U-NEXTは高い?ポイントの使い道がない?料金を徹底的に比較してみた!

U-NEXTは高い?ポイントの使い道がない?料金を徹底的に比較してみた!

U-NEXTと他の動画配信サービスの値段を比較してみた。

スポンサーリンク

僕はU-NEXTにずっと入っている。

3月頃に一時Netflixも体験したので、その時は一時月額会員を退会したけど、Netflixを退会してからはU-NEXTに入っている。これからもNetflixのオリジナルコンテンツを見ようと思う月以外はU-NEXTに入り続ける予定だ。なぜ入っているのかというのは後述するけど、映画好きにとって、見放題で見れるコンテンツがものすごく充実しているからだ。

だがこのU-NEXT。以前も記事にしたけどネット上での評判がかなり悪い。そもそも僕も、入る前まではそこまで期待していなかった。高い割に評判通り見れるコンテンツが少ないサービスだと思っていて、なにより映画館の勧誘でいいイメージを持っていなかった。だけど入ってみたらあらびっくり。見れるコンテンツがめちゃくちゃ多い。結構高いけどコストパフォーマンスはかなり高い動画配信サービスだった。

今回は、U-NEXTの悪い口コミとして一番言われがちな、「料金の高さ」について考えてみる。

U-NEXTとは

まずそもそもU-NEXTとはなんなのか。公式サイトを参照して、U-NEXTのサービス紹介をしてみます。

  • 見放題作品 80,000 本、レンタル作品 50,000 本を配信している動画配信サービスで、月額は1990円。
  • 毎月1200ポイントがついてきて、最新作のレンタルや書籍・コミックの購入、映画チケットの割引などに使うことができる。
  • 4アカウントまで作れるため、4人家族の場合実質500円で使うことができる。
  • スマホやタブレットだけでなく、テレビで見ることもできる。

こういったサービスです。

無料体験も行っており、 1,990円のところを31日間無料 、かつ600 円分の U-NEXT ポイントのプレゼントつきで体験することができる

U-NEXT公式ページを見る

U-NEXTは使えないサービスなのか

U-NEXTはネット上での評判がかなり悪い。そもそも僕も、入る前まではそこまで期待していなかった。評判通り見れるコンテンツが少ないサービスだと思っていて、なにより映画館の勧誘でいいイメージを持っていなかった。だけど入ってみたらあらびっくり。見れるコンテンツがめちゃくちゃ多い。結構高いけどコストパフォーマンスはかなり高い動画配信サービスだった。さっさと映画館での勧誘をやめてください。

U-NEXTの評判を検証

U-NEXTに文句言っている人のほとんどが、システムをよくわかっていなかったり、新作映画が無料で見れると思っている人ばっかりだった。ネット上にはこういった口コミが多い。

新作は見れないが、映画にそれなりに詳しい人ならコンテンツの量にびっくりするはず。コストパフォーマンスは非常に高い。TSUTAYAの名作コーナーに置いているような作品は他の動画配信サービスに比べてカバー率が高いし、他の動画配信サービスやレンタルショップを回っても見つけることが難しい作品も多い。

ベルリン・アレクサンダー広場(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)
立ち去った女(ラヴ・ディアス)
クーリンチェ少年殺人事件(エドワード・ヤン)
ビッグ・シティ&チャルラータ(サタジット・レイ)
家族の肖像(ルキノ・ヴィスコンティ)

日活ロマンポルノもろもろ

なども見放題で見れる。一本借りようとしたら500円とかかかってもおかしくないこういった作品が2000円払えば見放題になる。

これだけ見放題で見れて、見放題で見れないとかいう文句を言われ続けているのは、もはやかわいそうになってくる。名作映画がいろいろ見放題で見れて、レア物も見れる。値段以上の価値がある動画配信サービスだ。

料金はNetflixのプレミアムプランよりも高い1990円+税。なので結構高い。この1990円+税という料金。果たして妥当なのか、他の動画配信サービスと比較して考えてみる。

U-NEXTの料金は妥当なのか

賛否が分かれているが映画好きにとって満足度の非常に高いU-NEXT。U-NEXTユーザーでもデメリットとして挙げがちなのが「値段」に関することだ。月1990円+税。他の動画配信サービスに比べれば高い。

例えば、Amazonプライム・ビデオが見れるAmazonプライムは月500円。年会員だと5000円だ。なので、U-NEXT3ヶ月分よりもAmazonプライム・ビデオに1年入るほうが安いことになる。

他に人気のサービスにNetflixがある。Netflixに関しては通販でいうAmazon的なポジションになりつつあるサービスなので、多くの人が入っているだろうけど、動画配信サービスにしては少々割高だが月額800円。4Kで見れたり友達や家族とシェアもしやすいプレミアム会員でも1800円。U-NEXTほど高くないのだ。
メジャーな動画配信サービスの料金をまとめてみると、

Amazonプライム・ビデオ 月500円/年5000円
Netflix 月800円
Hulu 月933円
ディズニーデラックス 月700円
dTV 月500円
DMM 月500円

となる。ほとんどが1000円以下で入れる。だがU-NEXTは2000円以上も支払わなければならないのだ。

関連記事・レビュー

Amazonプライム・ビデオ
Netflix
ディズニーデラックス
dTV
DMM

ここまで高い動画配信サービスは僕の知る限りない。加えてそこまで評判がよくないとは、絶望的に使えないサービスなのではないかと思っていた。
だがこのU-NEXT、毎月無料でいろいろなことに使えるポイントを1200円分もらえる。

この1200ポイントで、見放題ではないコンテンツのレンタルに使えたり、映画の券を買えたりする。なので実質800円くらいだ。だから僕はかなりコスパが高いと思っていて、今も入っている。

800円というと、Netflixのスタンダード会員と同じくらい。それでも少々割高っちゃ割高だが、先程挙げたような作品が見放題で見れるのなら値段相応、むしろコスパがいいと感じる。『ベルリン・アレクサンダー広場』なんてレンタルとかで見れないから2万円するブルーレイボックス買って見ようかどうか悩んでいたような作品だ。こういった作品も見放題で見れる。ものすごくコスパがいい。

続いてこのU-NEXTポイントについてざっくりと説明します。

U-NEXTポイントとは・特徴&使い方

U-NEXTポイントとは

U-NEXTポイントは、U-NEXTの月額料金に含まれるポイントで、毎月の更新時にもらえる。

動画コンテンツのレンタルや、NHKオンデマンドなどのオプションサービス、電子書籍やマンガコミックスの購入、映画館での利用などに使える。

U-NEXTポイントはすべてのデバイスで利用可能。無料登録時と、有料会員の継続更新ごとにポイントがもらえる。

無料登録時は600ポイントで、毎月更新時は1200ポイントもらうことができる。

つまり無料体験後、もう1ヶ月入れば2000円で1800円分のU-NEXTポイントをもらうことができる。
なので、動画見放題が200円くらいで使えるということになる。

無料体験だけで終わらせるのではなく、2ヶ月入るのがおすすめ。無料体験だけでもいいけど、コスパがいいのは2ヶ月入会だと思う。

体験し終えて再度入会した際は、最初の月にもらえるポイントが600ではなくて1000ポイントになる。そして翌月からは1200ポイントという感じ。一時有料会員を退会して再度入り直すよりも、ずっと入っておいたほうが200ポイントもらえるのでお得だ。

U-NEXTポイントの大きな特徴

U-NEXTポイントの大きな特徴は毎月もらえる分、期限があるということ。毎月付与されるポイントは使わずに放っておくと、自然消滅する。なので、期限を逐一確認する必要がある。期限までに使い切れるように、計画的に購入しなければならない。

期限は基本的に90日。ただ、例外的にネットで追加購入した分は期限が180日になる。

だがこのU-NEXTポイント、iPhoneユーザーの場合、アプリを立ち上げてもU-NEXTポイントがどれだけ貯まっているのかわからない。代わりにこのアプリで、Uコインとして表示される。

このUコイン、なかなかの困ったちゃんで説明がめんどくさい。なので詳しく知りたい方は前の記事を参考にしてほしい。簡単に言うとUコインは期限がない分ちょっと割高なバージョンである。iPhone&iPadユーザーだけが使える永久不滅ポイントみたいな感じ。永久不滅な分ちょっと割高。なのでU-NEXTポイントとは全くの別物。毎月付与されるようなものではない。

U-NEXTポイントとUコインの違いを解説

なぜUコインを発明したのかほんとに意味不明。だけど、iPhoneのアプリからはU-NEXTポイントが表示されず、Uコインしか表示されないのだ。

U-NEXTポイントの購入方法と有効期限

毎月もらえるU-NEXTポイントがあれば、U-NEXT内の有料コンテンツを購入・レンタルすることができる。仮に、月にもらえるU-NEXTポイントを使い切ってしまった場合で、みたい有料コンテンツがあった場合は購入する必要がある。購入方法に、サイトから直に購入するのと、プリペイドカード購入がある。

サイトから直に購入したい場合は、「ポイントチャージ」の画面をブラウザで開く。すると1000ポイントから購入することが可能。この場合の有効期限は180日になる。

対してプリペイドカード購入。U-NEXTポイントはコンビニでも購入することが可能だ。全国のコンビニやドン・キホーテ、ドラッグストアなどに置いている。カードを購入したら裏面のスクラッチ部分を削ったら出てくるギフトコードを入力して、チャージする。

プリペイドで購入したポイントの有効期限は90日らしい。どうやら毎月付与の分が短いってだけじゃなくてプリペイドカードも同じくらい短いらしい。違いがあってめんどくさいですが、ネットで購入した場合だけ例外的に期限が180日になると覚えましょう。

U-NEXTポイントの残高確認方法

U-NEXTポイントは基本的にブラウザで確認すれば見れる。パソコンでもAndroidやiPhoneといったスマートフォンでも、確認することができる。加えて、Androidのアプリでも確認できる。だが、先程も書いたようにiPhoneのアプリでは確認することができない。なので、iPhoneユーザーは逐一、SafariやChromeなどといったブラウザを立ち上げて、ログインして確認しなければならない。

正直意味不明だがこういった仕様なのでしょうがない。iPhoneユーザーはちょっと使いづらいと覚えておきましょう。

U-NEXTポイントの使い道はないのか

続いてU-NEXTポイントを有効活用する方法について。

毎月1200円分のポイントを使えたところで、使い道がなければ意味がない。果たして、無駄遣いせず、自分の満足行くような使い道でポイントを消費することができるだろうか。

僕も昔は無駄遣いしていた。映画の新作のレンタルは500ポイントくらい消耗する。なので、「なんで見放題で見れる作品がこれだけ充実しているのに、わざわざ高いお金出して新作見なきゃいけないんだよ。」とずっと思ってました。

この記事を読んだ人も、有効期限内にポイントを使い切るために見たくもないコンテンツをレンタルするということが起こるのではないか、と思っている人もいると思う。

正直言って、映像コンテンツをレンタルするのは、おすすめできません。

僕も最初は使い道がよくわからず無駄遣いしていましたが、最近は普通にポイント有効活用しているので全く不満には思ってません。映画館で使えば有効活用できる。映画館で1200円分、使うことができるのだ。

おすすめの使い方1・映画館

月に1200ポイントだけしかもらえないから、1900円払えないじゃんって思うだろうけど、結構このポイント融通がきく。差額支払いが可能だし、サービスデーのときとか、IMAXなどの追加料金などに使うことができるのだ。なので、普通の日に行っても、ポイントをすべて消化して、700円で見れるのだ。

僕は基本ユナイテッド・シネマの会員デーで見ることが多いので1100円で済む。会員デーに見に行けば月のポイント丸々使っても100ポイント余るような感じになる。

また、僕は博多にあるドルビーシネマでも見ることが多いので、その追加料金に使ったりする。ドルビーシネマの追加料金は500円とか900円なので、月に1回以上ドルビーシネマで見ることができる。

ドルビーシネマレビュー

それを考えたらかなりお得だと思います。動画コンテンツが充実していて、実質800円くらいですからね。ポイントの使い道ないってずっと思ってましたけど映画館で使うようになってからは全く悩んでいないです。僕みたいに週に2回以上劇場に行かない人でも、映画館にたまに行くくらいの人でも使いこなせると思います。

おすすめの使い方2・NHKオンデマンドを見る

NHKオンデマンドを見るという手もある。僕はまだやったことないんでわかりませんが、調べてみた感じ、これめっちゃお得やんって思いました。NHKオンデマンドに入れば、NHKのコンテンツがいろいろと見れるようです。U-NEXTでは、ポイントを使ってNHKオンデマンドに入ることも可能だ。

NHKが制作したドキュメンタリーなどの作品はもちろん、大河ドラマや朝ドラが見放題になる。2種類あって、「NHK見逃し見放題パック」「NHK特選見放題パック」がそれぞれ972円なので、毎月のポイントで1パック無料で見れるわけだ。

「NHK特選見放題パック」はベーシックな動画配信サービスと同じような、旧作に強みを持つサービス。「NHK見逃し見放題パック」は放送2週間以内の新作を見れるけど、「NHK特選見放題パック」に比べてコンテンツが少ない。

2019年の今現在で例えると、「NHK見逃し見放題パック」は『なつぞら』や『いだてん』が見たい人向け。「NHK特選見放題パック」は『あまちゃん』とか『龍馬伝』が見たい人向けって感じ。

まあ僕が入るなら「NHK特選見放題パック」でしょうね。いつか入会して大河と朝ドラ見まくるかもしれません。

見れるコンテンツは妥当?

話がちょっとダブるけど、見れるコンテンツについて考えてみる。実質800円といえど、他の動画配信サービスに比べて割高なのは変わらない。Netflixとほぼ同じで、Amazonプライム・ビデオやディズニー・デラックスよりは高い。見れるコンテンツから、果たしてこのサービスに800円払う価値はあるのか、同じ値段のNetflixと比較して考えてみた。

Netflixと比較する

Netflixの特徴

Netflixは800円で見ることができる動画配信サービスで、もはやみんな入っている動画配信サービス。Netflixの強みはオリジナルコンテンツの豊富さ。

Netflixのオリジナルコンテンツの質は非常に高くて、2019年のアカデミー賞で最も注目されたことは「Netflix製作の映画が作品賞を獲れるか否か」だった。このアカデミー作品賞最有力候補『ROMA/ローマ』は、結局受賞はできなかったものの、最多部門ノミネートされ、非常に高い評価を受けた。

2019年1〜6月見た42本の新作映画レビュー

この作品は『ゼロ・グラビティ』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などで知られるアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。映画好きが2018年公開作で最も注目する作品の一つだった。実際僕は『ROMA/ローマ』を見るためにお試し入会した。そういう映画好きは多いと思う。

僕は他にも『イカロス』『13th -憲法修正第13条-』『最後の追跡』『オクジャ』などといった賞レースを賑わせるようなコンテンツを見た。これらの作品は批評家から絶賛された作品だ。

アカデミー賞などで話題になった作品も多く、映画好きとして明らかに見といたほうがよさげな作品が頻繁に配信されているのだ。

この他にも『アナイアレイション』『7月22日』といった見れなかった作品もそうだし、今後作られる作品でも、ハリウッドを代表する巨匠の一人、マーティン・スコセッシ監督がよくタッグを組むロバート・デ・ニーロを迎えて作る最新作、『アイリッシュマン』などといった、すでに話題になっている作品もある。映画好きも要チェックなコンテンツがNetflixに入ると月1000円程度で見放題になるのだ。

加えてNetflixでは、オリジナルでないコンテンツも、独占配信している場合がある。

先程書いたとおりU-NEXTも強いしFODもこの手のレア物に強い。だけどNetflixでは、Netflixでしか配信されていないものも多い。

僕が前回のお試しで見たのは『生きのびるために』(the Breadwinner)。アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされていた作品だ。この作品はDVDにもなっていないが、Netflixで独占配信されている。その他の類似の動画配信サービスには、こういったコンテンツはあまりない。こういったコンテンツを見れるか否か。それだけでNetflixに入る価値がある。

Netflixの強み・U-NEXTの強み

Netflixと違い、U-NEXTはオリジナルコンテンツが少ない。

最近はNetflixだけでなく、HuluもAmazonプライム・ビデオもオリジナルコンテンツを頑張っている印象。それに比べてU-NEXTはオリジナルコンテンツが少ない。

だけど最近は増えてきている。2019年6月には『全員死刑』などで知られる小林勇貴監督が総監督を務める独占配信ドラマ、『すじぼり』が配信され映画好きの間で話題になったりしている。なので、こういったオリジナルコンテンツはこれから増えると思います。とはいってもNetflixなどに比べれば少ない。Netflixに関しては評判のいいオリジナルコンテンツだけでも見きれない量あるが、U-NEXTに関してはそういうわけでもない。

ただ、僕としてはU-NEXTはオリジナルコンテンツを見るための場所じゃないと思います。オリジナルコンテンツを見たいのならNetflixやHuluがおすすめ。

Netflixのオリジナルコンテンツの長編映画やドラマ、ドキュメンタリーなどはもはや世界の共通言語と化している。

だけど、U-NEXTの見放題で見れる作品は、既に世界の共通言語と化している、TSUTAYAの名作コーナーによく並んでいるような作品が非常に多い。中には、映画好きの間では有名だけどレンタルなどで借りてみることができない作品や、DVDを買おうとすると2万円くらいしそうな作品とかも、見放題で見れる。この違いだ。

総合的に考えると

Netflixは世界共通言語と化したオリジナルコンテンツを見るために入るものですが、

U-NEXTは世界共通言語と既に化している名作映画を見るために使うべき。

 

Netflixもおすすめですが、U-NEXTは映画ガチ勢ならば絶対満足できるサービスです。

ちょっと高いけど、それ相応のコンテンツは揃っているといった感じです。

お試しもあるのでまずは無料体験してみることをおすすめします。

 

U-NEXTの評判が悪い理由を考えてみた

公開日: 公開日: 公開日: