Amazonに偽物が出品されている?使う際注意すべき点まとめ

Amazonに偽物が出品されている?使う際注意すべき点まとめ

Amazonで、偽物に当たらないために注意すべき点。

スポンサーリンク

Amazonは世界最大の通販サイトで、誰もが知る一流企業だ。

もうこの通販サイトに関して、怪しいと思っている人などいないだろう。そう思っていた。だが……。調べてみたら評判がめちゃくちゃ悪かったのだ。

みん評の評価は3.7点で対応が最悪とか、商品が間違えて届いたとか、いろいろと悪い口コミが書かれてあった。あの駿河屋でも4.6点くらいあるのに。あの「品質の悪さ中古屋さんNo.1」駿河屋に負けるってどういうことよ。

駿河屋の評判を検証

Amazonは駿河屋と違って配送が遅くないし商品の状態も悪くない。どう考えても使えるサイトだ。

だが、偽物が紛れ込んでいる。なぜなのか。

悪質な業者も、マーケットプレイスから商品を出品しているというケースも、結構あるからだ。そして、マーケットプレイスの商品だと知らずに買って文句を言ってる人が多い。

Amazonは基本的にフリーダム。どんなバカでもレビューを書くことが出来ます。なので、バカしか読まない頭が腐るようなトンデモ本のレビューが、バカしかレビューを書かないので星5つばかりになったりします。

加えて、出品するのも自由です。Amazonではどんな人でも、仕方さえわかれば出品できます。

マーケットプレイスというシステムを使って、どんな人でも出品できる。手数料が結構取られるけど、使っている人が多いから結構売れるので、よく出品されている。実際、僕も出品したことがある。

手軽に個人でも出品できる分、悪質な業者が結構います。普通に考えれば、見れば怪しいとわかりますが、ネットを使い慣れていない人は普通に買ってしまうっぽい。

そして、ネットリテラシーに加えて知性も限りなくゼロに近い人は、こういった業者に引っかかったあと、全てAmazonのせいにする。掲示板で、すべてAmazonのせいにするのだ。

そもそもマーケットプレイスとは

そもそも、マーケットプレイスとはなにか。Amazonがやってるフリーマーケットみたいなものです。Amazon以外の出品者が販売している商品を、マーケットプレイスの商品といいます。

例えばですね。イオンに行ったとするじゃないですか。

で、イオンの食料品コーナーはイオンが売ってる商品が置いてありますけど、特別ブースに地元の農家が育てたコーナーがあったとする。地域の農家と提携して、自由に野菜を売っていいですよと、場所を貸し出している。そして遠方からイオンにはるばる来た人も買ってくれるので、地元の農家は出品している。

こういったとき、この地域の野菜はイオンが売ってませんよね。地域の農家が売ってます。
これをAmazonに置き換えると、

イオンの食品コーナーのもの→Amazon
地域の農家が自由に売りに出せる場所で売られている野菜→マーケットプレイス

といった感じになる。

こういった場合、もし地域の農家が自由に売りに出せる場所に、農薬が入りまくった、見るからにやばい商品が入り込んでいた場合、出品した農家が一番悪いはずです。

こういったときはイオンに文句を言っても、何も解決しないわけです。締め出すしか方法はありません。

ですが、もしイオンが放任主義だったらいちいち締め出すわけにもいけません。なので、出品者の口コミがわかるボードを前に建てて、この出品者から買えば安心して買うことができるのかどうかを、消費者の判断に委ねることにした。

Amazonはこういった形式のフリーマーケットのようなシステムを採用している。つまりは、出品者の評価を表示させて、購入者に判断を委ねている。

加えて、Amazonみたいに超大規模なショッピングサイトになってくると、こういった締め出しを一々していたらきりがない。

なので、この評価を見て、値段が極端に安くないか、評価を見た感じ日本語がおかしくないか、正規品と比べて商品が明らかに変なパチもんじゃないかなど、ジャッジする。

そして、「この出品者から商品を買っても大丈夫だろう」と、思って購入を決めるわけです。

こういったシステムを採用しているAmazon。

あまりネットを使ったことのない人が使った結果、出品者の評価を見ずにマーケットプレイスの商品を購入した情報弱者が、Amazonが出品したと思い込んでAmazonは詐欺会社だと、口コミを書いている。

