U-NEXT(ユーネクスト)で映画チケットを買う方法、2パターンを解説。

スポンサーリンク

コロナ禍も落ち着いてきて映画館に前よりも行きやすくなった今、僕はU-NEXTポイントを使って映画を見ることが多くなった。 この前は松竹系列のMOVIXでドルビーシネマ、109シネマズの劇場でIMAXレーザーの映画を見た。

なんでU-NEXTポイントを使って映画を見たのかというと、このポイント鑑賞が割とお得だということが最近わかったからだ。

正直言って、Tジョイ以外の劇場は使い勝手が違うと知ってからは、Tジョイ以外で使った場合あまりお得ではないのではないかと思っていた。

だが、考えようによってはお得だしかなり便利だという結論に至った。

そのためコロナ禍のときはNHKオンデマンドなどで消費していたU-NEXTポイントをためておいて、旅先でまとめて使ってみた。

今回の記事では、U-NEXTポイントを使って映画のチケットを買う方法、なぜお得なのか、どういうメリットがあるのか、U-NEXTが映画好きにとってお得だと思う点について解説していきます。

この記事を書いている人の信頼性

僕はU-NEXT、Disney+(ディズニープラス)、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、WOWOWを契約していて、コロナ禍の前までは劇場で映画を100本見る程度(最近はそのペースを取り戻しつつある)。それなりに映画には詳しい。

そのため、こういった動画配信サービスや有料放送などでどのような作品が見れるのかに関してはかなり詳しい。

また、U-NEXTには入ってやめて入ってやめてを繰り返しているが、最近はなんだかんだいって半年くらい入り続けている。いつもなら料金が高い分めちゃくちゃ見れる劇薬であるU-NEXTは数ヶ月に一回くらいにとどめておくことのほうが多かったが、ずっと入っている。

そんな僕が、U-NEXTのポイントを使って映画のチケットを買うのがお得だと思う点、買い方等をまとめていく。

U-NEXTとは

U-NEXTを簡単に説明すると

  • 見放題作品22万本、レンタル作品2万本(2021年10月時点)配信の動画配信サービスで、月額は1990円(税込2189円)。
  • 毎月1200(円分の)ポイントがついてきて、最新作のレンタルや書籍・コミックの購入、映画館でのチケットの割引などに使うことができる。
  • 4アカウントまで作れるため、4人家族の場合実質500円で使うことができる。
  • スマホやタブレットだけでなく、テレビで見ることもできる。

というようなサービス。

U-NEXT

U-NEXT

コンテンツの傾向的には名作映画・ドラマ・アニメなどのバリエーションがえげつなく、ほとんど見れると言っても過言ではないくらい充実している。

わかりやすくいうならTSUTAYAが選ぶ名作映画100本のほとんどを見れるというような感じ。

そしてコロナ禍の間にリニューアルして、HBO MAXのコンテンツも見放題で見れるようになった。『チェルノブイリ』『バンド・オブ・ブラザース』などといった名作ドラマ、『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』『ピースメーカー』などといった注目コンテンツも独占配信されている。

月額は2189円の動画見放題サービスではあるものの、新作のレンタルや映画館、電子書籍の購入などに使えるU-NEXTポイントが1200円分もらえるので、税込みの場合実質989円というサービスで、結構お得だし、映画などのエンタメが好きならまちがいなくおすすめできる動画配信サービスです。

U-NEXTに悪評が多い理由を解説

だが、U-NEXTでは悪評をよく目にする。その理由は、

・レンタル作品が多い(すべてが見放題ではないから)

・映画館での勧誘がうざったい

からだと考えられる。

U-NEXTはレンタル作品も多いため、「見たい作品が見放題かと思いきや有料だった、詐欺!」という口コミが多い。これは確かにそうではあるものの、他の動画配信サービスでも配信されていないような作品を見放題だと思って入ったような人がこういう口コミを書きやすい。

このレンタル作品か否かに関してはU-NEXTの公式サイトを確認すれば簡単に判別できるようになっているので、U-NEXTに入ってみたいと思った作品に関しては入会する前にちゃんと見放題作品なのかどうかを確認すべき。

そして映画館での勧誘がうざいという口コミ。これは正直、僕も思います笑

僕は勧誘での入会をしたことがないが、動画配信サービスに入り慣れていない人に対して抱き合わせで違うサービスにも入会させているのか、知らずしらずのうちに月何百円引き落とされてたという悪評をネットでよく目にする。

多分動画配信サービスに入ったことのないような人や、どんなサービスなのか知らない人にスマートユーセンなどのサービスも同時加入させているのだろうと思う。

こういう口コミから察するに、正直言ってU-NEXTに入るなら勧誘よりも個人的に入ったほうがトータルでお得。普通に体験すればU-NEXT加入時に抱き合わせで違うサービスへ入会させられるということはないし、解約も簡単だ。

あと無駄な時間を過ごしたくない僕みたいな人にとってU-NEXTの勧誘はホントに逆効果だからやめてほしい。

U-NEXTポイントとは

U-NEXTのポイントの説明に移ります。

U-NEXTポイントの使い道には、

・新作などの、U-NEXTで見放題になっていない作品のレンタル
・電子書籍の購入
・NHKオンデマンド(NHKの番組の見放題サービス)の視聴チケット
・映画館のチケット

などがある。

つまり、ちゃんとU-NEXTポイントを有効活用すれば、実質的な料金はNetflixのスタンダード会員やHuluなどといったサービスと同じくらいになる。

ただこのポイントの使いみちに苦戦する人は結構いる。

個人的におすすめしているのはNHKオンデマンド、映画館のチケットの2つ。

NHKオンデマンドに入れば今話題の朝ドラや大河ドラマはもちろんのこと、それらの旧作に加え100分de名著、NHKスペシャルなどといった教養番組、ドキュメンタリーも見放題になる。

このNHKオンデマンドを見る方法はU-NEXT以外にもあり、一番メジャーなのはおそらくAmazonプライム・ビデオだが、Amazonプライム・ビデオとは違い早送りに強く、1.4倍速ボタンなどがアプリ再生の場合でも表示されるので、かなり使い勝手がいい。

僕はこのことを「伊集院光 深夜の馬鹿力」で伊集院さんが喋っていたのがきっかけで知ったが確かに使いやすい。早送りや10秒スキップみたいなボタンが表示されているので、教養番組・ドキュメンタリーなどを早送りだったり飛ばし飛ばしで見やすい。

あと映画のチケットを購入する場合が一番使い勝手がいい。一気に1000円以上使えるから。

僕のよく使うTジョイ系列の劇場では差額支払いが可能。サービスデーのときとか、IMAXなどの追加料金などにも使うことができる。

▷  U-NEXT解約後にポイントの余りを使って実際に映画のチケットを購入してみた

僕がよく使うのは博多のドルビーシネマ(Tジョイ系列)。その追加料金に使ったりする。

ドルビーシネマの追加料金は500円とか900円なので、月に1回以上ドルビーシネマで見れる。

ドルビーシネマ(横浜以外)レビュー

IMAXレーザー(エキスポシティ)レビュー

それを考えたらかなりお得。

映画館で1回以上見れる券+名作映画見放題で2189円ということになるので、なんかもう毎週絶対に一度は行くレストランの食券を毎月1枚もらえるような感じになっている。

前まではコロナ禍で映画館に行くのも憚れるような感じだったがもうそろそろ映画館に行くのを解禁した人も多いだろう。なので映画館チケットはおすすめ。

U-NEXTポイントとUコインの違い&有効活用法

U-NEXTポイントの映画チケット購入はTジョイかどうかで違う

ただ、僕は今までTジョイ以外で使ったことがなかったので知らなかったが、Tジョイと他の劇場ではこのU-NEXTポイント、全く使い勝手が違っていた。

Tジョイのほうがお得に感じるのだ。

U-NEXTの映画チケット発券2パターン

U-NEXTポイントで映画館チケットを購入する方法は2パターンある。そのまま適用制と、シネマチケット発券制だ。僕が勝手に名付けた。もっといいのが浮かんだら勝手に名前変えると思う。

簡単にいうと、TジョイではU-NEXTポイントをそのまま使うことができるが、Tジョイ以外では、U-NEXTポイントを映画チケットというものに交換する形になる。

そのまま適用制

TジョイではU-NEXTポイントをそのまま使うことができる。つまり、映画1本見るのに1900円消費する形になる。

そしてこのパターンだと、割引がきくときに見に行くと、割引料金1400円で映画を見ることができる。

そのため、いつもレイトショーで映画を見たり、サービスデーのときに見に行くことが多い人にとっては、普通に有効活用しやすい。

シネマチケット発券制

対して、Tジョイ以外ではどんな感じなのかというと、1500円分のポイントを使って映画のチケットを購入する形になる。

映画を1500円で見れるのでお得ではあるものの、サービスデーのときに1400円とか1100円で映画をよく見ている人にとって、お得じゃないのである。

サービスデーのときに映画を見に行ったとしても、1500円分使わなければならない。なので一見お得じゃない。

特に、金曜日は1100円で映画を見れるユナイテッド・シネマの会員なら、全然お得じゃないと感じる。そんなシステムを採用している。

それぞれのメリット・デメリットをまとめると

この2つのパターンを見て、どっちがお得だと思っただろうか。ユナイテッド・シネマでいつも金曜日に見ているような、サービスデーで映画をよく見るタイプの人は、Tジョイのほうがお得と感じたかもしれない。ユナイテッド・シネマでU-NEXTポイントを使う気は起こらないだろうと思うし、他の劇場に関してもあまり使う気は起こらないのではないだろうかと思う。

だけどシネマチケット発券制の場合は、いつでも1500円で映画を見ることができると考えるとどうだろうか。

つまりこういうことだ。

そのまま適用制(Tジョイ)
U-NEXTポイントを使ってそのまま映画料金を支払う感じなので、サービスデーのときに映画を見ると1200ポイントだったり1400ポイントみたいな割引料金が適応される。

サービスデーのときもお得に見れる。

シネマチケット発券制(MOVIX等)
1500ポイントを1本の映画のチケットとして交換する。

→そのためサービスデーのときに映画を見るとお得じゃない。

だが、割引サービスが適応されないような空いている時間帯に1500円で映画を見ることができる。

ということだ。そのため、どう頑張っても割引料金で映画を見れるタイミングで見れない時にも、1500円で映画を見ることができるのである。

松竹系列(MOVIX)の劇場でU-NEXTポイントを使用して映画を見てみる

Tジョイ以外の映画館ではシネマチケット発券制なので、サービスデーじゃなかったとしてもお得に見れる。

今回僕はMOVIXのドルビーシネマで『トップガン マーヴェリック』を見るにあたってU-NEXTポイントを使ったので、どんな感じだったかを簡単にまとめておいた。

まずU-NEXTのサイトをアプリではなくブラウザで開く。

スマホだと開けば映画チケット割引のボタンが出てくる。パソコンの場合は、U-NEXTポイントを確認するのところをクリックすれば、映画館クーポンという項目が出てくる。

それをクリックすると、こんな感じでU-NEXTポイントの映画館チケットの購入法が出てくる。

ここをクリックしたら使い方は確認できるものの、クーポン発行までは進まない。一番下のクーポン発行に進むボタンをクリックしよう。

 

そうすると、いろいろな映画館の選択肢が出てくるので、希望の映画館をクリック及びタップ。今回はMOVIX、松竹系列の劇場なのでそこをクリック。そうすると、こんな感じで画面がでてくる。

先程書いたとおりMOVIXはシネマチケット発券制(MOVIX等)で、1500ポイントを1本の映画のチケットとして交換するタイプ。
そのため割引サービスがきかないような時間帯に、1500円で映画を見ることができた。

このクーポンを発券した後、映画館でチケットを購入すればOK。

チケット発券時にメールで添付されているQRコードを購入すれば簡単に購入できる。ドルビーシネマやIMAXレーザーなどといった追加料金を支払う必要がある場合は、現金、クレジットカードで支払えばOK。

まとめ

こんな感じで、U-NEXTポイントを使った映画チケット購入をまとめてみた。

正直言って、Tジョイ以外の映画館がシネマチケット発券制ということを知って、サービスデーのときに映画を見ることが多い僕的にはコスパ悪いなと思ってたんですが、いつでも1500円で見れるというのは精神衛生上いいと思います。

都内とか大阪名古屋みたいな大都市の映画館はサービスデーのとき、観客の民度が激ヤバだったり映画に集中できないくらい混んでるときもあるので、そういうのを避けれていいんじゃないでしょうか。なにより、サービスデーのことを考えなくて済むのでスケジュールを決めるのが楽です。そのため映画が好きなU-NEXTユーザーは映画チケット購入をおすすめします。

U-NEXTに入ってない人に伝えておくと、U-NEXTは普通に映画が好きな人だったら見放題で見れるコンテンツの量にびっくりするような動画配信サービスです。

他の動画配信サービスと比較してもコストパフォーマンスはかなり高く、何よりコンテンツがハイパーリッチです。

TSUTAYAの名作コーナーに並んでるような映画史に残る名作映画や、アップリンク・クラウドみたいなところでしか見れなさそうな作品が見放題になったりするんで、名作映画をいろいろ見たいという方には一番おすすめな動画配信サービスです。

それでいてついてくるポイントは映画館で使えて、空いた時間帯にお得に映画を見れる(Tジョイ以外の場合)。

映画が好きな人にとってかなりお得な動画配信サービスだと、僕は自信を持っておすすめします。

退会処理のタイミングが悪くて実際に損した人の口コミもよく目にするので、不安に感じるかもしれませんが、注意点は以下の記事にまとめたのでぜひとも読んでみてください。

U-NEXT無料トライアルの教科書
U-NEXT無料トライアル入会前に注意すべき3点
U-NEXTを無料トライアルの時点で確実に解約してお金をムダにしない方法

※本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

おすすめの記事