【詳細発表】Disney+(ディズニープラス)が日本上陸!デラックスとの違いを解説します。

ディズニープラスの概要が発表されたので簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク


結論から言うと、国内版ディズニー+は、「ディズニーデラックス+」です。

また、詳しくは最後に書きますが、今ディズニーデラックスに入ってもプラスに自動的に切り替わるので何も損しません。

『マンダロリアン』とかディズニーのコンテンツを見たいけどプラスがリリースされるまで我慢している人とかは、今デラックスに入っても大丈夫です。

ディズニーデラックス

 

今回の記事では国内版ディズニープラスの詳細と本国版・ディズニーデラックスとの違いをまとめていきます。

ディズニーデラックスと海外のディズニー+を簡単に説明

まず簡単に、もともとあったディズニーデラックスの概要を説明します。

ディズニーデラックスは唯一のディズニー公式サービスで、4ブランド、つまりはディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズのコンテンツをまとめて楽しめる動画配信サービス

(公式サイトより引用)

月額料金は700円(税抜)、初めて利用する場合は「初回31日間の無料お試し」ができる。docomoがやっているサービスだが、キャリアを問わず利用可能。ドコモの携帯電話を持っていない人も、通信会社を問わず使うことができる。

特徴をまとめると

・コンテンツがハイパーリッチ

・英語字幕がつけれる

・ほとんどの作品がHD画質で見れる

というメリットがあるものの、

・PS4などで見れない

・ディズニー+の劣化版感が否めない

などといったデメリットがある。

コンテンツが意外にもリッチで、近年制作された作品はすべて入っていると言い切っていいくらい充実しているし、『イカボードとトード氏』のような激レア映画まで配信されている。

ディズニーデラックスで見れるディズニー映画まとめ!逆にどれが見れないのか

新作映画も、発売から半年くらい経てば見放題ラインナップに加わる印象。新作が気になるのであれば、先述のAmazonプライム・ビデオ週末100円レンタルのほうがお得に見れる場合がありますが、ディズニーの作品をコスパよく見れるサービスでした。

ですが、(他の動画配信サービスのほとんどをテレビで見ることのできる)PS4で見れないのでPS4ユーザーにとってちょっとめんどくさいし、アメリカのディズニー公式動画配信サービス、ディズニー+の劣化版感が強い。

ディズニープラスとは

ディズニープラスはアメリカなどの国でリリースされている公式動画配信サービス。

ディズニー・ピクサー・マーベル・スターウォーズの作品が見放題の動画配信サービスと、ディズニーデラックスと同じような感じがしますが、グローバルなディズニーの動画配信サービスアプリです。

アメリカやカナダでは2019年11月12日からスタートしていて、2020年3月にはイギリスやドイツ、フランスなどのヨーロッパ地域でも展開、2021年までの間にアジア地域を含む世界各国の主要市場でも、配信を開始すると発表されている。

値段は月6.99ドル、年69.99ドル。日本円に換算するとディズニーデラックス(月税抜700円)とあまり変わらないような気がします。ただ、コンテンツ的には明らかにディズニープラスのほうが格上。詳しくは後述します。

また、他にもディズニーの子会社でもあるEPSN+(スポーツ)、Hulu(言わずとしれた映画・ドラマ等の動画配信サービス大手)のセット販売もしています。もうこれに関しては、Netflixを倒す気満々で作ってますね。Netflixを倒す気で作ったディズニー専門の動画配信サービスが、ディズニープラスです。

海外版ディズニー+とディズニーデラックスの違い

海外のディズニー+とディズニーデラックスの違いは大きく分けて3つある。

アプリ・画質・タイムラグの3種類だ。

まず、

ディズニー+…グローバルなアプリ

ディズニーデラックス…日本からのみアクセス可能な、ドメスティックな日本限定のアプリ

という違いがあります。

ディズニープラスはグローバルなアプリですが、ディズニーデラックスは日本からのみアクセス可能で、日本でしか使えない日本限定のアプリだということ。どちらもディズニー公認のサービスだ。だが、2つのアプリは根本的に違う。

また、

ディズニー+…4K HDR対応
ディズニーデラックス…フルHD

という違いもある。つまり、ディズニーデラックスのほうが画質が劣っている。

また、Disney+では既に配信されているオリジナルコンテンツが、ディズニーデラックスでは数週間待たないと配信されないみたいな、タイムラグがあるというデメリットもある。

オリジナルコンテンツとはなんなのかという説明をすると、ディズニープラスはディズニーのNetflixみたいな取り組みなので、オリジナルコンテンツをばんばん作っています。ディズニープラスでしか見れないドラマシリーズみたいなやつです。そういうコンテンツをバンバンつくってます。ですが、ディズニーデラックスは日本限定のアプリなのでそんなオリジナルコンテンツは作ってません。

こういう違いがあります。なので、ディズニー+のほうが優れています。そのため「ディズニー+が日本でもリリースされたら入ろう」と思う人も結構いました。

ディズニーデラックスの評判を検証

で、このディズニープラスが、ついに日本にもやってきました。

ディズニー+の詳細が発表

じゃ、本題に移りましょう。

ディズニー+日本上陸の詳細が、2020年5月28日に発表されました。

4月頃に、6月くらいにリリースしますとだけ発表されましたが、それ以外の情報は全く解禁されていませんでした。ですが、つい先程、詳細が発表されました。

箇条書きにすると、

6月11日AM8時からリリース開始
ディズニーデラックスの会員はそのままでOK
米国のコンテンツと基本的に同じ
dアカウントの契約は今後も必要
画質,音質はディズニーデラックスと同じような感じだが、将来的に海外版+のスペック(4K,HDR画質,5.1ch)も検討
・今デラックスに入っている場合は、継続利用月のカウント継続
今デラックスに入っている場合は、加入時の初回無料期間が+にも適応される
同時ログイン可能数は5台、同時視聴可能数は4台
・『アバター』『シザーハンズ』などといった20世紀ピクチャーズ(旧20世紀フォックス)作品も一部入る
・『フリーソロ』のようなナショナルジオグラフィックが製作したドキュメンタリーも一部入る

というような感じです。(ソース)

ディズニー+で変化した点

つまり、デラックスのときとは違い

・米国のコンテンツとほぼ同じになる
・コンテンツ数が増える

ので、コンテンツが結構リッチになります。

米国のディズニープラスと日本のディズニープラスは同じですか?

基本的なコンテンツは同じです。
将来的には、新しいコンテンツについてはアメリカと日本の配信タイミングは同じになりますが、サービス開始時は同じでない場合がございます。
新型コロナウィルスの状況による日本語版制作の遅れにより、いくつかの作品はアメリカと同じタイミングで配信はできません。また「ディズニーデラックス」で配信されていた国内製作作品も一部追加予定です。インターフェイスは日本市場に合わせており、アメリカで提供されているディズニープラスのインターフェイスとは若干異なります。

公式サイトより引用

今はコロナウイルスの影響で遅れが生じる可能性が高いですが、Netflixのオリジナルコンテンツ同様、同時に配信開始する予定のようです。

また、20世紀フォックスやナショナルジオグラフィックのコンテンツも一部見放題になります。で、ディズニーデラックスからのアップグレードというような感じなので、ディズニーデラックスで見れた作品が+になったことで見れなくなるということもほとんどないでしょう。『名探偵コナン』とかは消えるかもしれないけど。

要は、ディズニーデラックスよりもかなりコンテンツがリッチになると思われます。

ディズニー+上陸で変わらなかった点

ただ、意外とディズニーデラックスと変わっていない点が多いです。

・画質,音質
・docomoが絡んでいる(グローバルなアプリではない)
・dアカウントの契約が必要
・ログイン台数

などは変わっていません。そのため、ディズニー+ではなくて、ちょっとアップグレードしたディズニーデラックスだなと、この発表を見て個人的に思いました。ディズニーデラックスよりは明らかにパワーアップしていますが、ディズニー+の劣化版感は残る「ディズニーデラックス+」みたいな感じがします。

ディズニーデラックスの弱みだったタイムラグはほとんどなくなる予定ですが(※基本米国と同時配信だが今はコロナウイルスの影響でスピードに差がでている)、海外版と違いグローバルなアプリではなくなって、画質も今のところはそのままです。

まとめ

ディズニープラスはディズニーデラックス+で、dアカウントに登録しないと見れないというようなディズニーデラックスのデメリットは改善されていません。ですが、タイムラグみたいなものはなくなってコンテンツ数も前より豊富になるような感じです。

多くの人が期待していたものよりはちょっとデメリットが多い感じはしますが、デラックスよりは良くなっているので素直に喜びたいと思います。僕が想定していた最悪な流れ(ディズニーデラックスとディズニー+が別物になって、デラックスが映画・アニメシリーズ専門、+がオリジナルコンテンツ専門になり、どちらのアプリもコスパ悪くて中途半端なアプリになる)を回避してくれただけでありがたいですよ。

あとさっきも書きましたが、今ディズニーデラックスに入ってもプラスに自動的に切り替わるので何も損しません。

『マンダロリアン』とかディズニーのコンテンツを見たいけどプラスがリリースされるまで我慢している人とかは、今デラックスに入っても大丈夫ですよ。

ディズニーデラックス

 

以上!

ディズニーデラックスレビュー
ディズニーデラックスのデメリット&悪い口コミ
ディズニーデラックスのラインナップ 逆に何が見れないのか(ディズニー映画に関してはデラックスとそこまで変わらないと思います)
ディズニーデラックス(プラスも)はPS4で見れない!テレビで見るおすすめな方法を解説

おすすめの記事