スタバでお得なサイズは何?『スタバではグランデを買え』が間違えている理由

スタバでお得なサイズは何?『スタバではグランデを買え』が間違えている理由

スターバックスで最もお得なサイズについて。

スポンサーリンク

結論から言うと、スタバではグランデを買うな!ショートを買え!です。

いや、昔はグランデのほうがお得だったのかもしれませんよ。で、量で考えたらドリップのベンティが一番オトクです。

ですがトータルで考えると、ショートのドリップ&おかわりが最もお得です。その理由についてまとめていきます。

スタバのサイズについて簡単に

Short(ショート)240ml

Tall(トール)350ml

Grande(グランデ)470ml

Venti®(ベンティ)590ml

の4種類ある。

それぞれドリップコーヒーの値段は

Short ¥290

Tall ¥330

Grande ¥370

Venti® ¥410

こんな感じです。

スタバではグランデを買え!の理屈とは

では、『スタバではグランデを買え!』について書きます。

昔、『スタバではグランデを買え!』というビジネス本がヒットしました。

僕も高校のときくらいに読んだことがあります。その影響で、この本のタイトルの通り、スタバで最もコストパフォーマンスのいいサイズはグランデだとみんな思っている。

ここで書かれているグランデを買うべき理由とは、

ショートサイズに100円追加すればショートの2倍のコーヒーが飲める

から。

あとスタバにとってはグランデサイズを頼むお客さんのほうが、フードメニューを買ってくれたりするためみたいなことも書いてあったような。スタバにとっても、購入者にとってもWin-Winな関係になれるため、「スタバではグランデを買え!」と書かれていました。

なんかもうここで、ショートでもいいんじゃね?って思った人もいるはずです。

なんでこれが間違えているのかというと、『スタバではグランデを買え!』が書かれた当時はおそらくなかったであろう、ドリップコーヒーおかわり制度があるからですよ。

スタバではショートのドリップを買え!その理由

スタバではショートのドリップを買うべき理由、それは

ショートサイズをおかわりすれば、100円追加すればショートの2倍のコーヒーが飲めるから。そしてグランデサイズを頼んだときとは違って、コーヒーが冷えたり氷が溶けたりしない。別店舗のスタバでおかわりをすることも可能だから。

です。

『スタバではグランデを買え!』が書かれたときはなかったと思うんですよこの制度。今現在スタバでは、ショートサイズのコーヒーをおかわりして、2杯計399円(カップ値引き&消費税8%時)で飲むことができます。2杯目は店舗の移動もできます。なのでグランデサイズのコーヒーを頼むよりも、こっちのほうがいいんですよ。

まあでも、「ベンティおかわりしたほうが得じゃん」って言う人もいると思う。

グランデもベンティも、100円でおかわりできる。

要はグランデサイズを最初から頼めば、グランデサイズを2杯頼むことができるので、ショート4杯分のコーヒーを飲むことができる。ショートでおかわりしたときよりも100円高い料金で、ショート4杯飲めるので、普通に考えたらグランデのほうがお得だ。

トールサイズでも100円でおかわりできるし、グランデやベンティでもそうです。グランデサイズを最初から頼んだ場合、グランデサイズのコーヒーを100円でお変わりすることができます。

グランデ・ベンティをおかわりするデメリット

なので、グランデよりも量の多いサイズのベンティサイズが、最もコストパフォーマンスがいいことになるけど、なぜそれでもショートのほうが得だと言えるのか。

まあ普通に考えてくださいよ。一日にベンティサイズを2杯も飲めますか?

ベンティサイズ590mlありますよ。それを2杯飲むということは、1リットル以上ブラックコーヒーを飲むことになる。1日にそんだけの量、コーヒーを飲めますか?

頑張れば飲めますけど、絶対無理して飲まないと飲みきれません。美味しく飲めません。

僕、昔よく頼んでましたけど、飲みきったことありませんよ。だいたい2杯めの半分も飲みきれないまま、持ち帰ってました。

コーヒーを美味しく飲みきれる量の限度って、1日トール2杯くらいなんですよ。グランデとかベンティ頼んでもトール2杯分しか飲まないので、結局捨ててしまって損です。安売りだったから大量に買ってしまった食品を食べきれずに捨てるみたいな、そんな感じです。

1日1リットル、ブラックコーヒーを美味しく飲むことができる人なら、グランデ・ベンティのほうがお得ですよ。ですが、普通の人はショートやトール2杯飲むくらいが1日のコーヒーの量として適切なんですよね。

なので、トータルで考えるとどう考えてもショートやトールのほうがいいんですよね。

ショートがおすすめなその他の理由

トールのほうがお得なんじゃないかっていう人もいると思うので、そのことについても。

僕は2ヶ月くらい前までトールで頼んでました。ですが、最近はショートばかりです。トールおかわりでもいいけど、別にショートおかわりでも満足だなと思って、ショートばかり頼んでます。

ショートで頼んでも、トールで頼んでも、スタバで作業する時間はそんなに変わらないので、安いショートの方にしてるんですよね。ショートだとトールよりも数十円安くなるんでね。

コーヒーの量云々よりも、その空間にいれるかどうかが重要なので、コーヒーの量が少なかろうが関係がない。トールを頼んだとしても、ショートを頼んだとしても、スタバにいる時間自体は同じなので、トールより安いショートを頼んでいます。

今トールばかり頼んでいる人は、一度ショートのおかわりを頼んでみてください。2ヶ月前の僕がそうだったように、意外と満足できる量あってびっくりしますよ。

タンブラー選びも迷わず済む

あとタンブラーにおけるメリットに関してもちょっと触れておきます。

グランデサイズのタンブラーってあまりありません。ショートサイズやトールサイズのならいろいろありますけど、グランデやベンティに対応したタンブラーって、スタバではあまり取り扱っていません。

昔、グランデサイズのタンブラーを買おうとしても、スタバが出してるものがほとんどなくて、東京スカイツリーのスタバにしか置いていないものを東京旅行の時に買ったりしてました。(筆者の2014年頃の記憶です)

ですがいつもショートを頼む人はタンブラー選びにこだわらなくていいです。大体世の中に出回っているタンブラーはショートサイズのドリップコーヒーが入ります。

グランデサイズを頼もうとすると、キャンプ用水筒みたいなやつをいつも持っていかなければならないですが、ショートサイズしか頼まないのであれば、ショート〜トールサイズのタンブラーに入れてもらえばいいので楽。あと、グランデサイズほどの存在感がないので荷物にならない。

僕はトールサイズのものを使っています。このタンブラーについては後述します。

スタバによく行く人はタンブラーを買え!

スタバなどのカフェで作業をする人は、絶対タンブラーを購入したほうがいい。

前の記事を参考にしてほしいけど、簡単に言うと、

・コーヒーが冷えない

・アイスコーヒーの氷がなかなか溶けない

・結露しないのでアイスコーヒーを頼んでも机がビチョビチョにならない

・持ち運べる

などのメリットがある。コーヒーが安くなるだけじゃないし、こっちのメリットのほうが大きい。

スタバで2〜3時間作業しても、ぬるくなったコーヒー飲まずに済むわけです。普通に温かい状態のコーヒーを飲みながら作業できます。

なのでカフェによく行く人はタンブラーは購入したほうがいい。

おすすめのタンブラーは

タンブラーはネットで探せば、いろいろ見つかる。

こだわっている人はスタバデザインのタンブラーを検索して購入すればいい。

Amazonや楽天でスタバ タンブラーで検索すれば案外出てきます。

『スターバックス タンブラー』 検索結果 (Amazon)

『スターバックス タンブラー』 検索結果 (楽天)

メルカリに出ていることもあります。僕も1度出品したことありますし。レア物がリーズナブルな値段で買える可能性もあるので、まだ登録してない方は登録してどんな商品があるか探してみましょう。

僕のオススメはこれ。1年以上使い続けているやつです。

 

KINTO トラベルタンブラー(350ml)

スタバは、全く関係のないタンブラーを持っていっても注いでくれるため、普通に評判のいい実用的なタンブラーを購入して使っている。

いいタンブラーを確実に購入するには、スターバックスが出しているものよりも、こういったタンブラーのほうがいい。

トラベルタンブラーを謳っているだけあってバッグに入れても漏れないし保温性が高くて長時間持ち運んでても温かいまま飲めるタンブラーだ。あと派手じゃないのでテーブルに置いていても全然目立たない。

僕の一押しはこれです。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

スタバではグランデのドリップコーヒーを買わずに、ショートを頼んだほうがトータルでお得だし、タンブラーも小さいので済むのでおすすめという記事でした。

あとフラペチーノみたいな、ドリップじゃない飲み物を頼む場合にどのサイズが一番お得なのかということについては、ベンティが一番お得なんじゃないですかね。おかわりがないと効力を発揮しないので。まあただ、量にとらわれて自分がおいしいと感じない大きなサイズを頼むより、美味しく飲みきれるサイズを選んだほうがトータルで考えるとお得ですよ。参考にしてみてください。

公開日: 更新日: 公開日: 更新日: 公開日: 更新日: