「早春-DEEP END-」
知る人ぞ知る傑作カルト青春映画・奇跡のリバイバル上映

2017年。 「フェリーニのアマルコルド」がディスク化、 「牯嶺街少年殺人事件」もリバイバル上映の後ディスク化した。 フェデリコ・フェリーニ監督作の中でも特に評価が高くキネ旬ベストテン1位の前者、 エドワード・ヤンの最高傑作ともいわれる後者とも、メディア化がVHSで止まっていた。 多くの映画ファン待望のDVD、Blu-ray化だった。 そして2018年。 2017年の後期に発表された二作品のディス […]

「ナチュラルウーマン」は予備知識なしで見たほうがいい

ナチュラルウーマン 今年のアカデミー外国語映画賞受賞作。 全く予備知識を入れずに見たんだけど、これ、 何も知らない状態で見たほうがいいと思いますよ。 なのであらすじも載せません。   この作品は○○を描いたものだが、 その○○を知らないほうが楽しめるんじゃないかと思う。 ここで書いている○○とは、この映画の一番重要なテーマのことで、 この作品を紹介している記事には間違いなく書いている。 […]

「ブラックパンサー」VSブラックパンサーイズム

ブラックパンサー シェイプ・オブ・ウォーター見た後、間髪入れずにブラックパンサーも見たんですけど、これも滅茶苦茶面白かったです。シェイプ・オブ・ウォーターの記憶がぶっ飛びそうでした。 あらすじ 若き国王ティ・チャラ、またの名を漆黒のヒーロー<ブラックパンサー>。 2つの顔を持つ彼の使命は、祖国である超文明国家ワカンダの“秘密” ──“ヴィブラニウム”を守ること。 それは、世界を破壊するパワーを秘め […]

「シェイプ・オブ・ウォーター」
傑作だから見て!酷評はすべてシカトしろ!

シェイプ・オブ・ウォーター 凄かった…開始1時間くらいずっと涙目でしたよ。 僕は「パンズ・ラビリンス」より好きでした。 あらすじ 1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、 秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。 アマゾンの奥地で神のように崇められていたという“彼”の奇妙だが、 どこか魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。 […]

「インサイド・マン」

インサイド・マン (字幕版) Amazonプライムで配信されてたから見たけど面白かった。 あらすじ ダルトン・ラッセル率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。事件発生の連絡を受け、ニューヨーク市警のキース・フレイジャーとビル・ミッチェルが現場へ急行。しかし、周到な計画のもと俊敏に行動する犯人グループを前に、フレイジャーたちも容易には動きが […]

第90回アカデミー賞感想

映画.comアカデミー賞特集ページ WOWOWに入っていないので結果しか見れていない。 早く一人暮らししてチャンネル加入したい。 大体下馬評通りだったんだけど、大番狂わせがありましたね。 「ゲット・アウト」ジョーダン・ピール脚本賞受賞 絶対に「スリー・ビルボード」が獲ると思われてたんだけど。 「ゲット・アウト」が受賞。 昨年見た映画の中で二番目に好きだった作品なのでうれしいです。 (一番はベイビー […]

グレイテスト・ショーマン 面白かった?(追記)

グレイテスト・ショーマン 賛否両論。 「めっちゃよかった~」っていうやつが周りにいたら 「そんなに面白かったか?」って内心思うだろうし、 「これはひどい。ひどすぎる」っていう人が周りにいたら 「そこまでひどいか?」って気持ちになる。 非常にややこしい。

午前十時の映画祭9の予想、というか要望

午前十時の映画祭 大学進学で関西に引っ越した時にはよく見ていた。 家から20分の距離にある映画館でやってたし梅田でもやってるからしょっちゅう見てた。 最初に見たのが「フォレスト・ガンプ」だったのは覚えてる。 学生最後に見たのは「浮雲」だったような。 4年間でいろんな映画を見た。 「リオ・ブラボー」のような見る前まで知らなかった傑作、  「ベン・ハー」や「ドクトル・ジバコ」みたいな見といたほうがいい […]

1 20 24