駿河屋の支払い方法で手数料を安く抑える方法。

スポンサーリンク

代引きする際などにかかる手数料を無料、もしくは安く抑えて買い物するにはどうすればいいのか、考えてみた。

そもそも駿河屋とはなにかというと、本やDVDなどがものすごく安く買える中古ショップで、本や映画のタイトルでグーグル検索したときに出てくることが多い。普通の中古ショップよりも、かなり安い値段で買うことができることで知られている。

だがこのサイト、評判がものすごく悪い。ネット上を調べてみると点数はそこそこ高くとも、「がっかり」「二度と利用しない」「品質の悪さ中古屋さんNO.1」といったワードが並ぶ。なので、よく詐欺サイトだと思われている。

そんなことはない。だが、先程あげた評判はほとんど正しい。

安い中古本を購入すると、最悪なものがたまに届く。売る人がゴミを捨てるような気持ちで売りに出されたものが、結構紛れ込んでいたりする。

そして商品が届くスピードが遅かったり、いろいろある。このことに関しては以前書いた記事を参考にしてほしい。

駿河屋の評判を検証

だが、総じてコスパいい通販サイトで、まともな商品も破格の値段で買えたりするし、掘り出し物も多いので、僕はよく使う。この前は、欲しい本と雑誌のバックナンバーをまとめ買いした。

通販ショップの駿河屋公式サイト

今回は、駿河屋で手数料を抑える方法について考えてみる。僕は高校生の頃くらいから駿河屋というサイトで映画のブルーレイなどを購入するようになったが、手数料がめんどくさかった。

代金引換にすると500円高くなったりするので、代金引換手数料無料キャンペーンのときに購入していた。だが、手数料を抑える方法、無料にする方法は無料キャンペーンのときに購入するという方法以外にもある。なので、今回はそのことについてまとめていきます。

駿河屋の配送料&2つの手数料について

駿河屋で支払いの際発生する可能性のあるものは3つある。

・配送料
・通信販売手数料
・支払い方法各々にかかる手数料

の3つだ。

特に2つ目の通信販売手数料とか意味がわからない。意味はわかるか。通信販売の手数料である。ただ、こんなフレーズの言葉は聞いたことがない。おそらく駿河屋が発明したフレーズだと思います。

配送料

購入金額が

1,000円未満の場合…440円
1,500円未満の場合…385円
1,500円以上の場合…無料

北海道・沖縄・離島・その他一部地域に関しては追加送料がかかる場合があるとのこと。

これ考えると、1000円以上購入する場合はどう考えても1500円以上買ったほうがいいですね。

通信販売手数料

本州・四国・九州
購入金額
5,000円未満…220円
5,000円以上…無料

北海道・沖縄
購入金額
5,000円未満…550円
5,000円以上10,000未満…275円
10,000円以上…無料

昨年の11月くらいから新設された通信販売手数料。簡単に言うと、配送料や商品の値段自体を値上げしないと経営厳しいけど、駿河屋は安さが命なんで安さを維持するために別に手数料とりますよというような感じなんでしょう。だから実質値上げみたいなもの。調べてみた感じ、無料キャンペーン的なものもない。代引手数料や配送料が無料になるキャンペーンは定期的に行っているものの、今の所、通信販売手数料が無料になるキャンペーンは行われていないようだ。

通信販売手数料のことを考えると、5000円以上買うのがベター。北海道・沖縄の方は10000円以上買わないと通信販売手数料を無料にできませんが、特段欲しい物がないのなら買わないほうがいいと思います。欲しいものがあるんだったら10000円以上買ってもいいと思うけど。

駿河屋の通信販売手数料・無料にする方法

支払い方法各々にかかる手数料

最後の手数料。駿河屋には現時点(2019年12月現在)支払い方法が6つある。

クレジットカード、代金引換、PayPal、銀行振込、ペイジー、現金書留だ。

それぞれかかる手数料は、

クレジットカード…0円
代金引換…500円(無料キャンペーンあり)
PayPal…0円
銀行振込…振込手数料かかる場合あり、だがゆうちょ銀行の場合0円。
ペイジー…165円
現金書留…435円(+封筒代21円)

という感じ。

駿河屋支払い方法の手数料を比較・おすすめトップ3

では、それぞれの支払い方法、その支払い方法を選んだ際かかる手数料を比較してみる。以下の3つがおすすめ。というか、ぶっちゃけ、この方法さえ知っておけば難なく安く抑えることができるから他のやつは使ったことがない笑

クレジットカード

クレジット払い。一括のみ。VISA・Mastercard・JCB・American Express・Diners Clubなどで支払うことができる。

クレジットカード払いのメリットはなんといっても楽なこと。代金引換や銀行振込のときのように、現金を用意したり、振り込みに行く手間などがない。注文した瞬間支払われる。一番手間がかからない上に、手数料がかからないのが、クレジットカード支払いだ。

ただ、クレジットカード払いは学生は使えない。クレジットカード持てないから。Vプリカとか買えば支払えるだろうけど手数料が発生する。クレジットカードを持ってない、持てない人は使えないというのがデメリット。

あと、初めて使う人はちょっと不安かもしれません。もしかしたら詐欺サイトじゃないかとか思ってクレジット払いしたくないという方もいると思いますが、そういう場合は違う方法を使ったほうがいいかも。詐欺サイトではないですけどね。

駿河屋の評判・詐欺サイト?なぜこんなに評価が低いのか

あと駿河屋は時間がかかることが多いので、先に支払っているとイライラするかも。他にクレジットカードの上限がキツキツだったら使いにくいとかそういうデメリットもある。

代金引換(代引き)

使ったことのないサイトでの注文とかでも安心な代金引換。僕も中学・高校生の頃はクレジットカードが使えなかったので、よく使っていた。

手数料は500円かかる。高い。だけど僕は、手数料を支払ったことがほとんどない。もしかしたらあるかもしれないけど、記憶にはない。なぜかというと、さっきも書いたけど基本的に代金引換手数料無料セールのときに買っていたから。駿河屋では代金引換手数料が無料になるセールが定期的に行われている。公式サイトをチェックしてみたら、不意にやっていることが多いので、そのときにまとめ買いしていた。定期的にサイトをチェックして、セールを見計らって買えば安く済む。

通販ショップの駿河屋公式サイト

だけどそんなことをしなくても無料にする方法がある。

銀行振込

銀行振込で支払うのが一番おすすめな方法だ。

銀行振込は、

・楽天銀行
・ゆうちょ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行

に対応している。

僕はゆうちょ銀行の口座を持っているので、駿河屋のゆうちょ銀行の口座に振り込めば、手数料ゼロになる。ゆうちょからゆうちょに振り込むと、手数料がかからない。なので、クレジットカードを持つ前はこっちでやっていた。これが、クレジットカードを使わずに手数料を抑える最安の方法だ。

ゆうちょ銀行公式サイトから引用

ただ、時間かかる。はじめてやったときは他人の手帳に振り込むなんて経験がなかったからかなり時間がかかった。手間がかかるのがちょっと難点です。

一番のおすすめは?

一番ラクなのはクレジットカード。ただ、はじめての方はちょっと不安だと思うので、安心な代金引換とかでもいいと思います。個人的におすすめなのはちょっと手間かかりますが常に無料な銀行振込です。手数料を安く、というか無料にしたい方はもうこの3つの方法から選べばいいと思います。

その他の方法に関してもまとめますけど、いちいち手数料かかるから手段にいれていなかったものが多く、支払い方がよくわかっていないものもあるんですが、調べつつまとめていこうと思います。

その他の支払い方

Paypal

PayPalも手数料無料。PayPalはカードや銀行口座を登録すればIDとパスワードだけでオンラインショッピングが可能になるサービス。基本的にメリットはクレジット払い・銀行振込と変わりません。これでクレジット払い・銀行口座振り込みをするという方法もいいかもしれません。ただ僕はそんなにメリットを見出だせていないので使ったことがない。

ペイジー

ペイジーとは、税金や公共料金・各種料金などの支払いを金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービス。

家でも支払うことができるし、ATMからも支払える方法。手数料165円なのでまあまあ安いけど、銀行振込すれば手数料かからないので、僕は使ったことがない。家からでも支払えるんで楽かもしれないですね。クレジット・銀行口座とか持ってない学生とかにいいかも。

現金書留

現金書留で一度買おうと思ったことがあるけど、代金引換の手数料500円とそんなに変わらないくらいお金がかかる。簡易書留でもいいのかな?って思うんですが現金書留って書いてるんで現金書留で送ったほうがベターだと思います。

郵便局公式サイトから引用

手間がかかるしお金もかかるんでやったことありません。

まとめ

駿河屋の支払い方で個人的におすすめなのは、

・クレジットカード
・代金引換(手数料無料キャンペーン時に購入)
・銀行振込

です。ただ、クレジットカード・銀行口座を持っていない方はちょっと手数料かかるけどペイジーとかでもいいかもしれません。手数料無料キャンペーンを待ってるうちに欲しい商品が売り切れるということもあると思うので、欲しい商品で売り切れそうなものがあればはやめに購入しましょう。

 

 

おすすめの記事