時代劇

「パンク侍、斬られて候」
アナーキーすぎる原作小説の忠実な映像化

賛否両論。観客も批評家も、評価は絶賛と酷評の真っ二つに分かれている。 原作小説を先日読み終えたばっかりだし、石井岳龍監督作なので見てて損はないだろうと思いながら今回見に行った。 あらすじ ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこ の土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。次 […]