下関でしか使えない厄介なものを手に入れることになった。

加えて、慌てて購入した結果定価を支払って映画を見たにもかかわらずポイントが貯まっていなかったし、後日下関で映画を見る場合のことを考えてサイトにログインしてみたら会員の期限が切れていて、これ以上すすむなら再入会してください的なことが書かれていて、お金を支払わないと下関でしか使えない割引券の期限すら確認できない。

また、池袋のシネマサンシャインのIMAXレーザーが最近治安が悪いと聞く。わざわざ日本最高峰のIMAXレーザーを見にきているにも関わらずスマホを扱うような輩もかなりいるらしく、落ち着いて映画を見れないらしい。

シネマサンシャインの会員制度で嫌な思いをして以降使う気がなかなか起きないため旅先でシネマサンシャインの劇場で見る機会は少ないだろうし、唯一行きそうな池袋も治安が激ヤバとのことだ。ということなので、飯塚にできた劇場も近いところに住んでいるが行く気がしない。まあでも、福岡県内のIMAXレーザーの劇場2つで見ている僕としては、一度は行っとかないといけないなと思い行くことにした。

飯塚のアクセス性

飯塚という街は非常に厄介である。福岡市と北九州市の中間地点というようなところにあるベッドタウン的な場所だが、福岡市以外から行く場合かなりめんどくさい。福岡市からは飯塚市から福岡市エリアに通勤・通学する人が乗るようなバスが出ているため、それに乗っていけばいい。だが、電車で行くと案外時間がかかる。

北九州市から行く場合はもっと面倒だ。さっと行けるバスという選択肢がなく、地味に時間のかかる方法しかない。車で30分くらいでいけそうなところに住んでいたとしても1時間くらいかかるような、そういうところだ。

なので、北九州エリアに住んでいる僕の感覚的に車で行くのが前提みたいな感じがする。とはいっても新飯塚駅からは歩いて行ける距離なので公共の交通機関で行けなくもない。

チケットの買いづらさ

チケットを購入するとき、前述の通りこれ一回きりの可能性の方が高いと思っていたので会員にはならずに、非会員として購入した。スマホを使ってチケットを買おうとした時は、なぜか、非会員は買うことができなかった。普通の劇場なら非会員でも買うことができるはずなのにできないのかよ!さすがシネマサンシャインだな!と思いつつ、劇場の券売機で購入。だが今サイトを確認してみると非会員でも買えるようになっている。なぜあの時買えなかったのかわからない。不思議だ。

券売機のキャッシュレス決済で購入を進めると、Suicaの残高が足りなくてチャージするのが面倒だなと思ったのでApple Watchのクレカ決済に変更、試しにやってみたらエラーが出て決済ができなかった。なので取り消してSuicaに戻そうとしたらキャンセルボタンがなく、ずっと固まっている。支払い方法を変更したいだけなのに、エラーで固まっている。なのでスタッフの方を呼び「支払いエラーが出たのでやり直したいんですけど」というと、手際よくリセットコード的なものを入力してくれて購入することができた。

あのときと同じだ。なぜシネマサンシャインはこんなにもチケットが買いづらいのか。エラーが出た時にキャンセルできるようにすればいいだけでしょ。その機能があるだけでスタッフの負担はなくなるはずなのに、なぜわざわざスタッフを呼ばないといけないのか。

通常なら自分でも解決できそうなことでもスタッフさんを呼んでリセットしてもらわなければならないという凄まじいクソ仕様だが、これで負担が増えるのは明らかにスタッフさんの方なので意見を言おうにももやもやする。セルフレジが使えない人のサポートでスタッフの負担が増えている光景はよく目にするが、ここの券売機はセルフレジの数倍負担がかかっているだろう。多分この劇場を運営している会社の上層部はこの券売機でチケットを買った事がない。

劇場内に入ってみると、まあスタンダードなIMAXレーザーの劇場で大きめなスクリーンが目の前に広がっている。

着席してみると硬かった、懐かしい!と思った。僕がコロナ禍直前に行っていた四国のシネマサンシャインの劇場の椅子のそれと全く一緒だったからだ。

関連記事・四国唯一のIMAXの劇場で映画を見てみた

ユナイテッド・シネマやTOHOシネマズなどの劇場よりも硬いというか、薄い。薄いのでクッション性があまりない。がっかりするというよりも「うわ!(4年前みたいだ)懐かしい!」と思った。まあ別にそこまでお尻が痛くなるような座席ではないですが、クッション性のある椅子の方が僕は好きです。

映像面・音響面

ただですね。本編が始まってみると普通によかったです。

特に音響がよくてこれはキャナルのIMAXレーザーの劇場よりも優れていると思います。あとキャナルIMAXの致命的な欠点、「4DXが下にあるので揺れがくる」もないし通いやすい。これからドルビーシネマよりもIMAXがよさげな作品が公開されたときは普通にここで見ると思います。この劇場のデメリットはシネマサンシャインらしいチケットの買いづらさと、椅子の硬さくらいなので。

音響◎、映像も○なので、普通に行くんじゃないでしょうか……。

まとめ

デメリット的なものもかなりありますが音響がちゃんとしている劇場なので、現時点で僕の家から最寄りのIMAXの劇場ということを考えるとこれから通うんじゃないでしょうか……。会員になるかもしれないとは思わなかったよ……。

 

おすすめの記事