※当サイトにはプロモーションが含まれます。

Paramount+(パラマウントプラス)のコンテンツを見る方法

パラマウントプラスは、米国の大手メディア企業パラマウント・グローバルが提供する定額制動画配信サービスである。豊富な映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなど、多彩なコンテンツが魅力である。日本でも人気のある作品が数多く配信されており、今後の配信予定も注目されている。

日本では、WOWOWオンデマンドとJ:COM STREAMでParamount+のサービスが2023年12月1日(金)に開始することが発表された。

ただ、厄介なことに、これらのサービスに入ったからといってパラマウントプラスのコンテンツがすべて見れるというわけではない。

本記事では、WOWOW、Amazonプライム・ビデオチャンネル、U-NEXTを使ってパラマウントプラスのコンテンツを見る方法を詳しく解説する。各プラットフォームの特徴や視聴可能なコンテンツについてまとめたので、ぜひご参考にしてほしい。

Paramount+( パラマウントプラス)とは何か

パラマウントプラス(Paramount+)は、米国の大手メディア企業パラマウント・グローバルが提供する定額制動画配信サービス。コロナ禍頃から、映画会社が動画配信サービス事業を立ち上げることが多く、ディズニーのディズニープラス、ワーナーのMax(旧HBO Max)などが登録者数を伸ばしている。

パラマウントプラスも名前通り、パラマウントがやっている動画配信サービスで、パラマウントが制作してきた映画だったり、ドラマやアニメなどが見放題になる。

2023年12月1日から、日本でもWOWOWオンデマンドとJ:COM STREAMを通じてサービスが開始されることが発表された。これにより、日本の視聴者もパラマウントプラスの人気作品を楽しむことができるようになった。

配信される主なコンテンツは、

・オリジナルシリーズ:『タルサ・キング』『メイヤー・オブ・キングスタウン』『スター・トレック ディスカバリー』など
・ハリウッド映画:『ミッション:インポッシブル』『バンブルビー』『G.I.ジョー』など
・CBSの人気ドラマ:『CSI:科学捜査班』『NCIS: ネイビー犯罪捜査班』など
・アニメ『スポンジ・ボブ』『サウスパーク』など
・SHOWTIMEの人気番組:『デクスター』『レイ・ドノヴァン』など

がある。

 パラマウントプラスのコンテンツを見るには

Paramount+に入会するには、WOWOWに入会してWOWOWオンデマンドで見るという方法と、Amazon プライム・ビデオチャンネルでParamount+に入会する方法がある。

J:COMで入会するという方法もあるようだが、パラマウントプラスに入会するためだけに入る人はほとんどいないと思う。ざっと見た感じそんなサービス内容だった。

一応調べるつもりではいるが、これ目的で入る人は0に近く「J:COM使ってたらパラマウントプラス見れるようになってたラッキー!」みたいな人ばかりだと思うので、一旦置いておく。

WOWOWオンデマンド経由で見るという方法と、Amazonプライム・ビデオチャンネルでパラマウントプラスのチャンネルに契約するという方法がメジャーな方法だ。

ただ、厄介な点がある。海外でパラマウントプラス独占配信されているオリジナルコンテンツが、日本ではパラマウントプラスで見れず、U-NEXT独占配信の場合があるのだ。

例えば、海外のパラマウントプラスではオリジナルコンテンツとして人気を博している『イエローストーン』シリーズは、パラマウントプラスでは見れない。U-NEXTで独占配信されている。

なぜかというと、2021年2月にパラマウントグローバルとのライセンス契約締結を発表していて、2023年12月になってからもライセンス契約を行ったからだ。

つまり、日本でParamount+(パラマウントプラス)のサービスが始まる前にパラマウントプラスの一部のオリジナルコンテンツを独占配信していたU-NEXTが、今も独占配信している場合があるということだ

そのため、あるパラマウントプラス独占配信オリジナルコンテンツが見たいと思ってパラマウントプラスに入っても、見れない可能性があるということだ。

『タルサ・キング』が見たいというだけなら通常のパラマウントプラスに入会すればいいだけの話だが、『イエローストーン』シリーズが一番みたいというならU-NEXTに入ったほうがいい、というか、パラマウントプラスに入るのは無駄ということだ。

続いて、WOWOW、Amazonプライム・ビデオチャンネル、U-NEXTを利用してパラマウントプラスのコンテンツを見る方法について詳しく解説する。ただ、この3つの方法、金額が全く違う。

WOWOW・・・月額2,530円

Amazonプライム・ビデオチャンネル・・・プライム代(月額の場合600円)+月額770円

U-NEXT・・・月額2189円(1200円分のU-NEXTポイントを内包)、もしくは無料体験(600円分のU-NEXTポイントを付与)

このような違いがある。では、WOWOWに入会してパラマウントプラスのコンテンツを見る場合についての解説にうつる。

1.WOWOWで見る方法

 

 

WOWOWは24時間フルハイビジョン3チャンネル、すべての番組が録画できる有料チャンネル。料金プランは、3種類のチャンネルが2,530円で観られるプランの1種類のみ。

WOWOWに加入すれば3つのチャンネル、「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」が見れるようになる。

BSの9番を押せばWOWOWになり、赤青緑黃の4色ボタンで選ぶというような感じで見ることができる。

なので、スカパーの映画有料放送2〜3ch分に匹敵するような量の作品が放送されているということになる。

他にもWOWOWに入会すれば、スマホやパソコンで動画が観られる「WOWOWオンデマンド」も見ることができる。

まあこれはNetflixなどに代表される動画配信サブスクで、WOWOWで放送されない作品も見ることができたりする。特に強みを持っているのはWOWOW独自のオリジナルコンテンツで、最近は米国などで急成長しているParamount +のコンテンツも見ることができる。

WOWOWの強み

WOWOWでは映画を大量に放送していて、大量に放送しているイメージのあるスターチャンネルの数倍は放送しているんじゃないかと思えるくらい放送している。

数百本は放送しているんじゃなかろうか。劇場公開が終了してばかりの新作映画からその映画に関連する旧作映画、準新作映画、名作旧作映画などを大量に放送している。

そしてWOWOWの一番の強みはそれらを保存(録画・ダビング)して解約した後にも見れるということ。NHKで放送された映画をほぼ録画して保存する習慣のある僕はWOWOWに入ってから何百枚とダビングをした。

その結果、新作映画は8割、名作旧作映画の7割がたは家の中を探せばあるんじゃないかみたいな状況になっている。

つまり2020年~2023年頃に新作映画として人気だった『パラサイト 半地下の家族』『RRR』『ドライブ・マイ・カー』『トップガン マーヴェリック』のような作品から、『ニューシネマ・パラダイス』『七人の侍』みたいな作品までめちゃくちゃな量の作品をサブスクに入らずとも見ることができる。

サブスクに入らないと見れないならまだしも、サブスクで配信されていない作品も中にはあったりする。そういう結構レアな作品も案外放送されているので、録画しておけばいつでも見れるようになってお得だ。

僕みたいにHDDを酷使しなくとも、月に何十本か見たい映画を録画していたら、普通に元は取れるくらい充実した映画生活が送れると思う。

また、WOWOWはオリジナルドラマを強みとしていて、良質な作品を色々とつくっているし、三谷幸喜の舞台などといったエンタメもかなり放送されている。色々なアーティストのライブ映像もかなり放送しているので、音楽が好きな方にもおすすめできる。映画だけでなくエンタメ全般激強サービスがWOWOWである。

WOWOWってスカパーとか入らなくても入れるの?

僕が昔から、WOWOWを見るには特殊な工事が必要と思い込んでいた。そういう人は他にもいるかもしれない。だけどBSが見れる環境なら見れるし、スカパーとかに入らなくてもWOWOWだけ契約することができます。

スカパー経由でも入れますがほとんどの場合はWOWOW単体で入った方がお得なので単体で入るのをお勧めします。

WOWOW契約の際に知っておくべきこと

WOWOWは最近システムが変わった。初月無料キャンペーンを取りやめたのだ。この初月無料キャンペーンは実質、2ヶ月、1ヶ月分の料金で使うことができるというもので、申し込み月の月額視聴料はかからないが、解約は契約の翌月から。そのため、2ヶ月2530円で体験できるという感じだった。

だが最近なくなって、1ヶ月2530円になった。

なのでお得じゃなくなったのだが、裏技がある。この裏技を使えば今も初月無料でWOWOWを体験することができる。

WOWOWを初月無料で体験できる方法

正直言っていつかなくなる可能性が高いので早めにやっておいたほうがいいと思う。

    WOWOWに契約する手順

    では、WOWOWに入る手順について、簡単にまとめてみます。

    ホームページにアクセス
    ②情報を登録
    ③テレビで15分待つ

    という手順だけです。

    まず、ホームページにアクセスします。

    そして、住所とか名前とか、入会の際に必要な情報を登録します。オンデマンドのみの入会なのであれば必要ないですが、B-CASカード番号を準備しましょう。

    B-CASカード番号は、テレビでWOWOWのチャンネル(BS9)に切り替えれば、番号がでてくるので、それをメモしてください。

    そういったものを入力して送信すれば、WEB会員IDが届きます。

    で、待ったらテレビで見れます。選局して15分程度待てば見れるらしいです。

    ですが、深夜に登録した場合は15分待っても見れません。僕は深夜12時に契約したので、見れませんでした。1時とかまで待っても見れません。ですが、翌日の早朝に見れるようになりました。9時くらいに見れると公式サイトで書かれてましたが、僕の場合は7時くらいに見れました。

