東京都新宿区新宿のミニシアター/新宿シネマカリテのアクセス・映画館情報

東京都新宿区新宿のミニシアター/新宿シネマカリテのアクセス・映画館情報

東京・新宿区新宿にあるミニシアター、新宿シネマカリテのアクセス・映画館情報まとめ。

スポンサーリンク

雑記ブログから映画旅をメインコンセプトに活動することにシフトチェンジした本サイトでは、日本中のミニシアターを回って、まとめるつもりでいる。映画館ブロガーとして、行ったことのあるミニシアターをまとめるようにしている。

今回は東京旅行の時に訪れた新宿シネマカリテについて、簡単にまとめておきます。

新宿シネマカリテとは

新宿シネマカリテは新宿のミニシアターで、新宿武蔵野館の姉妹館。2012年12月にオープンした結構オシャンティーな劇場だった。今回僕は、福岡での上映がまだ決まっていないマッツ・ミケルセン主演作、『アダムズ・アップル』を見た。

アクセス

〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目37-12

新宿NOWAビル B1F

新宿駅東口を出てバスタ新宿の方向に向かっていったら途中のビルにある。

このビル。NOWAビルっていうらしい。DANCING CRUBの看板が印象的。

新宿シネマカリテの特徴

スクリーンは2つで、スクリーン1の座席数は96席、スクリーン2の座席数は78席。(wiki調べ)スタンダードな劇場と同じく指定席制。

比較的新し目な劇場だからか、外観からしてかなりおしゃれ。2つのスクリーンで様々な作品を上映しているようだった。

料金について

※2019年11月現在

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,100円

毎月1日 ファーストデー:
1,200円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,200円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 学生200円引
小田急ポイントカード割引:
当日料金 一般300円引 学生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※2019年10月1日(火)より学生割引適用の対象は、
専門学校・短大・大学・大学院生となります

作品傾向・座席の特徴

上映される作品の傾向としては、マイナーな劇映画が結構多い印象。「カリコレ」という特集上映を年に1度やっていて、この期間に特に、マイナーな作品がよく上映される。「カリコレ」は、カリテ・ファンタスティック・コレクションの略で、ファンタスティックな映画をよく上映している。今回見た『アダムズ・アップル』も、もともとそこで先行上映された作品のようで、なかなかトチ狂ったブラック・コメディで最高だった。

映画館の中は人が多くて撮れなかったけど、案外ギュッとしてる。コンパクトな劇場だった。座席は普通です。

まとめ

まあ、スタンダードなミニシアター感ありますが、おしゃれな劇場でした。水曜日に男性も安く映画を見れるというのも嬉しいところ。東京に引っ越したときは結構通いそうな気がします。もし見たい作品を上映しているのであれば、ぜひとも見に行ってみてください。

新宿シネマカリテ

『アダムズ・アップル』(2019年10月30日)

 

 

公開日: 公開日: 公開日: