【10選】Amazonプライム・ビデオ・チャンネルの映画チャンネルを解説|徹底比較

※当サイトにはプロモーションが含まれます。

Amazonプライム・ビデオ・チャンネルで見れる映画チャンネル解説。

スポンサーリンク

Amazonプライム・ビデオの拡張機能的なプライム・ビデオ・チャンネルに入れば、Amazonプライム・ビデオでは見れないようなコンテンツが見れるようになる。

今回の記事では、映画好きの僕が入っている・入会を検討している、映画に強みを持つプライム・ビデオ・チャンネルを紹介します。

この記事を書いている人の信頼性

この記事を書いている僕は、普通の人に比べて映画には詳しいです。

最近はコロナ禍の影響でそこまで行ってないですが、普段映画館で年間100本見るくらいの映画好きです。そのため、こういう動画配信サービス比較・レビュー記事を書いている人の中では、映画にかなり詳しい方です。

あと映画関連サービスのレビュー記事も、実際に体験してみて、映画好きの観点から、おすすめできるのかどうかを本サイトでいろいろ書いてます。

Disney+(ディズニープラス)レビュー
Amazonプライムレビュー

Netflixレビュー
ゲオ宅配レンタルレビュー(悪い評判を検証)

また、Amazonプライム・ビデオ(Amazonプライム)には5年以上入り続けているユーザーで、プライム・ビデオ・チャンネルには、スターチャンネルEX-DRAMA & CLASSICS-シネフィルWOWOW プラスに入ったことがあります。こんな感じで実際に入っている映画好きユーザーが書いたまとめ記事なので、参考にしてみてください。

Amazonプライム・ビデオ及びプライム・ビデオ・チャンネルとは

映画系プライム・ビデオ・チャンネルの紹介に移る前に、Amazonプライム及びAmazonプライム・ビデオについて解説します。

Amazonプライムに入らないと、プライム・ビデオ・チャンネルに入ることができないので、入会を検討している方はどんな感じのサービスなのかざっくりとでいいので理解しておきましょう。

Amazonプライムとは

料金:月600円/年契約は5980円

Amazonプライムとはなんなのかについてざっくりと書くと、「1日10数円支払えば、非常に文化的で、充実した生活を送ることができる」サービスです。

まず、

送料無料
お急ぎ便・日時指定便無料

という、Amazonユーザーならありがたい特典を受けることができます。

送料を無料にするために一緒に購入するものを考える手間が省けて、頼みたいものだけをすぐに購入できる。お急ぎ便が使えるので頼んだ翌日に届く。福岡の田舎に住んでいたとしても、すぐに注文した商品が届くし、日時指定便も無料になる。月600円or年5900円でこういう特典がついてくるというのがAmazonの有料会員、Amazonプライムです。

で、Amazonプライムには他にも、

  • Prime Video
  • Prime Videoチャンネル

  • Amazon Music Prime
  • Amazon Photos
  • Amazonフレッシュ
  • Prime Try Before You Buy
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Prime Reading
  • Amazon Music Unlimited
  • ベビー用おむつとおしりふきの15%OFF割引
  • Prime Gaming
  • 家族と一緒に使い放題
  • プライム限定価格
  • らくらくベビー

といった特典も、おまけとしてついてきます。正直言って僕もあまり把握出来ていないんですが(笑)、端的に言ってAmazonプライムビデオとプライム会員限定セールだけでも十分の価値があるような、そんなサービスです。

Amazonプライムはお家簡易図書館

Amazonプライムに入れば、どんな辺鄙なところに住んでいてもAmazonが出品する商品は無料で届けてくれるし、どんなに周りにTSUTAYAや映画館、図書館等がなかったとしても、本・映画・ドラマを最低限(にしてはかなり多いが)楽しめるという、月600円のお家簡易図書館です。

図書館に行けば、本を無料で借りることができて、昔の映画もできたりしますよね。あんな感じの特典が、月600円で家から一歩も出なくても楽しめるというのが、Amazonプライムです。

まず、本が読み放題。Kindleのアプリを使って、タブレットを持っていなくてもスマホから、いろいろな本が読める。このサービスも案外ラインナップが充実している。

この本読み放題サービス、プライム・リーディングは、Kindle Unlimited という強化版のサービス(名前通り音楽で言うAmazon Music Unlimited)もありますが、プライムリーディングだけでも十分読めます。普通に光文社古典新訳文庫とかも何冊か読めるので便利です。

▷ ラインナップ一覧

音楽や本が楽しめるという他にも、限定セールに参加できたりするといったような特典がありますが、その中でも一番すごいのが、Amazonプライム・ビデオです。

映画・ドラマ・アニメが楽しめるAmazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオでは、月600円のAmazon送料・お急ぎ便・日時指定便無料のおまけとしてついてくるとは思えないほどの、おびただしい量のコンテンツが見れるようになります。

NetflixやHulu、U-NEXTなどといった他の専門的な動画配信サービスよりは、若干少ないような気もしますが、おまけとは思えないほどコンテンツが充実していて、名作海外ドラマとかがめちゃくちゃ見れます。

職業柄、色々な動画配信サービスを体験する必要があるので僕はいろいろなサービスに入っていますが、ぶっちゃけ言うと、普通の人は最悪Amazonプライム・ビデオさえ入っていれば見るコンテンツに困らないと思います。それくらい見れるコンテンツは充実しています。

Amazonプライム・ビデオでは、U-NEXTとかでは高いレンタル代を支払わないと見れないような新作映画とか、DVDになっていない・レンタルで置いていないようなレアな映画とかも、見放題作品として配信されていることがあります。

また、別途レンタル代はかかってきますが、DVDとして発売されていなかったり、レンタルDVDショップに置いてなさそうな作品もレンタルで見れたりするので、かなり優秀な動画配信サービスです。

このAmazonプライム・ビデオが見れる上、本や音楽も楽しめて、Amazonの送料関係が無料になるという、お金がない人も絶対に入ったほうがいい(というかお金のない人は他を削って娯楽・書籍代等をこれ一本にするべき)サービスが、Amazonプライムです。

Prime Videoチャンネルとは

で、プライム・ビデオ・チャンネルとはなにかというと、このAmazonプライム・ビデオ内の有料チャンネルで、プライムビデオの内容を拡張できるというものです。

Amazonプライム・ビデオに入った人、つまりプライム会員が入れるチャンネルで、課金することによって、いろいろなチャンネルのコンテンツが見ることができ、プライムビデオよりもコンテンツ量がリッチになります。

例えば、メジャーなPrime VideoチャンネルにNHKオンデマンドがあります。

プライムビデオ(月600円or年5980円)に、月990円追加することによって、NHKのコンテンツが見放題になるというサービスで、例えば、

・最新の朝ドラや大河
・あまちゃん
・いだてん
・龍馬伝
・映像の世紀
・100分de名著

などといった大河とか朝ドラ、ドキュメンタリーが見放題になったりします。録画し忘れた場合だけでなく、昔の朝ドラが見たいと思ったときに使えばレンタルDVDを借りるよりも高画質で、お得に見ることができるのがNHKオンデマンドです。

まあでも、とりあえずはプライム・ビデオだけで十分なくらい、いろいろなコンテンツが見ることができます。Amazonを気軽に買い物できる+α、いろんなコンテンツが見れて月600円なので、一度は試してみるべきだと思います。

Amazonプライムをチェックする

 

今回の記事では、映画好きの僕がAmazonプライム・ビデオ・チャンネルのチャンネルの中で映画に特化したチャンネルを紹介します。

映画に強いAmazonプライム・ビデオ・チャンネル一覧

では本題。映画に強いAmazonプライム・ビデオのチャンネルを一つずつ解説していきます。表にすると、こんな感じになります。

チャンネル名 ジャンル 月額料金 無料期間
スターチャンネルEX-DRAMA & CLASSICS 洋画・海外ドラマ 990円 7日間
シネフィルWOWOW プラス 洋画・海外ドラマ 490円 14日間
プラス松竹 松竹映画・ドラマ 330円 14日間
東映オンデマンド 東映映画・ドラマ 499円 14日間
シネマコレクションby KADOKAWA 角川映画 396円 14日間
東宝名画座 東宝映画 499円 14日間
FODチャンネル フジテレビ制作の映画・ドラマ 976円 なし
パラマウント+ 洋画・海外ドラマ 770円 なし
日活+ 日活映画 390円 14日間
インディーズ フィルム by Rialto インディペンデント映画 490円 14日間

 

映画に強そうなものがこの10チャンネル。まだまだ映画に強いものはありますが、一旦見るからに見れそうなコンテンツが多そうなものだけまとめました。プラスGAGAとかも強いと思いますが。特筆すべき点が見つかれば追記しようと思います。

スターチャンネルEX-DRAMA & CLASSICS-

月額990円・無料期間7日間

名前通り、スターチャンネルがやっているチャンネル。スターチャンネルはスカパーに入ってチャンネルに入らないと見れないという、結構敷居の高い有料チャンネルだ。

プライム会員なら、チャンネルに入れば990円というリーズナブルな料金で、スターチャンネルで独占放送しているようなコンテンツが見放題で見れるようになる。

本家スターチャンネルで放送されるようなコンテンツがすべて見れるというわけでもないので注意が必要。ただ、独占放送のドラマや映画も結構見れます。中にはスターチャンネルで放送されたことのある、DVDになっていないような映画とかも普通に配信されていたりもします。スターチャンネルに入るとこういう作品が録画もできますが、ただ単に見たいという人ならば別にこれでいいと思う。

入ったときはこういうコンテンツを重点的に見ておくのがおすすめ。

スターチャンネルでは、意外と見放題の作品が価格に対してそこまで多くないですが、他の動画配信サービスでは見放題配信されていない作品ばかりなんで、こういうコンテンツを重点的に見ていくだけでももとはとれるでしょう。量より質を重視すべきサービスだと思う。

入ったらこれは見たい!おすすめコンテンツ

・スターチャンネル配給系
・激レア映画

シネフィルWOWOWプラス

月額490円・無料期間14日間

スターチャンネル同様、有料チャンネルがやっているチャンネルです。シネフィルWOWOWは現WOWOWプラスで、もともとはIMAGICABSというチャンネルだった。

もともと、アート映画や名作を放送しているチャンネルとして有名で、シネフィルWOWOWレーベルとして、フェデリコ・フェリーニの名作のDVDとかも発売されていたりする。それがWOWOWプラスという名前にチャンネル名を変えたのだが、このチャンネルではシネフィルWOWOWプラスという過去の名前が引き継がれているような感じになっている。かなり紛らわしい。

テレビ(有料放送チャンネルの名前)の場合:IMAGICA BS → シネフィルWOWOW → WOWOWプラス

というような感じになっているのだが、シネフィルWOWOWという名前のときに作られたこのAmazonプライム・ビデオチャンネルは、シネフィルWOWOWから名前を変えずに、シネフィルWOWOWプラスという名前のまま生き延びているという感じになる。

シネフィルという名前通り、シネフィル向けのラインナップが充実している。また、WOWOWと名前についている通り、WOWOWのコンテンツも配信されることがある。配信数は少ないが、連続ドラマWとかも、運がよければ見れるかもしれない。

入ったらこれは見たい!おすすめコンテンツ

・レア目な名作映画
・シネフィルWOWOWレーベルでDVDが発売されているような作品
・WOWOWオリジナルドラマ

プラス松竹

月額330円・無料期間14日間

これは名前通り、松竹のチャンネルです。

プラス松竹に入れば日本を代表するような映画シリーズだったり、世界に誇る小津安二郎の映画、山田洋次監督作品などが見れるようになる。

ただ、コンテンツ数が減ったような印象を受ける。前ほどあまり充実していない気がするのは気のせいだろうか。ここでしか見れないコンテンツが激減している印象が強い。ちゃんと見たい作品が配信されているかどうかを確認して入会したほうがいい。

入ったらこれを見たい!おすすめコンテンツ

 

東映オンデマンド

月額499円・無料期間14日間

東映オンデマンドはタランティーノとかが好きそうな作品が多い。

不良番長』シリーズや『殺人拳』シリーズ、『女囚701号さそり』みたいな、ボンクラが好きそうな映画を一挙配信してます。あと、鈴木則文監督のバカ映画とかもいろいろ配信されてます。

このチャンネルでは知られざる激レア映画も配信していて、未DVD化の森崎東監督最高傑作とも言われている作品、『喜劇特出しヒモ天国』とかも配信されています

そもそも東映は有料放送に力を入れていて、東映チャンネルではDVD化されていない作品も見れたりする。それと同じエネルギーをプライム・ビデオチャンネルに注いでいるような印象。

入ったらこれは見たい!おすすめコンテンツ

・鈴木則文監督作品
・ボンクラ映画

 

シネマコレクション by KADOKAWA

月額396円・無料期間14日間

まあこれは、名前通り角川映画のチャンネルです。

Amazonプライム・ビデオだけでも一部の角川映画は見れますが、シネマコレクション by KADOKAWAに入れば見れるコンテンツがめちゃくちゃ増えます。ほかのサービスでは配信されてなさそうなやつをメインに見るべきだと思います。

僕が仮に入ったとしたら多分『眠狂四郎』一気観すると思います。あと、市川崑監督の『穴』はかなり面白いので何か見るのに困ったらぜひ見てください。

入ったらこれは見たい!おすすめコンテンツ

・他のサービスでは見れなさそうな角川映画

東宝名画座

東宝名画座

月額390円・無料期間14日間

最近一番衝撃を受けたチャンネルがこれ。

東宝名画座は名前通り、東宝の名作を一堂に楽しむことができるチャンネルだ。

他のサブスクで見れる黒澤映画だけでなく、子連れ狼シリーズ、宮本武蔵シリーズ、駅前・社長シリーズ、クレージー映画など、ここでしか見れないような作品も揃っており、映画ファンにとっては見逃せない。

『子連れ狼』と『宮本武蔵』はサブスクで配信されているのを見たことがなかったので、クライテリオン版のブルーレイをいつか買おうと思っていたのだが、買う必要がなくなった。これだけでも見るためにいつか入らないとと思っている。

入ったらこれは見たい!おすすめコンテンツ

・『子連れ狼』『宮本武蔵』

FODチャンネル

月額976円・無料期間14日間

FODチャンネルは、フジテレビが制作した映画やドラマを豊富に楽しむことができるチャンネルだ。

他のサブスクで見れる話題作だけでなく、フジテレビの名作ドラマやバラエティなど、ここでしか見れないような作品も揃っており、テレビ好きにとっては見逃せない。

例えば、『古畑任三郎』シリーズや『101回目のプロポーズ』、『北の国から』などの名作ドラマが揃っている。また、『めちゃイケ』などのバラエティ番組の過去回も豊富に揃っており、懐かしいエピソードを再び楽しむことができるのも魅力だ。

あと、『ゴッホ 最期の手紙』のように、なぜかここだけで見放題配信されている映画もあったりする。なぜかはわからないが映画ファンにも見逃せないコンテンツが揃っている。

Paramountプラス

パラマウントプラスは、パラマウントのやっているチャンネル。というか、米国でパラマウントがやっている動画配信サービスの日本版だ。

『スター・トレック: ディスカバリー』『スター・トレック:ピカード』『メイヤー・オブ・キングスタウン』『タルサ・キング』『ツイン・ピークス』など、話題の海外ドラマが充実している。そもそも米国で普及しているパラマウントプラスという名前の動画配信サービスの日本版なので、コンテンツ数はかなり多い。

このパラマウントプラスはAmazonプライム・ビデオ・チャンネルで入会することもできるが、WOWOW経由での入会もできる、というか、WOWOWに入る特典としてついてくる。

WOWOWヘビーユーザーの僕としては、WOWOWに入ったほうがお得だと感じますが、入るつもりなくてパラマウントプラスのコンテンツをたくさん見たい人ならこちらを選んだほうがいいでしょう。

日活プラス

月額390円・無料期間14日間

日活プラスは、日本映画の巨匠たちの作品を多数提供している。

特に、石原裕次郎、赤木圭一郎、吉永小百合などの日活スターが出演するような映画が充実しており、昭和の名作映画を存分に楽しめる。これらの作品は日本映画史において重要な位置を占めており、映画ファンにとって必見。また、DVD化や他の配信サービスでは見られない激レア映画も多数配信されている。

一般にはなかなか手に入らない作品も多い。僕が驚いたのは『コミック雑誌なんかいらない!』が配信されていたこと。DVDは発売されているが、配信で見れるのはおそらくここだけではなかろうか。見たことないので驚いた。東映と同じくらい激レア映画が配信されているチャンネルだと思う。

インディーズ フィルム by Rialto

月額490円・無料期間14日間

インディーズ フィルム by Rialtoは、独立系映画やドキュメンタリーに特化したチャンネル。

世界各地の映画祭で高評価を得た作品や、注目の新進監督による斬新な作品を数多く配信している。特に、アメリカやヨーロッパから厳選されたインディペンデント映画を楽しむことができる。

このチャンネルで配信されている作品を一通り見たが、知らない作品が多かった。僕以上に映画詳しい人でもそう思う人は多いだろう。クロエ・ジャオの『ザ・ライダー』やジャック・タチの作品など、シネフィル受けのよさそうな作品が並ぶ中、聞いたことのないドキュメンタリーなども配信されている。マニアックな映画専門のチャンネルだ。DVD化されていない作品や、他の配信サービスでは見られない激レア作品が見れる。

 

まとめ

こんな感じでAmazonプライム・ビデオの映画系プライム・ビデオ・チャンネルをまとめてみました。まあただ、ぶっちゃけると、どのチャンネルに入るべきかはあなたがどんなコンテンツが見たいのかによります。

一見、スターチャンネルEX-DRAMA & CLASSICS-で見れるコンテンツの量は、他のと比較すると値段の割に多くないのでコスパが悪いような気もしますが、ここでしか見れない優良コンテンツは非常に多い。そのため、こういうコンテンツに興味があれば、入る価値は間違いなくあります。

チャンネルを選ぶときは、見れるコンテンツが多いかよりも、「あなたが見たいと思う」コンテンツが多いかが重要です。個人的に、日本映画NET以外はかなり使えるチャンネルだと思いますが、公式サイトに飛んでどんな作品が見れるのかを確認してから入会するのをおすすめします。

チャンネル名 ジャンル 月額料金 無料期間
スターチャンネルEX-DRAMA & CLASSICS 洋画・海外ドラマ 990円 7日間
シネフィルWOWOW プラス 洋画・海外ドラマ 490円 14日間
プラス松竹 松竹映画・ドラマ 330円 14日間
東映オンデマンド 東映映画・ドラマ 499円 14日間
シネマコレクションby KADOKAWA 角川映画 396円 14日間
東宝名画座 東宝映画 499円 14日間
FODチャンネル フジテレビ制作の映画・ドラマ 976円 なし
パラマウント+ 洋画・海外ドラマ 770円 なし
日活+ 日活映画 390円 14日間
インディーズ フィルム by Rialto インディペンデント映画 490円 14日間

 

おすすめの記事