こういった人は、ネットで鬱憤を晴らしがちだ。バカほど発信したがる。Twitterも、YouTubeやYahoo!ニュースのコメ欄もそう。愚民が多い。

なので、こういった事態になっている。今回の記事とだいぶ内容はかぶるけど、前書いた記事を参考にしてほしい。

なので、

結論から言って、Amazonから出品されている商品を買えば問題ありません。

それさえすれば解決する。

だが、フリマの商品をAmazonが販売していると思って、場所貸してるだけのAmazonに文句を言っている、頭のよろしくない方が非常に多いのだ。

簡単に言えば、「メルカリで買ったものの商品がパチもんだったとき、出品者ではなくメルカリに文句言ってるようなもん」なのだ。これいい例えだな。これから使おう。

Amazonから出品されている商品を買えば普通の通販だけど、マーケットプレイスはメルカリなんです。

メルカリでパチもんが届いたときに出品者ではなくメルカリ本社に「パチもんだ!詐欺!」とか言うバカいますかね。いるかもしれないけど。

Amazonの悪い口コミってだいたいこんなのです。

なのでAmazonを使うのが初めてな人は、気にしないでください。

Amazonの悪い口コミを分析

例えば、商品が間違えて届いた。という口コミが見つかった。

商品が間違えて届いたとか、どう考えてもマーケットプレイスの商品に関してのことだ。

僕は過去100回いくかいかないかくらい、Amazonから出品された商品を購入しているけど、そういったことは一切なかった。

だけどマーケットプレイスは商品が間違えて届くことがよくある。マーケットプレイスは個人でも出品できるからだ。実際僕も5点くらい出品して売れたことがある。僕ですら、だ。Amazonマーケットプレイスはそれだけ、出品するのが自由ということだ。

個人出品した際、配送する商品が多いと、ミスをする確率が高くなる。

メルカリを使ったことある人ならわかると思うけど、メルカリで一気に10個位商品を送ったら、「これであってたっけ?」と迷ったりすることがある。

メルカリ

個人でやっていたらそういったミスが起こりやすい。実際僕もそういうミスを犯しそうだった。なので、マーケットプレイスでもそういったことがよくある。

だけど、全く調べずに購入した客が、こういった商品を購入したとき、「配送が間違えてる!もう二度と使わない!」と、Amazonのせいにしているのだ。

こういった口コミばかりだ。「定価より高くなってる!詐欺!」という口コミも、どう考えてもマーケットプレイスのやつ。「不良品」「発送トラブル」も全てそう。

実際、僕はAmazonが発送する商品に関して、トラブルにあったことはない。間違えて注文した商品を返送したらお金が普通に返ってきたこともある。自分の不備で間違えて注文したのに。非常に顧客の満足度を優先するサービスなのだ。

だけどマーケットプレイスは悪質な業者もいるし、よくわからないまま商品を売ることになった初めての出品の人もいる。そんなサービスです。

そして悪質な業者に引っかかってAmazonのせいにしている愚民が多い。そして、こういった口コミを、参考にしてAmazonの悪口が多くなる。知的後退も甚だしい。

あと、「Amazon 偽物」で検索すると「Amazon公式が出品しているものは偽物です」とかいうレビューがあったけど、絶対公式で買ったやつじゃないです。

多分これはですね、公式だと思って違うやつ買ったケースです。

マーケットプレイスのところをクリックしてなくても、「これは〇〇から出品されています」と、よく見ると書かれている商品があって、それを買ったんだと思います。

あと商品的にもパチもん率が極めて高いと、ネットを普段使っている人なら誰でもわかるようなジャンルのものだった。なので、Amazon公式のものではないです。

悪質な業者に引っかからない方法に加え、この「公式だと思いきやマーケットプレイス出品のやつだった」というケースを回避する方法についても、これから書いていきます。

Amazonで偽物を見分けるには

Amazonを使ったことのない人でも、トラブルに巻き込まれることなく満足いく買い物をするにはどうすればいいだろうか。Amazonを初めて使う人でも対処できる方法を考えてみた。

マーケットプレイスをクリックしない

マーケットプレイスの商品を買おうとしない。要は、中古品を買おうとしない。そして、定価がバカ高いようなものを買わない。この2つをクリックしない。

(Amazon公式サイトより引用)

中古品をクリックしてもっとお得にならないかなとか、そんなことを考えない。そのまま検索して出てきたやつを買う。それだけで引っかかるケースは少なくなります。

プライムマークがついてないものは買わない

では、マーケットプレイスの商品が、普通に検索したら出てきた場合、どうだろうか。

(Amazon公式サイトから引用)

このPSVRのセット。Amazonが出品したものではないです。

これは多分パチもんではないと思いますが、Amazonが出品した商品ではありません。

よく見ればわかりますが、「ヒトモノ」というお店が発売している商品です。

マーケットプレイスのところをクリックしなくても、こういった商品が表示されることが多いです。

で、さっき紹介した「Amazon公式が出品しているものは偽物です」という口コミを書いた人もこういった商品を購入したんだと思います。

では、こういった商品を回避するにはどうすればいいか。

これは前記事にも書いたけど。プライムマークがついていないものは買わない。

でほとんど解決する。

(Amazon公式サイトから引用)

これ、僕がほしいブルーレイなんですが、
横に

(Amazon公式サイトから引用)

ってマークがありますよね。
このマークがついた商品を買ってください。

廃盤になった作品とか以外の、普通の商品にはこういったマークがついています。

で、基本的にAmazonが出品しているものが基本的に一番安い。中古品は販売していないので、新品になるけど基本的に最も安い料金になっている。定価5000円くらいのブルーレイが3800円くらいで買えるのだ。これほど安いショップは僕が知る限り無い。

もし、Amazonの料金よりも安い新品が出品されているケースがあったのなら、むしろ疑ったほうがいい。

それ以外はAmazonから出品された商品じゃないと思って買わないようにしたほうが、最初はいいと思います。

厳密には

(Amazon公式サイトから引用)

すべての出品者のところをクリックして、こういった表示がされている商品が、「Amazonで出品されている商品」だけど、一番わかりやすいのはプライムマークがあるのか否かという判断基準です。

※ただ、この記事を書いた後に知ったんですが、プライムマークがついていたとしてもAmazonが発送しない商品があるようです。なので、「この商品は〇〇が発送します」みたいな表記があるかないかを、ちゃんと確認する必要があります。ただ、プライムマークがあるかないかを確認するだけでも、個人や悪質な業者が出品したものを買うことは少なくなるはずです。(2019年6月追記)

マーケットプレイスは慣れだしてから購入したほうがいい。マーケットプレイスがなんたるかもわかっていないような状況だと、カモられる場合がある。

なので、プライムマークがある商品を買うのがおすすめです。

プライムマークの商品はプライム会員じゃなくても買える

ただ、こういった口コミもあった。

「プライム会員の方にしか買えない商品ばかり」

そんな商品ありません。あるかもしれないけど、これ絶対、プライムマークの商品は、有料会員であるプライム会員に入らないと買えないと思いこんでる人の口コミです。

このマークはそもそも、「プライム会員なら、注文した翌日に商品が届きます」というだけなんですよね。「Amazonが売ってる商品で、在庫が倉庫にあるから、プライム会員なら早く届けることができるよ。」ってだけです。

なので、Amazonが出品している在庫がある商品は、だいたいこういったマークがついています。

でもこの人、プライム会員じゃないと買えないとか思ってる。そして星1つつけてる。全然使いこなせてない。

Amazonは注意しないと偽物にひっかかる可能性もあるけど、こういった口コミばっかりなんです。

偽物が多いジャンルを知る

マーケットプレイスは誰でも出品できる。なので、パチもんが多く、パチもんが多いジャンルというものもある。

例えば、純正のLightningケーブル純正のね。

これはパチもん率が結構高い。

なぜかというと、オークションとかで大量に仕入れることができるから。

ヤフオクやメルカリを見ると、純正のLightningケーブル7本入り800円からとかいう商品をよく目にする。この商品がパチもんかどうかはよくわからないけど、普通に考えると1万円くらいしそうなこの商品が、1000円以下とかで売られている場合がある。

こういった商品を見たとき、本当に純正の商品だと思うだろうか。

僕は高確率でパチもんなんだろうなあと思いますよ。この記事を読んでいただいているみなさんもそう思ったはずです。

ですが、Amazonマーケットプレイスでは、こういった商品を個人が購入して、バラにして売ることも可能。

なので、オークションで競り落としたこのライトニングケーブルを1本ずつ出品して、純正のLightningケーブルを300円とかで売っても黒字になるわけです。

純正と書かれているから大丈夫だろうと思っていても甘い。純正という保証が一切ないショップでも、純正として普通に販売できるのだ。

なので、この「純正のLightningケーブル」は、Amazonで結構出品されている。本物もあるだろうけど、僕はあまり期待しないで買うべきだと思います。

プライムマークがついていて、ankerみたいにメジャーな企業が作っているケーブルを買ったほうがいいです。それか普通にApple Storeや家電量販店で買うか。Amazonで純正のLightningは買わないほうがいい。

あと最近知って偽物率にびっくりしたジャンルに、Chromecastがある。

Chromecastは動画配信サービスをテレビで見たいという人におすすめなデバイス。YouTubeやNetflixなどといったサービスをスマホやタブレットだけでなく、テレビでも見れる。なので、動画コンテンツを迫力ある画面で楽しみたいのなら、買ったほうがいい。

だが、AmazonをChromecastで検索すると、パチもんが多い。ここまでひどいのは久しぶりに見た。AmazonでChromecastは買わないほうがいいです。

なので、いつもならAmazonのリンクを載せるところを、Chromecastを紹介する際は楽天のストアのリンクを貼ることにした。もしChromecastが気になるのなら、Amazonで検索せずに、楽天とかで買うのがおすすめです。先程の青字をクリックすれば楽天のChromecastショップに飛びます。

 

Amazonとしては、Amazon Fire TV Stickを使ってくださいということでしょう。Amazon Fire TV StickChromecastと同じようなデバイスで名前の通りAmazonが作っているデバイス。

 

Amazon Fire TV Stick

ChromecastAmazon Fire TV Stickのどちらがおすすめなのかということに関しては、

「僕は4年くらいChromecastを使い続けるChromecastユーザーだけど、まだこういった類のデバイスを持っていない人には、Amazon Fire TV Stickがおすすめ」という感じ。

Amazonでセールしてる時にFire TV Stick 買って比較記事を書こうと思っていますが、とりあえず買ってない段階でも分かっているのは、

Chromecastはスマホ操作
Amazon Fire TV Stick はリモコン操作

ということですかね。

そして

Chromecastは、Amazonプライム・ビデオ,ディズニーデラックスが見れない
Fire TV Stickは、(dTVではなく)dTVチャンネルが見れない

ってことです。今の所分かっているのはこんな感じ。

Chromecastで見れないAmazonプライム・ビデオ、ディズニーデラックスは案外使い勝手がいいので、これが見れないのはちょっと残念。

まあこのことに関しては以前の記事を参考にしてほしい。プライム会員については後で触れるけど。

Amazonプライム・ビデオが見れるAmazonプライム会員のメリットまとめ

ディズニーデラックス評判・口コミ検証

話がそれまくったけど、AmazonでChromecastを検索すると、最新型の第3世代が見つからないし、どう見てもパチもんが純正のChromecastとして出品されているのだ、先程貼った楽天のリンクから出品されている純正と見比べればわかるけど、どう考えても違う。

なので、こういったデバイスは極力Amazonで買わないほうがいい。Amazon Fire TV Stickは確実に純正だけど。Amazonが作ってる商品だからね。プライムマークがついてるものを買えば大丈夫です。

とりあえずのまとめ

そもそもAmazonの口コミは使いこなせていない愚民のものが非常に多い。なのであまり参考にしないほうがいい。

だけど、その元凶とも言えるマーケットプレイスには質の悪いものや悪質な業者が売るものも紛れ込んでいる。

この劣悪な商品、偽物を避けるには、

・マーケットプレイスの商品を買わない。

・偽物が多いジャンルを知る。

べき。ただ、DVDとか本とかは、公式で買えば偽物や劣悪な商品に出会わないはずです。なので安心して買っていいと思う。

Amazon.co.jp

有料サービス・アマゾンプライム会員とは

では、先程もちょっと触れた有料会員、プライム会員について、ちょっとまとめておきます。これは以前の記事にも書いたけど、かいつまんで触れておきます。

「1日13〜14円支払えば、非常に文化的で、充実した生活を送ることができる」サービスです。

13円ですよ。時給800円と考えても、1分働ければ13円ちょっともらえます。

1日1分ぐらい働けば、映画もドラマも見放題、音楽も本も楽しむことができ、その他もろもろ便利なサービスを受けることができる。そんなサービスです。

Amazonプライム・ビデオで映画やドラマ、アニメやバラエティ番組などが見放題
プライム・リーディングで本がタダで読める
Kindleオーナーライブラリーの1冊をタダで読める
プライム・ミュージックで音楽聴き放題
プライム・ラジオ聴き放題
送料無料
お急ぎ便・日時指定便無料
Kindleが4000円引きに
プライム・フォトで写真が保存できる
プライムデーの参加権をゲットできる
アマゾンパントリーで日用品をまとめ買いできる
プライムNOWが使える
アマゾンフレッシュで生鮮食品が買える
プライムワードローブで試着ができる

といった特典がついてくる。(僕が特に便利だと思ったものは赤線を引いている)

これに入りますか?という話なんですよね。こう聞いて、入るべきなのかどうかを考えてみてください。

 

この料金について、詳細を書いていきます。

アマゾンプライムの料金は

通常会員

アマゾンプライムには、年間プランと月額プランがある。

年間プランの場合、税込み4900円。月額プランは500円だ

年間プランの場合、月額408円ということになるので、月額プランよりもお得だ。だけど、年間プランの場合は、年契約なのでやめたいと思ったときにやめられないというデメリットもある。

アマゾンプライム通常会員を無料で試す

学生の場合

学生だった場合、プライムスチューデントというプランになって、通常の会員よりも安くなる。4年間入ることができて、6ヶ月無料体験ができる。月額250円、年額2450円。通常会員の半額だ。

映画やドラマ見放題、音楽も聞けるし本も読めるといった、プライム会員のメリットを半額で体験できる上、本10%ポイント還元などといった、通常のプライム会員にはないサービスもある。

6ヶ月無料なので学生の方は気軽に体験してみてほしい。

プライムスチューデントを無料で試す

プライム会員とプライムスチューデントの料金面での違い

プライム会員年プラン→月408円、無料体験1ヶ月
プライム会員月プラン→月500円、無料体験1ヶ月

学生プライム会員年プラン→月204円、無料体験6ヶ月
学生プライム会員月プラン→月250円、無料体験6ヶ月

プライムスチューデントのほうが圧倒的にお得。Amazonはお金に困っている苦学生の味方ということ。

アマゾン・プライムはここが便利

Amazonプライム・ビデオ

僕はこういった記事も書くような映画好きなんですが、そんな僕でも配信数に驚く程度の量が配信されている。

2019年1月から3月に劇場で見た新作映画19本のレビュー

ストレス発散におすすめなアクション&コメディ映画56選

一度入ってみればわかりますけど、超見れますよ。半年くらいレンタルしなくても見る映画に困らないくらい普通に配信されている。

本が読み放題(プライムリーディング)

加えて、本も読み放題。Kindleのアプリを使っていろいろな本が読める。このサービスも案外ラインナップが充実している。

▷ ラインナップ一覧

プライムミュージック

あと、プライムミュージックで配信されている楽曲が、聴き放題。入ってみればわかるけど、案外聞ける。

ただこのサービス、曲が入れ替わって以前聞けた曲が聞けなくなったりすることもしばしばある。

昔はクイーンの『オペラ座の夜』というアルバムが入っていて、その中に入っているBohemian Rhapsodyなどといった楽曲を聞きまくっていたのに、もう今は聞けなくなったりとか。そういったこともある。

代わりにSomebody to Loveが聞けたりしたけど、そのかわりによく聞いてた曲が消滅することがよくあります。

『ボヘミアン・ラプソディ』レビュー

だが、Amazon Music Unlimitedに入ればそういった不満は解消する。

Amazon Music Unlimitedについては以前まとめたことがあるのでそちらを参考にしてほしい。

Amazon Music Unlimitedレビュー

音楽配信サービスに入ると、楽曲数が桁違いになって、聞きたい曲がほとんどある状態になる。

Amazon Music Unlimitedを無料で試す

プライム会員であれば

Amazon Music Unlimitedの料金が、この手の音楽配信サービスの最安値、月780円になる

というメリットもある。

Apple MusicやSpotifyプレミアムよりも安くなるのだ。

送料・お急ぎ便・日時指定無料

そして、送料無料が無料になる。

加えて日時指定&お急ぎ便も無料。会員じゃないと一定の金額買わないと送料がかかってくるし、お急ぎ便もお金がかかってくる。それがタダで何度も使える。

先程も書いたプライムマークのついている商品は、僕みたいに九州の田舎に住んでいても注文した翌日に届きます。これが無料。

と、いうのがアマゾン・プライムだ。これにその他の特典がついて、1日14円程度。時給800円としても1日1分くらい働けばこれだけの恩恵を受けることができる。

最近ちょっと値上げして、11円が14円くらいになったけど、絶対に入るべき。そしてAmazonプライムの値上げでお得度が増したのがこのAmazonゴールドカード年会費10800円を支払う代わりに

・Amazonプライムの会費が無料
・Amazonショッピングで2.5%のAmazonポイントを付与
・Amazon外のショッピングでも1%のAmazonポイントを付与
・全国主要空港のラウンジが使える

といった特典がついてくる。このカードの年会費は値上がりしていないので、以前に比べてこのカードのお得度が増したことに。

そして

・「マイ・ペイすリボ」(支払いが自動的にリボ払いになるシステム)に申し込むことで、年会費が半額(5400円)に
・「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで1080円引き(2年目以降)

といった割引サービスもある。リボ払いに関しては超注意しなければならないけど、使用金額の上限はかなりあげられるようなので、上限にいかないように設定すればリボ払いせずに済む。

これさえすれば6480円(2年目以降)の割引を受けれる。なので、実質4320円。プライム会員費より500円以上安くなってるのだ。

つまりプライム会員の特典+ラウンジ使えて通常より500円安いということになる。加えて見た感じポイントも貯まりやすそう。超お得。なので近々入るつもりです。無職だけど。

無職がゴールドカードに入会できるのかわからないけど手続きしてみようと思います笑

Amazonゴールドカード

アマゾン・プライムの評判を検証

公開日: 更新日: 公開日: 更新日: 公開日: 更新日: