シネ・リーブル神戸 アネックス/アクセス・映画館情報|座席数多いけどどんな感じ?

シネ・リーブル神戸 アネックス/アクセス・映画館情報|座席数多いけどどんな感じ?

シネ・リーブル神戸アネックスレビューと映画館情報。

スポンサーリンク

この前久々にシネ・リーブル神戸に行った。シネリーブル神戸は僕が大学時代の頃にたまに行っていた劇場で、今まで『この世界の片隅に』『スポットライト』『ルーム』『勝手にふるえてろ』などといった作品を見たことがある。

このシネ・リーブル神戸、2017年11月に座席数が500席以上ある超大規模なシアターができたらしい。僕がシネ・リーブル神戸で『勝手にふるえてろ』を見たときには既にできていたようだが、今回の関西旅行で現地に行くまで存在を知らなかった。

今回、たまたま見たかった『プライベート・ウォー』がアネックスで上映されるようだったので、せっかくだし見に行ってみることにした。

シネ・リーブル神戸の映画館情報

アクセス

〒650-0035
兵庫県神戸市中央区浪花町59

神戸朝日ビルディング

神戸の朝日ビルにある。周りには元町の大丸があったりケーニヒスクローネのホテルがあったりする。結構大きなビルなので、どんなビルなのかを知っておけば迷わず行けると思う。

これは元町の商店街から大丸を撮った写真。元町大丸と関西外大の看板の間に、元町大丸よりも高そうなビルが見えると思う。これが神戸の朝日ビルだ。この建物に向かって歩けば着く。

朝日ビルに向かうと入り口が見える。

シネ・リーブル神戸のアネックスとは

シネ・リーブル神戸は前までは地下2階に3スクリーンある映画館だった。だが、2年前くらいに新しい劇場、アネックスが4階にできた。

2017年11月3日(祝・金)より当館同ビル4階にございます旧神戸朝日ホールを当館4つ目のスクリーン「シネ・リーブル神戸 アネックス」として運営させて頂きます。
シネ・リーブル神戸 アネックスオープン後の営業内容についてご案内致します。

【フロアのご案内】
シネマ1・シネマ2・シネマ3 ⇒ 地下2階
アネックス ⇒ 4階

シネリーブル神戸公式サイトより引用

いままでは、

といったような、80〜150くらいの人数が入る規模の劇場が、3つあるイメージだった。テアトル梅田とかみたいな感じで。

テアトル梅田

だが、このアネックス、こんな感じなのだ。

ブラウザの予約画面に全座席入りきれていなかった。

どこまでが被っているのかよくわからないけど、こんな感じだった。

このサイトを見る限り、ものすごく規模のでかい劇場な気がする。座席数も500くらいある。なのでどんな劇場なのだろうかと気になっていた。ただ、もともとこの劇場は神戸朝日ホールだったということを考えると、そこまで期待するべきではないなとも思っていた。

なぜかというと、映画館として作られた施設ではないから。詳しい理由に関しては後述します。座席の座り心地やスクリーンに関してはあまり期待せずに見てみた。

シネリーブル神戸・アネックスの特徴

旧神戸朝日ホール

地下にあるシネリーブル神戸は、テアトル梅田みたいな規模のスクリーンが複数ある映画館だった。だが、地上4階にあるシネリーブル神戸のアネックスは、旧神戸朝日ホールだ。演奏会とかがもともと行われていたホールで、映画館として作られていない。

そのため、劇場の前の通路が長い。ホールに入る500人程度の人数がホールの前に並んだり集まっても大丈夫なくらいのスペースがある。なので、ものすごく奥行きがある。上映時間ギリギリのときとかは早歩きで行こうにも遠すぎて焦ると思う。それくらい遠い。

スクリーン・座席の特徴

アネックスの中はこんな感じ。

もうなんか、もともと演奏会用のホールでした!感がすごい。

座席数的にはシネコンの一番大きなスクリーンと同じくらいの規模感だ。だがこの劇場、映画館として作られていないし、座席も変えられていないようだった。なのでかなり不安に感じた。というのも、通常の演奏会用ホールの座席は、「2時間以上休憩なしで座っていられるか」ということを考慮して作られていないから。そしてスピーカーに関してもそうで、後部スピーカーの音にちゃんと迫力あるのか等、色々気になった。

実際見てみると、臨場感は普通の劇場に比べると物足りさを感じるものの、座り心地はそこまで悪くない。もっと腰が痛くなるような感じかと思いきやそこまで苦痛ではなく、普通にリラックスした状態で映画を見ることができた。思いの外、そこまで悪くない劇場でした。

ただ、スクリーンは普通のサイズで、座席数の規模に伴っていないので、絶対に前方で見たほうがいいですよ。後部で見るには小さすぎる。座席にゆとりがあるからといって、中央〜後部には座らないほうがいいです。

正直言って、一番前でもいいんじゃないかなってくらいのスクリーンの大きさで、迫力を求めている人にはあまりおすすめしません。

まとめ

正直言って全然期待せずに見に行ったんですが、思ったよりも悪くなかったです。だからといって絶対この劇場で見たいと思えるようなスクリーンというわけでもないですが。神戸近郊に住む映画好きが通うには悪くない劇場でした。

テアトル梅田・シネリーブル梅田映画館情報

公開日: 公開日: 公開日: