HMVオンラインコンビニ受け取りのメリット・デメリットを解説|宅配とどっちがお得?

HMV&BOOKS online(HMVオンラインショッピング)のコンビニ受け取りのメリット・デメリットを解説。

スポンサーリンク

HMV&BOOKS onlineはCD・DVDショップとして知られているHMVのオンラインショッピング。

CD・DVDだけでなく、本やゲームなども購入することができ、

・Pontaポイントを貯めることができる
・還元セールをよくやっている

ので、場合によってはアマゾンとかよりも安く購入できることで知られている、かなりコスパがいいショップ。

HMV還元セールを解説|実際に購入してみた(工事中)

ただ、支払い方法に手数料がかかったり、アマゾン(2000円以上で無料・Amazonプライム会員は無料でし放題等)などと違い、送料がかかってくる。

この送料を0円にする方法が、コンビニ受け取り

このコンビニ受け取りにクレジットカード支払いを組み合わせると、送料・支払手数料0円で商品を注文することができる。

今回の記事では、このHMVオンラインショッピングのコンビニ受け取りのメリット・デメリットについて簡単にまとめていきます。

久々にこの前HMVオンラインショッピングでブルーレイをまとめ買いしたんですが、デメリットが公式サイトを見ても分かりづらいと思ったんでまとめた次第です。

HMVオンラインコンビニ受け取りとは

icon

icon

まずHMVオンラインショッピングのコンビニ受け取りについて簡単に説明します。

HMVオンラインで支払いする際、手数料として発生する可能性のあるものが2つある。

・配送料
・支払い方法各々にかかる手数料

だ。

HMVオンラインショッピングで家に届けてもらう場合、別途送料として220円かかってくる。この送料を無料にする方法としてメジャーな方法がコンビニ受け取り。

HMVには通常の宅配とコンビニ受け取りの2種類の受け取り方法があり、このコンビニ受け取りを選ぶと送料無料で商品を購入することができます。

国内の配送

・宅配の場合、国内の配送 1回の配送につき全国一律220円(税込)
・コンビニ受け取りサービスご利用の場合は配送料無料   二分割配送 の場合は、配送毎に220円(税込)の送料がかかります

このコンビニ受け取りは、ローソンとミニストップで受け取ることができる。

そのため、送料を無料にしたい人で、家の近くにローソンやミニストップがある場合は、コンビニ受け取り一択になります。

コンビニ受け取りのメリット・デメリット

コンビニ受け取りのメリット

公式サイトより引用

 

このコンビニ受け取りは、

・送料が0円になる

というのが最大のメリット。普通に頼むと220円かかりますが、この送料を0円にすることができます。

また、受け取る際の手順もかなり楽で、レジに行ってバーコードを見せるだけで受け取れます。なので、思っていたよりも楽でした。

コンビニ受け取りのデメリット

ただ、このコンビニ受け取りにはデメリットもある。

大きなデメリットは

・配送が遅れる
・支払い方法が限られている
・できない場合もある

ということ。

配送が遅れる

HMVオンラインショッピングで注文する際、配送日時が通常の宅配よりも3〜5日くらい配送が遅れるらしいです。

「コンビニ受け取り」をご利用いただいた場合、ご注文の金額をお支払い、又はクレジット決済完了後、
ご指定の店舗への到着までに3~5日間程度のお時間をいただきます。

と公式ページに書かれていました。

確かに、今回注文してみて「HMVオンラインショッピングってこんな発送遅かったけ?」と感じました。アマゾンとかと比較するとかなり遅く感じます。

今回僕が注文した時の流れは、

8月18日に注文(注文後2,3日以内に入荷のおとりよせ商品も含まれている)

8月21日に入荷遅れの連絡がくる(2,3日以内入荷のおとりよせ商品が3日経っても届かなくて遅れますという連絡)

8月22日に入金確認メール(すなわち、おとりよせ商品も届いて頼んだ商品がすべて揃ってコンビニに発送する準備ができたという連絡)が届く

8月25日にコンビニ受け取りを開始(コンビニに届きました)

8月27日に受け取る

というような感じでした。

見てもらえば分かる通り、注文してから受け取れる状態になるまで、約1週間かかりました。

今回おとりよせ商品を頼んだのでその分遅くなりましたが、多分、普通に家に宅配で届けていたら23日とか24日くらいには届いてたんじゃないかなーと思います。

配送時間が宅配よりも時間がかかるというのが1つのデメリットです。

支払い方法が限られている

また、コンビニ受け取りは支払い方法が限られている。

コンビニ受け取りで手数料を0円にする支払い方は、クレジットかauかんたん決済だけです。すなわち、auユーザーじゃない人が手数料を0円にする方法は、クレジットしかありません。

HMVの支払い方には、

・クレジットカード
・代金引換(330円)
・コンビニ/じぶん銀行/Pay-easy/ネットバンキング/楽天Edy/永久不滅ポイント払い(132円〜550円)
・auかんたん決済
・ちょこむeマネー
・オンラインギフト券
・PayPal
・LINE Pay

があり、代引きのときは330円、コンビニ支払いのときは132円〜550円の手数料がかかる。それ以外の方法を使えば手数料はかからない。

でも、このうち、コンビニ受け取り時も使える支払い方はさきほど太文字にしていた

・クレジットカード
・コンビニ/じぶん銀行/Pay-easy/ネットバンキング/楽天Edy/永久不滅ポイント払い
・auかんたん決済

の3つしか方法がありません。

つまり、手数料をゼロにする方法は、クレジットカード支払いか、auかんたん決済の2つだけになる。

auかんたん決済とは何かというと、auユーザーだけ使えるキャリア決済っぽい。

auかんたん決済とは、auのスマートフォンやPC等で購入した際、au IDの登録をすることで
月々のau携帯料金と合算してお支払いすることができる決済サービスです。

*一度にご注文頂ける商品金額は税込み5万円までとなります。

僕はdocomoユーザーなのでわかりません。auユーザーだけが使えるキャリア決済なので、使う人はかなり限られていると思います。

加えて、仮にauユーザーだったとしても、高校生みたいな親がケータイ料金払っているような人も使うことができません。

なので、クレジットカードを持っていない人のほとんどは、コンビニ受け取りを使うことができません。

もしこの記事を読んでいる方でHMVオンラインを使ってなるべく安く本とかDVDを買いたいと思っていて、クレジットカードを持っていない方は、送料は我慢しましょう。

それでもアマゾンより安くなる場合があるんで、そこは我慢しましょう。

できない場合もある

「HMVオンライン コンビニ受け取り できない」というキーワードで検索されていたので調べてみたところ、注文できないパターンもあるみたいです。

※コンビニ受け取りが指定できるのは、ご購入数15点まで、発売日まで1年以内の商品(LPや大型ボックスセットは除く)に限ります。
この条件でご注文を受けても、大きさなどの制限により、商品入荷後に宅配への変更をお願いする場合がございます。

15個以上注文した場合とか、商品がデカすぎる場合はコンビニ受け取りできないようです。

コンビニ受け取りの注意点をまとめると

他にもコンビニ受け取りの際の注意点がいろいろあったのでまとめてみるとこんな感じになります。

・一括配送のみ
・受取店舗の変更はできない
・受け取り期間の延長はできない
・Pontaポイントを利用した場合、宅配からローソン受け取りに変更できない
・登録住所が海外の場合使うことができない。
・会員登録なしで注文した場合使うことができない。

簡単にまとめるとこういう感じになります。(ソース)(※2020年8月現在)

受け取り期間は店頭に商品到着後7日間と、割とゆとりはあるものの、受取店舗の変更や延長ができないなど、いろいろと制約がありました。

宅配を選んだらどうなるの?

こういうデメリットもあるコンビニ受け取り。逆に宅配の場合は、

・送料が220円(全国一律220円)
・クレジット支払以外にも、支払手数料を0円にする方法がある(LINE Pay等)
・家に届く
・配送日時がコンビニ受け取りより早い

というような特徴があります。

送料は220円かかってきます。でもその分早く届いたり、LINE Payで支払いもできたりします。

なので早く商品が欲しい場合とか、クレジット以外のお得な支払い方を使いたい方は宅配を選んだほうがいいと思います。

まとめ

今回久々にHMVオンラインで買い物をしてコンビニ受け取りで注文してみましたが、まあ、駿河屋に似ていますね。

駿河屋という、ものすごく安く買えるもののものすごく配送が遅くてたまにものすごくひどいものが送られてくるという中古メインの通販サイトがあるんですが、そこと似ています。

駿河屋の評判を検証
駿河屋は配送遅い?実際に注文してみた

HMVオンラインショップのコンビニ受け取りは駿河屋ほどひどくないですが、「届く早さよりも安さをとる」というような感じでした。

たかが220円と思って早い宅配をとるか、なるべく節約したい!と思ってコンビニで受け取るかはその人次第だと思います。まあこれは、早く欲しい商品なのか、数日のタイムラグは待てるような商品なのかどうかなので、各々良さそうだと思う方法で購入してください。

HMVオンラインショップは220円を差し置いてもアマゾンとかで買うよりも安くなる場合もあるショップなんで、コスパよく本とかDVDとか買いたい方はぜひとも使ってみてください。

おすすめの記事