NetflixとWOWOWを徹底比較。

スポンサーリンク

どちらも今入会している僕が、NetflixとWOWOWのメリット・デメリットをまとめていこうと思います。

端的に言えば、映画を見るならWOWOW、オリジナルコンテンツを見るならNetflixです。

この記事を書いている人の信頼性

この記事を書いている僕は、普通の人に比べると映画には結構詳しいほうです。

2019年は劇場で100本以上映画を見たし、動画配信サービスやレンタルでも見ているし、旅行先ではなるべくご当地ミニシアターで映画を見るような感じです。上には上がいますが、まあ、結構詳しい方だと思います。少なくとも、ネットでこういう記事を書いているサイト運営者の中では映画などのコンテンツにかなり詳しい方です。

2019年見た新作映画ベスト10とランキング50/2019年映画を振り返る

あと映画関連サービスのレビュー記事も、実際に体験してみて、本サイトでいろいろ書いてます。

U-NEXTレビュー
Amazonプライムレビュー
ディズニーデラックスレビュー

Netflixレビュー
dTVレビュー
DMM見放題レビュー
ゲオ宅配レンタルレビュー(悪い評判を検証)
WOWOWがおすすめな理由

ーーー

洋画(外国映画)に強い動画配信サービスはどれ?映画好きがガチセレクト

邦画に強い動画配信サービスはどれ?映画好きがガチセレクト

ディズニー映画に強い動画配信サービスはどれ?映画好きがガチセレクト

色々な映画サービスを体験した僕が、WOWOWとNetflixのメリット・デメリットをまとめていこうと思います。

前提として

本記事では、映画好きにおすすめな2つのサービス、NetflixとWOWOWについて、徹底比較してみる。様々な特徴から比較し、どちらのほうがコスパがいいのか、コンテンツが見れるのか等についてを考えてみた。

だが、どちらのほうがおすすめかとは言い切れない。どちらもいいところ・弱いところがあるからだ。

例えばマクドナルドとモスバーガーを比較した場合、絶対にマクド!とか絶対にモスのほうがいい!とは言いづらい。ジャンキーなポテトが食いたいんならマクドナルドのほうがいいだろうし、新鮮な野菜を使ったバーガーが食べたいとかオニオンリングが食べたい気分だったらモスを選んだほうがいいでしょう。

今回取り扱うWOWOWとNetflixも同じです。どっちが優れているかなんて書くことはできません。どっちを選ぶかは人次第だからです。

WOWOW一択とかNetflix一択とかはかけないですが、選ぶ基準としてメリット・デメリット、それぞれのサービスの特徴についてまとめてみたので、どちらに入ったほうがいいのか悩んだ際に、是非参考にしてみてください。

じゃ、まずNetflixのほうから特徴とか見れるコンテンツについて解説します。

Netflixの特徴

Netflixはもはや通販で言うAmazon、スマートフォンでいうiPhoneのような、圧倒的な王者になりつつあるVOD。世界的なシェアで他のサービスを圧倒している。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)は、視聴者が観たい時にいろいろな映像コンテンツを視聴することができるというサービス。スマホからでもパソコンからでも、対応機種ならテレビからでも見れるような動画配信サービスのことをVODという。この代表格であるNetflixは、月に1000円程度支払えば表示されるコンテンツのすべてが見放題になるというサブスクリプションスタイルの、動画配信サービスだ。

これから、Netflixに入ったことがないというのはAmazonを使ったこと無いレベルの話になってくる。なので、いつかは入ったほうがいいと思う。NetflixとAmazonプライム・ビデオは、一昔まえの新聞みたいなサービスになりつつある。定期購読していないと驚かれるような、そんなサービスだ。

Netflixに入るべき一番の理由、それは「オリジナルコンテンツが世間の話題になるレベルになっている」から、というものがある。実際2019年のアカデミー賞で最も注目されたことは「Netflix製の映画が作品賞を獲れるか否か」だった。このアカデミー作品賞最有力候補『ROMA/ローマ』は結局受賞はできなかったものの、最多部門ノミネートされ、非常に高い評価を受けた。

この作品は『ゼロ・グラビティ』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などで知られるアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。映画好きが2018年公開作で最も注目する作品の一つだった。実際僕は『ROMA/ローマ』を見るために、はじめて入会した。そういう映画好きは多いと思う。

そして2020年のアカデミー賞でもNetflix勢が大躍進。『アイリッシュマン』や『マリッジ・ストーリー』などといった作品が作品賞候補になり高い評価を受けた。その他にも、『アナイアレイション』や『7月22日』、『イカロス』『13th -憲法修正第13条-』『最後の追跡』『Okja/オクジャ』などといった賞レースを賑わせた映画・ドキュメンタリーがNetflix独占配信。

そして先程でてきた『Okja/オクジャ』は『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督の前作だ。オリジナルコンテンツとして製作された映画なので、今の所Netflixでしか見ることができません。

こういうコンテンツを見れるか否か、それだけでNetflixに入る価値があります。

WOWOWの特徴

WOWOWは24時間フルハイビジョン3チャンネル、すべての番組が録画できる有料チャンネル。料金プランは、3種類のチャンネルが2,300円で観られるプランの1種類のみ。

WOWOWに加入すれば3つのチャンネル、「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」が見れるようになる。

BSの9番を押せばWOWOWになり、赤青緑黃の4色ボタンで選ぶというような感じで見ることができる。

なので、スカパーの映画有料放送2〜3ch分に匹敵するような量の映画が放送されているということになります。

他にもWOWOWに入会すれば、スマホやパソコンで動画が観られる「WOWOWオンデマンド」や、映画のチケット(ムビチケ)などが安く買えるサービスも使うことができるようになったりもする。

WOWOWに入ることで見れるようになるコンテンツ(映画に関して)については後述します。

WOWOWってスカパーとか入らなくても入れるの?

僕が初めてWOWOWを契約するにあたって疑問に思ったことについてちょっと触れておきます。スカパーのアンテナとか、そういうやついらないの?ということ。ケーブルテレビとかに入らなくても見れるのかということ。

昔から「WOWOWみたいな有料チャンネルはアンテナ工事しないと見れない」みたいなイメージがあった。だけどそれは昔の話。WOWOWはケーブルテレビとか入っていなくても、BSが見れる環境なら見れるし、スカパーとかに入らなくてもWOWOWだけ契約することができます。

WOWOW契約の際に知っておくべきこと

WOWOWに入る際知っておいたほうがいいことは、箇条書きにすると、

  • 申し込み月の月額視聴料はかからない。だが、解約は契約の翌月より可能になる。そのため、無料体験したとしても、2300円はかかってくる。
  • 解約の翌月に再度契約申し込みした場合は、契約が成立した月の視聴料が発生する。
  • 月刊プログラムガイドつき
  • 支払い方法は月単位で、クレジットカードまたは口座振替。
  • 解約を希望する場合は、契約成立月の翌月以降に契約者本人が申し込みしなければならない。
  • 解約手続きをした月の月末をもって解約成立。つまり、月の上旬・中旬・下旬いつ連絡しても、月末まで視聴できる。

重要な点は2つ。

申し込み月の月額視聴料はかからないが、解約は契約の翌月から。そのため、2ヶ月2300円で体験できるという感じです。

また、解約はいつしても月末まで見れます。U-NEXTとかは解約したら即見れなくなりますが、解約しても月末まで普通に見れるようです。

WOWOWに契約する手順

では、WOWOWに入る手順について、簡単にまとめてみます。

ホームページにアクセス
②情報を登録
③テレビで15分待つ

という手順だけです。

まず、ホームページにアクセスします。

そして、住所とか名前とか、入会の際に必要な情報を登録します。

その際、必要になるのが、B-CASカード番号クレジットカード番号

B-CASカード番号は登録するテレビでWOWOWを見れるようにするために必要。また、支払い方法は口座振替も選ぶことができますが、クレジットカード番号が登録の際に必要になってきます。

B-CASカード番号は、テレビでWOWOWのチャンネル(BS9)に切り替えれば、番号がでてくるので、それをメモしてください。

そういったものを入力して送信すれば、WEB会員IDが届きます。

で、待ったらテレビで見れます。選局して15分程度待てば見れるらしいです。

ですが、深夜に登録した場合は15分待っても見れません。僕は深夜12時に契約したので、見れませんでした。1時とかまで待っても見れません。ですが、翌日の早朝に見れるようになりました。9時くらいに見れると公式サイトで書かれてましたが、僕の場合は7時くらいに見れました。

深夜に登録した場合で、ちゃんとWOWOWに加入できたのかを確認したい場合は、WOWOWオンデマンドのサイトに行ってみて、WEB会員IDとパスワードを入力してログインしてみましょう。

そして普通に見ることができるようになったら、翌日早朝から見れます。

テレビで見ることができなくても、パソコンやスマホでは見れるようになっているので登録は完了しています。早朝からテレビで見れるということです。

と、こんな感じで書いていきましたが、一言でいうと「思ってたよりめっちゃ楽」です。見れるコンテンツに関しては、「それぞれを比較」の「WOWOWで見れる映画の量を簡単に解説」で詳しく解説します。

それぞれを比較

料金プラン

WOWOWの場合

WOWOWの場合は2300円です。動画配信サービスと比較するとやはり高いです。

ただ、これを高いと思うのか否かは人次第だと思います。後述しますが、WOWOWはレンタルしないと見れないような新作・準新作映画などが、大量に録画できます。

そのため、僕は安いと思います。

Netflixの場合

公式サイトより引用

Netflixは、最安800円のベーシックコースから4KUHDに対応していたり同時視聴台数が増えたりなどという特典のついたプレミアムコースがある。

見れるコンテンツは変わりなく、画質が主な違い。一人暮らしとかだったらベーシックで十分だと思います。ただ、きれいな映像でみたいなどといったこだわりがあるんだったらスタンダード以上のほうがいいかも。その場合だと、1000円以上かかってくるので、500円とかで見れる他の動画配信サービスと比較すると結構高めになってきます。

無料体験があるかどうか

WOWOWの場合

あります。ただ、完全無料ではありません。

さっきも書きましたが、申し込み月の月額視聴料はかからないですが、解約は契約の翌月より可能になる。そのため、無料体験したとしても、2300円はかかってくる。2020年6月に契約した場合、6月分は無料で見ることができますが、その時点で解約することはできず、2020年7月分の使用料を支払う必要があります。

Netflixの場合

最近なくなりました。残念!

もう世間一般に十分浸透したんで、無料体験やめたんでしょうね。

見れるコンテンツ

WOWOWで見れる映画の量を簡単に解説

続いて簡単にWOWOWで見れるコンテンツがどれくらい多いのかについて書いていきます。僕が3年以上録画し続けているBSプレミアムの映画と比較して、考えてみましょう。

BSプレミアムシネマの場合

僕はNHKBSプレミアムの映画を録画し忘れとかない限り、駄作と言われている作品だろうと、放送された作品は基本的に録画する生活を3年以上続けています。

BSプレミアムで放送されるプレミアムシネマにどのような特徴があるのかというと、

①CMなしノーカット、基本的に字幕
②一月に20〜30作品くらい放映される
③1年に2回くらい1つの作品が放映される(再放送が1回ある)
④リクエストの反映率はそこまで悪くない
⑤極稀に激レア映画も放送される

というような感じ。BSプレミアムの映画をチェックしていると、20〜30作品の名作映画が多めなラインナップを録画できるので、NHKが見れる環境にある映画好きなら録画しておいたほうがいい。

例えば、2020年4月には

『モダン・タイムス』
『ダーティハリー』
『勝利への脱出』
『雨あがる』
『プリティ・ウーマン』
『アメリカン・グラフィティ』
『チャップリンの黄金狂時代』
『ダーティハリー2』
『赤い河』
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
『シコふんじゃった。』
『卒業』
『街の灯』
『ダーティハリー3』
『アパッチ』
『ハスラー2』
『ファンシイダンス』
『スケアクロウ』
『チャップリンの殺人狂時代』
『ダーティハリー4』
『アラモ』
『誰も知らない』
『人生の特等席』
『エル・ドラド』
『ゴッドファーザー』
『ダーティハリー5』

が放送されました。太字が映画ランキングとかによく載ってるような名作映画や人気作。

BSプレミアムの映画をチェックしていると、チャップリンの作品や『ダーティーハリー』、『ゴッドファーザー』などといった名作映画が多めなラインナップを録画できるようになるので、映画が好きな方は割とチェックしておいたほうがいいですよ。

WOWOWの場合

では、このBSプレミアムシネマとWOWOWを比較してみます。

特徴はこんな感じです。

①CMなしノーカット、字幕・吹替両方頻繁に放送される
②「2日」で20作品以上放映される
③1年に2回以上は放送される
④リクエストの反映率は現時点ではわからないが、リクエストページはある
⑤激レア映画も放送される
⑥BSで放送されないようなR指定の映画とかも放送される

例えば

『ビール・ストリートの恋人たち』
『ミスター・ガラス』
『X−メン』
『X-MEN2』
『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』
『バーバラと心の巨人』
『パウロ 愛と赦しの物語』
『ナショナル・トレジャー』
『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』
『バイス』
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
『X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション』
『X-MEN:アポカリプス』
『ザ・グレイテスト・キング』
『ガルヴェストン』
『Sweet Rain 死神の精度』
『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』
『めんたいぴりり』

というようなラインナップが放送されました。これだけ放送されました。2日間で

これ、4月1日〜2日に放送されたタイトルです。1ヶ月じゃなくて。19本です。しかも僕は基本的に吹替版は録画しないんで吹き替え含めたらもっと多いです。1ヶ月どころか1週間分の放映された映画をまとめようとしても多すぎてやる気が起こらないくらい多い。

しかも『バイス』みたいな昨年公開されたばかりの新作も、ディズニー(『アナと雪の女王』『メリー・ポピンズ』『アントマン・アンド・ワスプ』『アベンジャーズ/エンドゲーム』なども4月放送)やハリーポッターみたいな、BSで放送しなさそうな作品もある。こういう人気作・新作をガンガン録画できて、2300円です。なので、新作映画が気になる人とかは、絶対入ったほうがいいと思いますよ。そんなサービスです。

Netflixの場合

Netflixの場合は、先程も書いたとおりNetflixのオリジナルコンテンツ量は圧倒的。もうそれが世界の共通言語になっている。

ただ、映画に関してはそこまでハイパーリッチというわけではない。まだDVDが出たばかりの頃に『スイス・アーミー・マン』とかを配信していたので、一部の新作映画に関してはかなり強い動画配信サービスではあるものの、WOWOWのほうが新作映画には強い。

Netflixで配信されている、オリジナルコンテンツ以外の映画などといったコンテンツは、まあまあ充実しています。ですが、そういうコンテンツに関してはWOWOWのほうが圧倒的に見れます。ただアニメとかドラマに関してはNetflixのほうが充実しています。WOWOWは映画ばかり放送していてドラマやアニメは映画と比較するとそこまで放送されていないので、そういうコンテンツに関してはNetflixのほうが強いはずです。

それぞれのメリット・デメリット

Netflixのメリット

続いてNetflixのメリットについてまとめてみます。

Netflixの強みは、

・オリジナルコンテンツがとにかく魅力的

・課金なしで見れる作品しかアプリで表示されない

・日本語字幕がつけれる

・みんな入ってる

Netflixのオリジナルコンテンツには、話題になっているものだけでなく、一般教養として押さえておきたいような事柄を解説してくれる良質なドキュメンタリーだったりだとか、世界の問題を知ることができる良質なテレビ番組も数多く配信している。そのため、この良質なオリジナルコンテンツを見まくるだけでも、有意義な時間を過ごすことができる。

加えてあまり動画配信サービスに入り慣れていない人にありがたいメリットとして、レンタル商品という概念がないため、「無料だと思って選んだのに見れないー」みたいなことがない。U-NEXTの場合は結構ある。だが、Netflixの場合はそういったケースがほとんどない。

※海外で配信されていても日本で配信されていない場合は見れない。そのため、海外で配信されているNetflixオリジナルコンテンツについて紹介している英語圏のサイト(欧米版Wikipedia等)から、Netflix公式にとんだ場合とかは、「見れへんやんけ!」ってなることもあったりします。

あと、大きなメリットとして日本語字幕がつけれるというのがある。字幕を日本語のコンテンツでもつけれる作品が多いので、邦画もアニメもつけれる。セリフが聞き取りづらい作品とか見るときに便利です。

あと、「オリジナルコンテンツがとにかく魅了的」に共通するけど、入っている人が多く、オリジナルコンテンツを見ているので共通の話題にしやすいです。それがNetflixの大きな特徴。

WOWOWのメリット

・新作映画もめちゃくちゃ見れる

・それを録画すればずっと手元に置くことができる

・日本語字幕がつけれる

先程も書いたとおり、映画がめっちゃ録画できます。なので、映画を手元に置いておきたいという方にはありがたい。映画って昔なら簡単に見れた作品が今は廃盤みたいなことが結構あるんですよね。昔はTVで普通に放送されていたのにDVDが廃盤で1万円くらい払わないと見れないみたいな、そんな作品も結構あるんですが、WOWOWで録画しておくとそういう心配がなくなります。

あと、邦画が放送されるときは基本的に字幕ガイドがついてくるので、日本語字幕をつけれます。Netflixで配信されていない最新の邦画とかでも、セリフが聞き取りづらい場合は字幕を付けて見ることができます。

Netflixのデメリット

続いてデメリットにうつります。

・早送りができない

・通常画質の画質がよくない

まず早送りの件について。Netflixのコンテンツは早送りで見れない。

だが、パソコンで見る場合は、Google Chromeでブラウザを開いて、Video Speed Controllerというクローム拡張機能を使えば解決できる。これで僕は早送りして見ていた。

この拡張機能はYouTubeやFacebookなどにも対応している。かなり便利な機能なのでダウンロードしておくのがおすすめ。アニメとかでも日本語字幕をつけて早送りで見ればササッと見たいときに時間を短縮してみることができる。Netflixだけでなく動画コンテンツを作業BGMにする際は僕もよく使っていた。

また、通常画質でダウンロードした際の画質がアマゾンプライムやdTVと違い、あまり良くないというデメリットもある。

スタンダードに登録して、設定でHDに変えれば問題ない。だが、HDは結構容量を食う。通常画質はあまり容量を食わないが、HDだと3倍くらい容量が必要になってくる。

なので通常画質のものをダウンロードしたほうが、大量のコンテンツを持ち歩ける。だが、圧倒的な映像美が売りのオリジナルコンテンツ、『ROMA/ローマ』を通常画質で見ようとしたとき、画質が悪くて辟易し、HD画質でダウンロードし直したことがある。

ドキュメンタリーみたいな普通のコンテンツだったら通常画質でもいいけど、美しい映像が特徴的な作品の場合、結構気になったりする。

ただ、通常画質のコンテンツはAmazonプライム・ビデオやdTVなどと比較してものすごく容量がコンパクトなので、類似のサービスに比べて容量を食わないというメリットもある。

WOWOWのデメリット

・DVDと動画配信を比較した時のデメリットをだいたい引き継いでいる

・録画用Blu-rayやファイルケース代など、その他の出費がある

というような感じかな。

動画配信ってDVDと違って、プレーヤーがなくてもどこでも見れるというメリットがあるんですが、WOWOW録画だと、HDDorブルーレイプレーヤーがないとみれません。スマホでもTVでもタブレットでも見れるNetflixなどの動画配信サービスよりも使い勝手が悪いです。

また、Blu-rayに焼く場合だと録画用Blu-rayを購入したりファイルケースを購入したりする必要があるので、出費がかさみます。意外と安上がりですが、1000円程度支払えば見れる動画配信サービスと比較するとデメリットという感じはします。

まとめ

今回はNetflixとWOWOWの違い、メリット・デメリットをまとめてみました。

Netflixはオリジナルコンテンツが見たい人におすすめです。で、WOWOWは新作旧作問わず名作映画がめっちゃ録画できるので、映画をたくさん見たい人、手元に置いときたい人におすすめです。

補足・個人的におすすめな録画方法

BSプレミアム・WOWOW録画のくだりで、録画用ブルーレイを買うのにお金がかかりそうだとか、家にそんなにもブルーレイを保存するスペースがないと思う方もいるかもしれません。

でも、Amazonで最安かつ最も売れているこのBlu-rayで、一枚のディスクにつき3本程度入るような画質でいれて、ブルーレイ対応不織布ファイルケースを使って収納すれば、リーズナブルだし全然かさばりません。

この画質でダビングしたとしても、Blu-rayのような画質で録画することができる。

関連記事・おすすめの録画用Blu-rayディスク

関連記事・このBlu-rayディスクを最安値で買う方法

600本映画を録画したとしても200枚程度のディスクで済むため、かさばらないファイルケースに入れればそこまで場所をとらない。また1枚数十円で済むので経済的。なので、映画好きな方にはBSプレミアムの映画だけでもガンガン録画するのをおすすめします。ブックオフとかで安い中古のDVDを買いまくるよりも、経済的でおすすめです。




スポンサーリンク

映画サブスクおすすめ5選

洋画(外国映画)に強い動画配信サービスはどれ?映画好きがガチセレクト
邦画が見放題の動画配信サービスはどれ?映画好きがガチセレクト
ディズニー映画が見放題の動画配信サービスまとめ

おすすめの記事