    深夜に登録した場合で、ちゃんとWOWOWに加入できたのかを確認したい場合は、WOWOWオンデマンドのサイトに行ってみて、WEB会員IDとパスワードを入力してログインしてみましょう。

    そして普通に見ることができるようになったら、翌日早朝から見れます。

    テレビで見ることができなくても、パソコンやスマホでは見れるようになっているので登録は完了しています。早朝からテレビで見れるということです。

    と、こんな感じで書いていきましたが、一言でいうと「思ってたよりめっちゃ楽」です。

    WOWOWオンデマンド経由で見るメリット・デメリット

    Paramount+(パラマウントプラス)のコンテンツは、WOWOWオンデマンドに追加されていて、そこから見れるようになっている。WOWOWに入れば、WOWOWオンデマンド経由でパラマウントプラスのコンテンツを見ることができる。

    これをどう思うかは人それぞれだろう。なんせ月額2,530円だ。Paramount+(パラマウントプラス)のいくつかのドラマを見るだけでそれだけの金額を払うと考えるとバカ高く感じる。例えば、Netflixだと1000円程度の場合が多いが、倍くらいする。いくら何でも高すぎると思う人も多いかと思う。

    ただWOWOWの機能自体は、2,530円が妥当な金額に思えるくらい、凄まじい。

    WOWOWでは新作映画を筆頭に舞台、コンサートなどさまざまなエンターテイメントが3チャンネルでひっきりなしに放送されている。それを録画すれば、解約したあとにも見ることができるというのがWOWOWの大きなメリットだ。

    そしてWOWOWオンデマンドでは、WOWOWで放送されたばかりの新作映画なども配信されている。他のサブスクでは有料レンタル配信されているような新作映画が、見放題で配信で見れるというのも大きな特徴の一つだ。

    これらの機能が魅力的に思えたのなら、WOWOWはおすすめだ。そのおまけとして、パラマウントプラスのコンテンツが見れると考えると、よりコスパよく感じるはずだ。

    2.Amazonプライム・ビデオチャンネルで見る方法

    料金:月600円/年契約は5980円

    Amazonプライムとはなんなのかについてざっくりと書くと、「1日10数円支払えば、非常に文化的で、充実した生活を送ることができる」サービスです。

    まず、

    送料無料
    お急ぎ便・日時指定便無料

    という、Amazonユーザーならありがたい特典を受けることができます。

    送料を無料にするために一緒に購入するものを考える手間が省けて、頼みたいものだけをすぐに購入できる。お急ぎ便が使えるので頼んだ翌日に届く。福岡の田舎に住んでいたとしても、すぐに注文した商品が届くし、日時指定便も無料になる。月600円or年5900円でこういう特典がついてくるというのがAmazonの有料会員、Amazonプライムです。

    で、Amazonプライムには他にも、

    • Prime Video
    • Prime Videoチャンネル

    • Amazon Music Prime
    • Amazon Photos
    • Amazonフレッシュ
    • Prime Try Before You Buy
    • プライム会員限定先行タイムセール
    • Prime Reading
    • Amazon Music Unlimited
    • ベビー用おむつとおしりふきの15%OFF割引
    • Prime Gaming
    • 家族と一緒に使い放題
    • プライム限定価格
    • らくらくベビー

    といった特典も、おまけとしてついてきます。正直言って僕もあまり把握出来ていないんですが(笑)、端的に言ってAmazonプライムビデオとプライム会員限定セールだけでも十分の価値があるような、そんなサービスです。

    Amazonプライムはお家簡易図書館

    Amazonプライムに入れば、どんな辺鄙なところに住んでいてもAmazonが出品する商品は無料で届けてくれるし、どんなに周りにTSUTAYAや映画館、図書館等がなかったとしても、本・映画・ドラマを最低限(にしてはかなり多いが)楽しめるという、月600円のお家簡易図書館です。

    図書館に行けば、本を無料で借りることができて、昔の映画もできたりしますよね。あんな感じの特典が、月600円で家から一歩も出なくても楽しめるというのが、Amazonプライムです。

    まず、本が読み放題。Kindleのアプリを使って、タブレットを持っていなくてもスマホから、いろいろな本が読める。このサービスも案外ラインナップが充実している。

    この本読み放題サービス、プライム・リーディングは、Kindle Unlimited という強化版のサービス(名前通り音楽で言うAmazon Music Unlimited)もありますが、プライムリーディングだけでも十分読めます。普通に光文社古典新訳文庫とかも何冊か読めるので便利です。

    ▷ ラインナップ一覧

    音楽や本が楽しめるという他にも、限定セールに参加できたりするといったような特典がありますが、その中でも一番すごいのが、Amazonプライム・ビデオです。

    映画・ドラマ・アニメが楽しめるAmazonプライム・ビデオ

    Amazonプライム・ビデオでは、月600円のAmazon送料・お急ぎ便・日時指定便無料のおまけとしてついてくるとは思えないほどの、おびただしい量のコンテンツが見れるようになります。

    NetflixやHulu、U-NEXTなどといった他の専門的な動画配信サービスよりは、若干少ないような気もしますが、おまけとは思えないほどコンテンツが充実していて、名作海外ドラマとかがめちゃくちゃ見れます。

    職業柄、色々な動画配信サービスを体験する必要があるので僕はいろいろなサービスに入っていますが、ぶっちゃけ言うと、普通の人は最悪Amazonプライム・ビデオさえ入っていれば見るコンテンツに困らないと思います。それくらい見れるコンテンツは充実しています。

    Amazonプライム・ビデオでは、U-NEXTとかでは高いレンタル代を支払わないと見れないような新作映画とか、DVDになっていない・レンタルで置いていないようなレアな映画とかも、見放題作品として配信されていることがあります。

    また、別途レンタル代はかかってきますが、DVDとして発売されていなかったり、レンタルDVDショップに置いてなさそうな作品もレンタルで見れたりするので、かなり優秀な動画配信サービスです。

    このAmazonプライム・ビデオが見れる上、本や音楽も楽しめて、Amazonの送料関係が無料になるという、お金がない人も絶対に入ったほうがいい(というかお金のない人は他を削って娯楽・書籍代等をこれ一本にするべき)サービスが、Amazonプライムです。

    Prime Videoチャンネルとは

    で、プライム・ビデオ・チャンネルとはなにかというと、このAmazonプライム・ビデオ内の有料チャンネルで、プライムビデオの内容を拡張できるというものです。

    Amazonプライム・ビデオに入った人、つまりプライム会員が入れるチャンネルで、課金することによって、いろいろなチャンネルのコンテンツが見ることができ、プライムビデオよりもコンテンツ量がリッチになります。

    例えば、メジャーなPrime VideoチャンネルにNHKオンデマンドがあります。

    プライムビデオ(月600円or年5980円)に、月990円追加することによって、NHKのコンテンツが見放題になるというサービスで、例えば、

    ・最新の朝ドラや大河
    ・あまちゃん
    ・いだてん
    ・龍馬伝
    ・映像の世紀
    ・100分de名著

    などといった大河とか朝ドラ、ドキュメンタリーが見放題になったりします。録画し忘れた場合だけでなく、昔の朝ドラが見たいと思ったときに使えばレンタルDVDを借りるよりも高画質で、お得に見ることができるのがNHKオンデマンドです。

    NHKオンデマンドが有料なのはおかしい?理由を解説

    まあでも、とりあえずはプライム・ビデオだけで十分なくらい、いろいろなコンテンツが見ることができます。Amazonを気軽に買い物できる+α、いろんなコンテンツが見れて月600円なので、一度は試してみるべきだと思います。

    Amazonプライムをチェックする

     

    アマプラ経由でパラマウントプラスに入会する場合は、プライム・ビデオチャンネル契約になる。

    映画に強いプライム・ビデオチャンネルまとめ

    月額料金は770円。WOWOWと比較すると圧倒的に安い。

    ただ、パラマウントプラスのコンテンツを見るためだけにこの金額を払うのはちょっと……。と思う人も多いと思う。というのも、この金額はNetflixの広告ありプランとそこまで変わらない料金だ。Netflixと比較するとコンテンツ量が弱い。後述するように、U-NEXTのほうが見れる場合が多いし、コスパ悪い。

    また、パラマウントプラスのみの入会だと1000円を超えてくる。プライム代を支払わなければならないからだ。既にプライム会員で、Prime Video等の機能を使いこなしている人ならいいと思うが、これ目的でAmazonプライムに入るのはあまりおすすめできない。正直、僕はコスパ悪いと思う。

    これよりももっとお得なサブスクはたくさんあるし、WOWOWラバーな僕としては圧倒的に1のほうがお得に感じる。

    3. U-NEXTで見る方法

    U-NEXTを簡単に説明すると

    • 見放題作品29万本、レンタル作品4万本(2023年8月時点)配信の動画配信サービスで、月額は1990円(税込2189円)。
    • 毎月1200(円分の)ポイントがついてきて、最新作のレンタルや書籍・コミックの購入、映画館でのチケットの割引などに使うことができる。(無料体験時は600ポイント)
    • 4アカウントまで作れるため、4人家族の場合実質500円で使うことができる。
    • スマホやタブレットだけでなく、テレビで見ることもできる。

    というようなサービス。

    U-NEXT

    コンテンツの傾向的には名作映画・ドラマ・アニメなどのバリエーションがえげつなく、ほとんど見れると言っても過言ではないくらい充実している。

    わかりやすくいうならTSUTAYAが選ぶ名作映画100本のほとんどを見れるというような感じ。

    そしてコロナ禍の間にリニューアルして、HBO MAXのコンテンツも見放題で見れるようになった。

    『チェルノブイリ』『バンド・オブ・ブラザース』などといった名作ドラマ、『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』『ピースメーカー』などといった注目コンテンツも独占配信されている。

    また、Paraviのコンテンツも見れるようになったので、『半沢直樹』『水曜日のダウンタウン』などといったTBSの人気コンテンツ、テレ東の番組なども見ることができる。

    月額は2189円の動画見放題サービスではあるものの、新作のレンタルや映画館、電子書籍の購入などに使えるU-NEXTポイントが1200円分もらえるので、税込みの場合実質989円というサービスだ。実質的な価格は高いというわけでもないので映画などのエンタメが好きなら間違いなくおすすめできる動画配信サービスです。

    U-NEXTはもう、今となっては申し分のない動画配信サービスに進化していて、「実は劇薬」というサービスから「ただの劇薬」でしかないサービスへと化している。

    パラマウントプラス入会で見れないコンテンツは、こちらで見ることになるだろう。特に僕の場合は、パラマウントプラスのオリジナルコンテンツといえば、『イエローストーン』の印象で、いつか見てみたいと思っていたのだが、こういう場合はU-NEXT契約で見ることになる。また、『CSI:科学捜査班』とかも、パラマウントプラスで見るよりこっちのほうがよさげである。配信数が全然違う。昔からあるオリジナルコンテンツ、ドラマシリーズはこちらのほうが圧倒的に見れる印象が強い。

    U-NEXTの一番の強みは、無料トライアルを行っているという点だろう。WOWOWは初月無料ではなくなったし、プライム・ビデオチャンネルも無料トライアルがない。WOWOWには、初月無料キャンペーンなき今も初月無料で体験できる裏技があるのだが、それでもお金はかかる。

    初月無料キャンペーンなきWOWOWを初月無料で体験する方法

    U-NEXTは通常、31日間の無料トライアルを提供している。600円分のU-NEXTポイント付きだ。初めての利用者はこの期間中にパラマウントプラスのコンテンツを無料で楽しむことができる。

     まとめ

    パラマウントプラスのコンテンツを見る3つの方法を比較すると、こうなる。

    WOWOW・・・月額2,530円。
    高額だが、WOWOWのおまけでパラマウントプラスを見ると考えるとコスパいい。WOWOWの一番の強みは大量のコンテンツを見れる上録画できること。その機能を使いこなせばコスパはいい。

    Amazonプライム・ビデオチャンネル・・・プライム代(月額の場合600円)+月額770円
    パラマウントプラスのコンテンツのみ見放題でこの金額と考えると、コスパはあまりよくない印象

    U-NEXT・・・月額2189円(1200円分のU-NEXTポイントを内包)、もしくは無料体験(600円分のU-NEXTポイントを付与)
    日本版パラマウントプラスでは配信されていない作品が見れる場合が多い。他にも見放題配信されている海外ドラマの量が凄まじく、他のジャンルも大量に配信されている。高い劇薬だがポイントのことを考えると実は安い。

    というような感じになる。

    パラマウントプラスに契約する方法は2つあるが、僕的には圧倒的にWOWOWのほうがお得に感じる。なので、見たいコンテンツを比較して、WOWOWに入ったほうがお得に感じるのならWOWOW、U-NEXTのほうがよさげならU-NEXTというような選び方をすると思う。

    パラマウントプラスのオリジナルコンテンツが気になっても、一旦検索する必要がある。パラマウントプラス独占配信としか思えない作品なのにU-NEXTでしか配信されていないということが起こり得るからだ。入会したのに見たいと思った作品が配信されていなかったということがないように、入会前に見放題配信されているかどうか確認するのをおすすめします。

    ※本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

    おすすめの記事