映画視聴方法としてのDMM見放題サービス

映画視聴方法としてのDMM見放題サービス

本サイト初の動画配信サービスレビューは、dTVでもAmazonプライムでもネトフリでもなく、あの会社がやってるサービスについて。

スポンサーリンク

この会社といえば、あのイメージが強すぎる。

アドセンスの規約にひっかかったらいけないのではっきりとは書けないが、ああいう系のビデオの業界最大手だ。最近サイト名を変えたらしいが、リンク先ではその他♡と表記されているああいう動画である。

そしてDMMがやってる動画配信サービス、動画見放題chは、言わずもがなあの手のビデオに力を入れている。

DMM見放題サービス、意外と使える説

月額540円、2週間お試し無料。

スタンダードな動画配信サービスに比べ、値段面ではあんまり変わらない。お試し期間はちょっと短め。

コンテンツの量は他に比べてかなり劣る。その他♡以外。その他♡に関しては言わずもがな凄まじい。これはそういったサービスなのだ。その他♡こそがメインで、普通だとメインであるドラマや映画のほうがむしろその他枠なのだ。

もしどんなコンテンツが見れるのか気になる方は公式サイトに行けば見れるんで行ってみてください。dTVやネトフリと違って加入してなくても見れるコンテンツが探しやすいので、そういった面でものすごく便利です。

DMM見放題Ch.ライト

だがここの映画、取り扱っている数があまりにも少ない。その他♡がメインだとしてもだ。

dTVとかとは比べ物になんない。あそこの映画の量は最強。Amazonプライムもなかなか。いずれ記事にもする予定だが二つともかなり使えるサービスだ。僕はまだ入ったことがないが、ネトフリもそんな感じだろう。みんな入ってるし。

でもここはほんのちょびっとしかない。50本くらいしか入ってないんじゃないか。

だがその反面、僕みたいなやつにとって意外に使えるのではと思った。

DMMの映画は意外と見れる?

このサービス、名作を勉強したい人たちにはおすすめです。なんでなのか。

名作ばっかりだからだ。そんままだな。

ほとんどが映画史に残る名作な上、配信停止とかがないため、見たいと思ったときに見れるからだ。

消えないんです。映画が。見た感じ。

dTVとかAmazonプライムの場合、結構配信が終わったりするんですよね。

例えば、ある映画が見たいと思った時、ちょうど配信されていなかったりする。昔は配信されていて途中まで見てたのに見れない…みたいなことがあったりします。

でも、DMMだとそんなことがほとんどないんですよね。加えて映画史に残る傑作ばかりだ。

だから名作を勉強したい人にはもってこいだったりする。

名作配信されてるときのdTVの量、凄まじいんだけどね。

DMMで見れるラインナップはこんな感じです。

量少ないんで、僕がなんとなく選んでみます。僕がGEOとかでレンタルしそうな映画と、僕が既に見てる映画史に残る名作、選びました。

DMMで見れる見るべき映画・独断と偏見のラインナップ

或る夜の出来事 ○

ローマの休日 ○

真昼の決闘

わが谷は緑なりき

イヴの総て

リオ・グランデの砦

シャレード

シェーン ○

汚名

第十七捕虜収容所 ○

黒水仙

赤い靴 ○

市民ケーン

モロッコ

我等の生涯の最良の年

グランド・ホテル

黄色いリボン

荒野の決闘

駅馬車 ○

雨に唄えば

地上より永遠に

つばさ

レベッカ

疑惑の影

オール・ザ・キングスメン

ハムレット

山河遥かなり

巨星ジーグフェルト

失われた週末

我が道を行く

我が家の楽園

紳士協定

地上最大のショウ

硫黄島の砂

ゾラの生涯

欲望という名の電車

若草物語

心の旅路

戦艦バウンティ号の叛乱

アラバマ物語

別離

サンセット大通り

 

こんな感じです。数えてないですけど、全部で50〜60くらいじゃないですか。

他にもまだあるけど、僕がいずれ絶対見ようと思ってるのはこんな感じ。でも全体的に考えてもそんくらいしかありません。いれてないやつもこんな感じのラインナップです。

スポンサーリンク

そう考えるとどう考えてもdTVのほうがいいけど、この映画が消える心配がない。

これらの映画をレンタルで借りに行こうと思ってる方は、1ヶ月で6本以上見れば元取れます。GEOとか言った時に名作借りることの多い僕みたいな人にとって、かなりお得になります。

なんで、こういった映画を見るために僕は契約しました。その他♡の動画を見るためではありません。

最近公開されたポール・トーマス・アンダーソン監督の「ファントム・スレッド」はアルフレッド・ヒッチコック監督の「レベッカ」にものすごく影響を受けている。そのため「ファントム・スレッド」を見る前に、「レベッカ」を見ておいたほうがいい。

この「レベッカ」も先程あげたとおりDMM動画見放題サービスで配信されているため、レンタルショップに行かずに見ることができた。そういったことが結構ある。dTVだけ加入してたときは配信終わっとるやんけ!ってなることとか多かったんだけど、このサービスに入ればそういうことが少なくなります。

映画を勉強する上で重要な作品が多いので、1ヶ月で一気にこういった映画見たら、かなり詳しくなると思います。普通の人にとってなんのこっちゃでしょうけどね。

「えー白黒映画かよー」とか言ってる人には絶対に耐えられませんね。諦めてその他♡の動画でも見ててください。

でも、だいたいこの映画、TVで放送されるやつが多いです。つまり、いつか無料で見れそうなやつばっかりなんですよ。

さっきのラインナップで○つけてたやつは、去年から今年にかけてBSで放送されたりスカパーやWOWOWなどの有料チャンネルで無料放送されたやつです。

なんでそういった作品群なんですよね。だから、5年以内にTVで見れる可能性が極めて高い作品ばかりです。

「雨に唄えば」「サンセット大通り」とか、絶対にいつかBSで放送しますよね。あと、図書館とかにも置いてたりしますね。

なんで、そういったことも踏まえて契約したほうがいいんじゃないかと思います。

でも、短期決戦で映画に詳しくなりたい方とかには、ものすごくいいサービスなのかもしれません。

あとイリーガルな方法でその他♡の動画を見てるひとですね。月々540円でパソコンがウイルスに侵される恐怖と罪悪感から解放されるんでね、いいんじゃないですか。参考にしてみてください。2000本見放題なので、映画と比べるとめちゃくちゃ見れます。

 

DMMの見放題はテレビでも見れる

DMMの見放題サービスはアプリをダウンロードすればスマホでもタブレットでも見れる。パソコンでもログインすれば見れるし、対応デバイスを買えばテレビで見ることもできる。

テレビで見たいという人には、対応デバイスを買うのがおすすめだ。

ChromecastAmazon Fire TV Stickを買えばテレビでも見れる。どちらでも見れるが、個人的に調べた感じ、Fire TV Stickのほうがおすすめだ。

僕は4年くらいChromecastを使い続けるChromecastユーザーだけど、ChromecastだとAmazonプライム・ビデオをテレビで見れない。YouTubeもU-NEXTもdTVもテレビで見れて便利だけど、そこが難点。また、最近始まったディズニーデラックスにも対応していないようだ。

なので、まだこういった類のデバイスを持っていない人には、Amazon Fire TV Stickをおすすめしている。僕も買おうか考えている。

加えて、AmazonをChromecastで検索すると、パチもんが多い。ここまでひどいのは久しぶりに見た。

Amazonではなく個人や悪質な業者が売っているのだろう。AmazonでChromecastは買わないほうがいい。最新型の第3世代も見つからなかった。

なので、いつもならAmazonのリンクを載せるところですが、Chromecastを紹介する際は楽天のストアのものにしました。もしChromecastが気になるのなら、Amazonで検索せずに、楽天とかで買うのがおすすめです。先程の青字をクリックすれば楽天のChromecastショップに飛びます。

 

Amazonとしては、Amazon Fire TV Stickを買ってくださいということでしょう。

アマゾンプライムは絶対に入ったほうがいいサービスなのでおすすめという記事も書いたことがあるけど、映像コンテンツをお得に楽しむなら絶対に入ったほうがいい。

Amazonプライム・ビデオが見れるAmazonプライム会員のメリットまとめ

このAmazonプライム・ビデオをテレビで見ることができ、Chromecastより安いのが、Amazon Fire TV Stickだ。

Amazon Fire TV Stick

DMMの見放題にも対応しているので、どう考えてもChromecastよりもおすすめだ。

Amazon Fire TV StickがChromecastより劣っている点で今のところ分かっているのは、dTVチャンネルがテレビで見れない。くらいだ。

調べてみた感じ、それ以外はすべてChromecastに勝っている。

DMMの見放題より良いサービスはある?

続いてDMMの見放題サービスよりも便利なサービスはあるのかどうかについて。僕はDMM見放題に加えて、dTV、Amazonプライム・ビデオに現在加入していて、U-NEXTとNetflixに一時入会していたけど、どのサービスもいいところ、悪いところがある。総合的に便利だけど、dTVはAmazonプライム・ビデオに比べてここが不便だなあと思うようなところもあるし、逆もある。

ラインナップが評判と真逆のU-NEXT

個人的に一番オススメなのはU-NEXT

映画がかなり見れる上、DMMに似ていて、ああいう系の動画もかなり見放題で見れる。

ネット上ではものすごく評判が悪いけど、ものすごくラインナップが充実している。

U-NEXTの評判を検証

詐欺・悪質だと思われている理由はだいたいわかっているのでいつか記事にしようと思うけど、基本的に情弱が文句言ってるだけだ。

これだけ見放題で見れて、見放題で見れないとかいう文句を言われ続けているのは、もはやかわいそうになってくる。名作映画がめちゃくちゃ見放題で見れて、レア物も見れる、名作を見れる。値段以上の価値がある動画配信サービスだ。

料金はNetflixのプレミアムプランよりも高い1990円+税。なので結構高い。だが、1200ポイントついてくる。それで見放題ではないコンテンツのレンタルに使えたり、映画の券を買えたりするので実質800円くらいだ。

だけどこのポイント、案外使いづらい。そこがデメリットかな。効率的な使い方は映画の券を買うとかですかね。あと最新作のレンタルに使うという手もある。300円とか400円とかするけど、レンタルDVDショップにわざわざ行って借りるよりも楽。時間を節約できる。

一番使いやすいのはレンタルで、セールになってるああいう系の動画を借りるってやつでしょうね。

普段合法的に見てない人にはいいんじゃないですかね。違法サイトよりどう考えても高画質ですし。

U-NEXT

あとU-NEXTのほうがいい点としてひとつに

モロじゃない。

というものがある。DMMの見放題に入ってると家族にバレたら問題になるかもしれないけど、U-NEXTの場合、ああいう系のビデオを観る目的で入ったとしても、そういう意図で入ったと思われない。

加えてコンテンツがめちゃくちゃ充実している。

なので、家族にバレたくない人には、U-NEXTのほうが使い勝手がいいと思います。

Amazonプライム・ビデオ&Amazonプライム

テレビでDMMの動画を観るのところでも触れた、Amazonプライム・ビデオ、というかアマゾンプライムには絶対に入っておいたほうがいい。このことは以前の記事を参考にしてほしいけど、

ざっくりいうと、

「1日13〜14円支払えば、非常に文化的で、充実した生活を送ることができる」サービスです。

アマゾン・プライムに入会すると、Amazonプライム・ビデオが見放題になる。

加えて、

プライム・リーディングで本がタダで読める
Kindleオーナーライブラリーの1冊をタダで読める
プライム・ミュージックで音楽聴き放題
プライム・ラジオ聴き放題
送料無料
お急ぎ便・日時指定便無料
Kindleが4000円引きに
プライム・フォトで写真が保存できる
プライムデーの参加権をゲットできる
アマゾンパントリーで日用品をまとめ買いできる
プライムNOWが使える
アマゾンフレッシュで生鮮食品が買える
プライムワードローブで試着ができる

といった特典がついてくる。(僕が特に便利だと思ったものは赤線を引いている)

まず、プライムミュージックで配信されている楽曲が、聴き放題。入ってみればわかるけど、案外聞ける。

ただこのサービス、曲が入れ替わって以前聞けた曲が聞けなくなったりすることもしばしばある。

昔はクイーンの『オペラ座の夜』というアルバムが入っていて、その中に入っているBohemian Rhapsodyなどといった楽曲を聞きまくっていたのに、もう今は聞けなくなったりとか。そういったこともある。

代わりにSomebody to Loveが聞けたりしたけど、そのかわりによく聞いてた曲が消滅することがよくあります。

『ボヘミアン・ラプソディ』レビュー

だが、Amazon Music Unlimitedに入ればそういった不満は解消する。

Amazon Music Unlimitedについては以前まとめたことがあるのでそちらを参考にしてほしい。

Amazon Music Unlimitedレビュー

音楽配信サービスに入ると、楽曲数が桁違いになって、聞きたい曲がほとんどある状態になる。

Amazon Music Unlimited

プライム会員であればAmazon Music Unlimitedの料金が、この手の音楽配信サービスの最安値、月780円になるというメリットもある。Apple MusicやSpotifyプレミアムよりも安くなるのだ。

加えて、本も読み放題。Kindleのアプリを使っていろいろな本が読める。このサービスも案外ラインナップが充実している。

▷ ラインナップ一覧

そして、送料無料が無料になる。

加えて日時指定&お急ぎ便も無料。会員じゃないと一定の金額買わないと送料がかかってくるし、お急ぎ便もお金がかかってくる。それがタダで何度も使える。

と、いうのがアマゾン・プライムだ。これにその他の特典がついて、一番のメリットであるAmazonプライム・ビデオが見れて1日14円程度。時給800円としても1日1分くらい働けばこれだけの恩恵を受けることができる。

最近ちょっと値上げして、11円が14円くらいになったけど、絶対に入るべき。そしてAmazonプライムの値上げでお得度が増したのがこのAmazonゴールドカード年会費10800円を支払う代わりに

・Amazonプライムの会費が無料
・Amazonショッピングで2.5%のAmazonポイントを付与
・Amazon外のショッピングでも1%のAmazonポイントを付与
・全国主要空港のラウンジが使える

といった特典がついてくる。このカードの年会費は値上がりしていないので、以前に比べてこのカードのお得度が増したことに。

そして

・「マイ・ペイすリボ」(支払いが自動的にリボ払いになるシステム)に申し込むことで、年会費が半額(5400円)に
・「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで1080円引き(2年目以降)

といった割引サービスもある。リボ払いに関しては超注意しなければならないけど、使用金額の上限はかなりあげられるようなので、上限にいかないように設定すればリボ払いせずに済む。

これさえすれば6480円(2年目以降)の割引を受けれる。なので、実質4320円。プライム会員費より500円以上安くなってるのだ。

つまりプライム会員の特典+ラウンジ使えて通常より500円安いということになる。加えて見た感じポイントも貯まりやすそう。超お得。なので近々入るつもりです。無職だけど。

無職がゴールドカードに入会できるのかわからないけど手続きしてみようと思います笑

Amazonゴールドカード

Netflix

Netflixに関しては世界最大の動画配信サービスで、もはや通販でいうAmazonのようなポジションになっている。なので一度は入るべきサービスだ。

Netflixの強みは、オリジナルコンテンツが凄まじく充実していること。そして、そのコンテンツがテレビで言う月9などと同じような感じで、世間で話題になっている、なりつつある。このコンテンツを見まくれるというだけで、月1000円以上払う価値がある。

地方だとまだテレビのほうが強いかもしれないけど、これからNetflixに入ってないと見れないテラスハウスの軽井沢編に関してクラスや職場で話題になるということが多くなるはずだ。地方ではわからないけど、「けもなれ見た?」「おっさんずラブ見た?」と同じような感じで「テラハの最新話見た?」となっているところが圧倒的に多くなっているのだ。

番組だけでなく映画でもそうで、実際2019年のアカデミー賞で最も注目されたことは「Netflix製の映画が作品賞を獲れるか否か」だった。このアカデミー作品賞最有力候補『ROMA/ローマ』は結局受賞はできなかったものの、最多部門ノミネートされ、非常に高い評価を受けた。

2019年1月〜3月に見た映画まとめ

この作品は『ゼロ・グラビティ』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などで知られるアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。映画好きが2018年公開作で最も注目する作品の一つだった。実際僕は『ROMA/ローマ』を見るためにお試し入会した。そういう映画好きは多いと思う。

僕は他にも『イカロス』『13th -憲法修正第13条-』『最後の追跡』『オクジャ』などといった賞レースを賑わせるようなコンテンツを見た。これらの作品は批評家から絶賛された作品だ。

アカデミー賞などで話題になった作品も多く、映画好きとして明らかに見といたほうがよさげな作品が頻繁に配信されているのだ。

この他にも『アナイアレイション』『7月22日』といった見れなかった作品もそうだし、今後作られる作品でも、ハリウッドを代表する巨匠の一人、マーティン・スコセッシ監督がよくタッグを組むロバート・デ・ニーロを迎えて作る最新作、『アイリッシュマン』などといった、すでに話題になっている作品もある。映画好きも要チェックなコンテンツがNetflixに入ると月1000円程度で見放題になるのだ。

加えてNetflixでは、オリジナルでないコンテンツも、独占配信している場合がある。

U-NEXTFODなどといったその他の動画配信サービスも、非常にこの手のレア物が多い。だけどNetflixでは、Netflixでしか配信されていないものも多い。

僕が今回のお試しで見たのは『生きのびるために』(the Breadwinner)。アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされていた作品だ。この作品はDVDにもなっていないが、Netflixで独占配信されている。その他の類似の動画配信サービスには、こういったコンテンツはあまりない。

こういったコンテンツを見れるか否か。それだけでNetflixに入る価値がある。

詳しくはNetflixの評判の記事を参考にしてほしい。

Netflixの評判を検証

Netflix

dTV

ドコモがやってるdTVも、作品数がとにかく充実しています。なのに安い。500円の割にはめちゃくちゃ見れる。

Amazonプライム・ビデオよりも結構見れる。

超配信コンテンツが多いので、よほど見たいやつがない限りレンタルショップで借りたり他の動画配信とかで観る必要性がない。500円の割には、名作映画とかが見きれないくらい配信されている。

デメリットとしては、

ダウンロードしてもネットに一時的に繋がないと見れないので、Wi-FiモデルのiPadなど、通信契約をしていないデバイスを使っている人は、わざわざ一時デザリングしないとコンテンツが見れない。

というところ。まあでもそれ以外は概ね満足。普段「もう契約していないスマホやタブレット」とか「Wi-FiモデルのiPad」とかを使ってコンテンツを見ない人には、超オススメです。こういったデバイスを使っている人は、一時的にデザリングすれば見れます。

詳しくはこちらの記事に書いたので参考にしてください。

▷ dTVの評判を検証

あと、dTVチャンネルはAmazon Fire TV Stickに対応してませんが、dTVには対応しています。

dTVチャンネルとdTVは違います。dTVが今回紹介した動画配信サービスのほうで、Amazon Fire TV Stickが問題なく使えます。

dTVチャンネルにもし入会しているのなら、Chromecastのほうがいいかもしれません。

まとめ

DMMの見放題レビューでした。

DMMの見放題は結構使えますが、その他のサービスと比較して、使ってみてください。

公開日: 更新日: 公開日: 更新日: 公開日: 更新日: