【使いにくい】U-NEXTはここがダメ!微妙なところ・不満・デメリットを映画好きヘビーユーザーが忖度なしにぶっちゃけます

U-NEXTのデメリットを真剣に考えて書いた忖度なしのデメリットまとめ。

スポンサーリンク

僕が映画好きに一番おすすめしている動画配信サービス、U-NEXT。

NetflixやAmazonプライム・ビデオよりも旧作映画のコンテンツがかなりリッチで、まれに激レア映画も普通に見放題で見れたりするのでかなりおすすめなサービスだ。

だが、この動画配信サービスはかなり評判がよくない。ネット上ではいいかもしれないが、情報感度の高い人で入っている人はあまりいない。

なぜかというと、Netflixなどに比べてマイナーで、かつ使えないサービスと思われているから。そもそも僕も初めて入会する前まではそこまで期待していなかった。

見れるコンテンツが少ないサービスだと思っていて、なにより映画館の勧誘でいいイメージを持っていなかった。だけど入ってみたらびっくり。見れるコンテンツがめちゃくちゃ多い。結構高いけどコストパフォーマンスはかなり高い動画配信サービスだった。

今回はそんなU-NEXTの個人的に思うデメリットをまとめた。

前書いた悪い評判検証とは違い、今回はガチで自分がダメだと思う点についてまとめた感じです。

U-NEXTの悪い評判を検証

U-NEXTは映画好きにとって割と使えるアプリだ。だが、完璧ではないし、詐欺だと思われても仕方ないなーと思ってしまうような売り出し方もしている。なので今回は忖度なしにU-NEXTのダメだと思う点を書いていきます。

この記事を書いている人の信頼性

記事を書いている僕は、普通の人に比べて映画にはまあまあ詳しいです。

普段は1年100本近くの映画を劇場で見ているし、動画配信サービスやレンタルでも見ているし、旅行先ではなるべくご当地ミニシアターで映画を見るような感じです。上には上がいますが、まあ、結構詳しい方だと思います。

2019年見た新作映画ベスト10とランキング50/2019年映画を振り返る

あと映画関連サービスのレビュー記事も、実際に体験してみて、本サイトでいろいろ書いてます。
U-NEXTレビュー
Amazonプライムレビュー

Netflixレビュー
dTVレビュー
DMM見放題レビュー
ゲオ宅配レンタルレビュー(悪い評判を検証)

邦画に強い動画配信サービスまとめ
洋画に強い動画配信サービスまとめ
ディズニー映画に強い動画配信サービスまとめ

そんな感じの僕が、U-NEXTの悪いところを詳らかに書いていきます。

そもそもU-NEXTとは

まず、公式サイトを参照して、U-NEXTのサービス紹介をしてみます。

  • 見放題作品 180,000 本、レンタル作品 20,000 本を配信している動画配信サービスで、月額は1990円
  • 毎月1200(円分の)ポイントがついてきて、最新作のレンタルや書籍・コミックの購入、映画館でのチケットの割引などに使うことができる。
  • 4アカウントまで作れるため、4人家族の場合実質500円で使うことができる。
  • スマホやタブレットだけでなく、テレビで見ることもできる。

というようなサービス。

無料体験も行っており、 1,990円のところを31日間無料 、かつ600 円分の U-NEXT ポイントのプレゼントつきで体験することができる

U-NEXTはおすすめなのか否か

このU-NEXT、評判悪いが実は結構使える。映画にそれなりに詳しい人ならコンテンツの量にびっくりするだろうと思う。

例えば

ベルリン・アレクサンダー広場(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)
立ち去った女(ラヴ・ディアス)
クーリンチェ少年殺人事件(エドワード・ヤン)
ビッグ・シティ&チャルラータ(サタジット・レイ)
家族の肖像(ルキノ・ヴィスコンティ)
レニー・ブルース(ボブ・フォッシー)
モハメド・アリ THE GREATEST 1964-74(ウィリアム・クライン)

日活ロマンポルノもろもろ

みたいな、普通に考えたら円盤買わないと見れなさそうな作品も見放題で見れたりする

まあこういった映画は普通の人はあまり知らないかもですが、TSUTAYAの名作コーナーに並んでそうな作品を見たいという人でも大丈夫。僕程度の詳しさの映画好きなら凄さが伝わったと思うけど、こういった作品を知らない人でもわかるように、スピルバーグの作品の見れる量でも例えてみます。

Amazonプライム・ビデオの場合は、現時点(2020年4月)で、スピルバーグ監督作品は、

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
A.I.
ジュラシック・パーク
マイノリティ・リポート
宇宙戦争
プライベート・ライアン

あたりが見放題です(見落としあるかもだけど)。まあこれだけでもすごいと思います。1日14円くらい払えばこういったコンテンツが見放題になるってことなんで。

でも、U-NEXTだと、

プライベート・ライアン
ジュラシック・パーク
JAWS
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
ターミナル
E.T.
シンドラーのリスト
宇宙戦争
マイノリティ・リポート
1941
アミスタッド
ミュンヘン
未知との遭遇
太陽の帝国
続・激突!/カージャック
リンカーン
A.I.
カラーパープル

見放題です。「レンタルが多くて全然見れない!」とよく言われているサービスですが、この作品群はレンタルのものを含んでません。現時点でポイント消化せずに、見放題で見れる作品です。多いですよね?

映画がガチで好きな人ならば絶対に入っておいたほうがいいと思うサービスなので、僕の記事を見つつ、試していただけると幸いです。映画がガチで好きな人、あまねく映画を見たい人にはほんとにおすすめのサービスです。

ものすごく見放題で見れるサービスなのに、新作や、レンタルでも金を取れるような人気作がポイントを使わないと見れないから、全然見放題で見れない詐欺サイトと文句を言っている人が多い。

これだけ見放題で見れて、見放題で見れないとかいう文句を言われ続けているのは、もはやかわいそうになってくる。名作映画がめちゃくちゃ見放題で見れて、レア物も見れる。値段以上の価値がある動画配信サービスだ。

と、前までは思ってた。

U-NEXTのダメだと思う点

だけど最近、ちょっと考えが変わってきた。U-NEXTは「これ詐欺だと思われてもしょうがないじゃん!」ってツッコミたくなるような売り出し方も結構してたりする。なので今回はそういうU-NEXTの不満点を、忖度なしに書いていこうと思います。

簡単に書くと、

・新作もいかにも見放題で見れそうな雰囲気を醸し出している
・併用するには高い
・解約するのがめんどくさい

・VRで見づらい
・ポイントとコインのシステムがめんどくさい

・映画館の勧誘がうざすぎ
・「あれ」しか見なくなる

みたいな感じですね。

新作がいかにも見放題な雰囲気を醸し出している

これ、U-NEXTの公式サイトに載ってたんですが、絶対に勘違いしますよね。

早くも登場!大ヒット映画!

名画・大作 不朽の名作や懐かしの受賞作品も配信!

これは......。『ジョーカー』『ボヘミアン・ラプソディ』『グレイテスト・ショーマン』あたり見放題だと勘違いする人続出するんじゃないですかね......。

これらの作品は配信されていますが、お金がかかります。つまり見放題じゃないんですよね。片隅に「ポイント(レンタル)作品を含みます」と書かれていますが、含みますどころじゃなくてほとんどポイント作品なんじゃないですかね、という感じです。

なんでこのような感じになっているかというと、U-NEXTは新作のPPVを押し出しているから。でもU-NEXTに入る人はほとんどサブスクリプションを期待して入る。なので「騙された!」となってしまうことが多い。

サブスクリプションとPPV、二刀流

サブスクリプションPPVとは何なのかについて簡単に説明します。

動画配信サービス、通称VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスには2つの種類があって、サブスクリプションとPPVに分類される。そしてこの2つの両方の機能を備えた二刀流のサービスもある。

日本でメジャーな動画配信サービスは基本的にNetflix以外、サブスクリプションとPPVの二刀流だ。

サブスクリプションとは定期購読のことで、月額料金を支払えば、サービスを受けれるもののことを言う。わかりやすい例でいうと、ジムの会費や定期券などがある。

新宿から東京までの定期券を購入すれば乗り放題になるように、動画配信サービスのサブスクリプションは、コンテンツが見放題になる。有名な動画配信サービスではNetflixがこのサブスクリプションタイプだ。

対してPPV(ペイ・パー・ビュー)は、コンテンツごとに課金するスタイル。レンタルDVDを借りるように、1作品1作品にお金がかかってくるタイプだ。

サブスクリプションは定額見放題で、PPVはレンタルということです。

で、U-NEXTはサブスクリプションとPPVの二刀流だ。

レンタルDVDショップで例えると、

・サブスクリプション→月に〇〇〇〇円支払えば借り放題
・PPV→スタンダードなレンタル。1枚借りるのに〇〇〇円支払う
・サブスクリプションとPPVの二刀流旧作は月に〇〇〇〇円支払えば借り放題、新作に関しては別途1枚借りるのに〇〇〇円支払う

というような感じになります。

U-NEXTのシステムを簡単に説明すると

・サブスクリプションとPPVの二刀流旧作は月に〇〇〇〇円支払えば借り放題、新作に関しては別途1枚借りるのに〇〇〇円支払う

というようなレンタルショップを想像してみてください。

新作や準新作、ハリーポッターやディズニー、『ボヘミアン・ラプソディ』や『グレイテスト・ショーマン』などといった旧作の中でも特に需要の高そうな作品の料金は300円〜500円と、ゲオなどよりも割高なレンタルDVDショップが近所にあったとします。

その店が、在庫の8割位の旧作を月に2000円で借り放題できるみたいな、そんな感じのサービスを始めました。そして1200円分、新作や準新作などのレンタルに使えたり映画の券に交換できるような券がもらえる。なので実質800円で旧作映画が借り放題

こんな感じのサービスを、近所のレンタルDVDショップが始めたとします。

旧作はめっちゃ見れます。レンタルDVDの在庫の8割位の旧作が見れる。

だけど、新作映画と準新作映画、残りの2割の有料にしてもみんなお金払ってくれそうな作品は、TSUTAYAで新作借りるときと同じくらいの金額を支払わなければならない。

というサービスがあるとするじゃないですか。多分無いけど。

U-NEXTはそれのオンライン版です。

U-NEXTは、月1980円でレンタルDVDショップの在庫8割位の旧作が見放題で見れるサブスクリプション動画配信サービスだ。

そして1200円分、新作や準新作などのレンタルに使えたり映画の券に交換できるような券→ポイントがもらえる。なので実質800円で旧作映画が借り放題というサービスだ。

だが、新作や準新作、ハリーポッターやディズニー、『ボヘミアン・ラプソディ』や『グレイテスト・ショーマン』などといった旧作の中でも特に需要の高そうな作品(長いから以下「新作準新作等」にします)を見る場合、別途300円〜500円支払う必要がある。

つまり「新作準新作等」はPPV(レンタル)

U-NEXTはおびただしい量の旧作映画が見れるサブスクリプションサービスだが、「新作準新作等」はPPVというサービスです。

U-NEXTは新作見放題ではない

で、U-NEXTは、新作のPPVを広告で全面に押し出している。だから「騙された!」となる人が多い。

基本的にこの手の動画配信サービスは「動画が見放題になる」サブスクリプションサービスなので、U-NEXTに入会を検討している人のほとんどが、「いろいろなコンテンツが見放題になる」サブスクリプションサービスとして契約するはずだ。

『翔んで埼玉』が見放題というCMを見てAmazonプライム・ビデオに入会を決めるように、見放題というCMや広告を見て入会を決める人が多いはず。

だがU-NEXTは、「U-NEXTに入会すれば新作準新作等が見れる」ということを売りにしていて、そういう広告をよく作っている。

2020年4月現在だと、『ジョーカー』が見れる!『アルキメデスの大戦』が見れる!など。そういうような新作推しの広告が多い。そのため、「U-NEXTに入会すれば新作準新作等が見放題になる」と勘違いする人が続出してる。

「見る」と「見放題」は違います。新作を見る場合、料金は300円〜500円くらいするので、この手の作品を見る場合、それくらいお金がかかってくる。

U-NEXTはあくまで「新作が配信されている動画配信サービス」だ。「新作映画が見放題の動画配信サービス」では決して無い。だが、こういう広告を見た、新作映画やハリーポッターが見放題だと勘違いした人がU-NEXTに入会するという、情弱狩りみたいなことが起こっている。

U-NEXTで新作準新作等を見るには別途料金(ポイント消費)がかかります。加えて、この新作料金が高い。レンタルDVDショップのたとえでもでてきたけど、新作準新作等は300円〜500円くらいします。他のサービスよりも高いです。

なので、ぶっちゃけ「この新作映画がU-NEXTならすぐに見れる!」みたいな宣伝をするのはちょっとどうなのかと思います。

新作映画をレンタルするならAmazonプライム・ビデオで借りるの一択という話

※ディズニー映画が見たいのならDisney+(ディズニープラス)がおすすめです。

U-NEXTでディズニー映画を見ようとすると300円〜500円程度のレンタル代がかかりますが、ディズニーデラックスなら月700円でメジャーなディズニー関連映画のほとんどが見放題になります。

ディズニーデラックス

ディズニープラスレビュー

【騙されるな!】U-NEXTにディズニー目的で入ってはいけない理由

併用するには高いし重い

U-NEXTに入るとU-NEXT一色になる。

U-NEXTはAmazon・楽天を倒すような気で作られたサービスなのか、動画や本・雑誌・漫画、音楽などにも対応している。AmazonがKindleやAmazonプライム・ビデオ、Amazon Music などを作っているように、U-NEXTでも独自でそういうコンテンツを配信している。1980円支払えばそういうコンテンツを色々楽しめるというサービスなので、併用するにはかなり重たい。

僕みたいにNetflix、Disney+(ディズニープラス)のコンテンツもみたくて、Amazonユーザー故にずっとAmazonプライムに入り続けているような人にとって、併用しても特典をほとんど使いこなせない。

なのでU-NEXTを使いこなすには、他の動画配信サービスをやめたほうがいい。だが、Amazonの送料無料特典は継続したいし、Netflixのオリジナルコンテンツが気になるときもある。そのため結局併用することになる。

U-NEXTだけでいろんなことができるゆえに、併用時に特典を使いこなせない。なので併用するにはコスパ悪いと思います。

AmazonユーザーはPrime Videoチャンネルのほうがコスパいい

加えて、最近Amazonプライム・ビデオがPrime Videoチャンネルというものを始めたので、Amazonプライム・ビデオで見れないちょっとレアめな映画が見たいという方はこっちに移行したほうがコスパよくなった。

Prime Videoチャンネルは、Amazonプライム・ビデオに入った人が入れるチャンネル。課金することによって、いろいろなチャンネルのコンテンツが見ることができ、プライムビデオよりもコンテンツ量がリッチになる。

例えばNHKオンデマンド

プライムビデオ(月500円or年5000円)に、月990円追加することによって、NHKのコンテンツが見放題になる。

例えば、

・スカーレット
・あまちゃん
・いだてん
・龍馬伝
・映像の世紀

などといった大河とか朝ドラ、ドキュメンタリーが見放題になったりする。録画し忘れた場合だけでなく、昔の朝ドラが見たいと思ったときに使えばレンタルDVDを借りるよりも高画質で、お得に見ることができる。

NHKオンデマンドは、U-NEXTでも課金(ポイント消費)で見れる。だが、Amazonプライム・ビデオはこういった課金チャンネルNHKオンデマンド以外にたくさんある。映画系だとこんな感じ。まだあると思う。

・スターチャンネルEX
・シネフィルWOWOW
・JUNK FILM by TOEI
・シネマコレクション by KADOKAWA
・+松竹
・日本映画net

課金することでこのようなチャンネルに入ることができる。プライムビデオにこういったチャンネルを組み合わせることによって、見れる映画の量が桁違いになる。スターチャンネルとかシネフィルWOWOWみたいなCSチャンネルとか、映画会社がやってるチャンネルなんでね。

 

 

追加料金を払わなければならないので、U-NEXT単体で入った場合の実質料金(800円)より高くなるかもしれません。ですが、ずっとAmazonプライムに入り続ける予定の人はこっちのほうが得。

前まではちょっとレアめな映画も見たいAmazonプライム会員は、U-NEXTとAmazonプライムの併用という選択肢しかなかった。そのため、

U-NEXTとAmazonプライムの併用→1980円(税抜)+500円

かかっていた。

でも、

AmazonプライムとPrime Videoチャンネルの併用→500円+Prime Videoチャンネル代(300〜700円)

で済む。

なので、今後Amazonプライムを辞める予定のない人で色々な映画を見たいと思っている方は、こっちのほうが得になります。

解約するのがめんどくさい

U-NEXTの場合は、31日間のお試し期間がすぎるまでに解約の手続きとかができない。やめる直前じゃないと解約できない。

U-NEXTは

12月1日〜12月31日→1ヶ月分
1月1日〜1月31日→1ヶ月分
2月1日〜2月28(29)日→1ヶ月分

の1ヶ月スパンで、月初めに使用料を支払うようなサービス。そのため、一度U-NEXTに登録したことある人(初月無料トライアルじゃないという意味)が12月1日から2月28日まで契約すれば、3ヶ月分の料金がかかる。だが、2月15日に解約しても料金は同じ。そのため、28日みたいな月末に解約したほうがいい。そして、12月1日に契約しても、12月10日に契約しても、12月31日に契約したとしても、12月分の料金がかかってきます。

つまり、12月31日契約の場合、
12月31日→1ヶ月分
1月1日〜1月31日→1ヶ月分
2月1日〜2月○日→1ヶ月分

ということになります。なので明らかに月末に入会するのは損。1日使っただけでお金を支払う羽目になります。

でも、初めて入会する人は無料トライアルがある。そのため、月末に入会しても大丈夫。損はしない。

だけど運が悪いと、このような事態にもなりかねない。

仮に、12月30日に無料トライアルを体験するとするじゃないですか。このときは31日間無料になるので1月30日まで無料で使うことができます。ですが、もし解約し忘れた!と思って1月31日に解約すると、1月分の料金が発生します。

で、もし2月1日に解約し忘れた!と思ってすぐ解約するとするじゃないですか。そうすると2月分の料金が発生します。

こういうことです。

12月30日〜1月30日→無料トライアル期間中
1月31日→1ヶ月分
2月1日〜2月○日→1ヶ月分

つまり12月30日に入会したとき、解約し忘れて1月31日に突入した場合、その時点で1990円発生するのはもちろん、1日過ぎると2月に突入するのでまた1990円とられてしまいます。

なのでU-NEXTを契約する際は注意が必要です。12月30日みたいな月末に入会した場合は、絶対に31日無料トライアルのときにやめる必要がある。もし気に入ったとしても入会し続けるのは損。1月29日か30日頃に忘れず解約して、2月1日に再入会する必要がある。なので、月末に入会した人は注意しなければならない。

そんな人はU-NEXTを忘れず確実に解約できる方法を使うのがおすすめ。その方法については以前まとめた。

【忘れず確実に解約】U-NEXTを無料トライアル中に確実に解約して0円で体験する手順・初めて使う人がよく引っかかる落とし穴まとめ

手順は

1手順を知る/解約寸前までページをすすめる
2〇〇日まで無料体験できます!の日付をリマインダーorカレンダーに書き込む
3その前日or当日くらいに解約する

簡単に言うとこんな感じです。

詳しくは上の記事を見てみてください。

AmazonプライムとかNetflixは解約ボタン押しても契約終了日まで会員でいれるのにね。めんどいね。

VRで見づらい

僕はOculus Goユーザーなんですが、Amazonプライム・ビデオとかNetflixよりも使い勝手が悪い。

Oculus Go(32GB)

Oculus Go(64GB)

Oculus Goとはなんなのか簡単に説明すると、3万円程度で購入できるVR機器。VRヘッドセットを使えば、VR(ヴァーチャル・リアリティ)、すなわち仮想現実が視界に広がる。VRのアプリやブラウザでNetflixやAmazonプライム・ビデオ、U-NEXTなどの動画配信サービスを見れば、大スクリーンで映画を見ているような仮想現実が広がる。

Oculus Goは映画好きにとって買うべきか否か

Amazonプライム・ビデオの場合、30秒スキップボタンとかあるけど、U-NEXTだとちっちゃくてボタンが押しづらい。再生バーで時間の移動をしようにもなかなか思う通りに動いてくれないということが結構ある。どう考えてもAmazonプライム・ビデオのほうが使いやすい。

明らかにAmazonプライム・ビデオとかNetflixのほうが使い勝手がいいので、Oculus Goを買ってからは正直離れ気味です。しかも先程書いたとおり、今はPrime Video チャンネル が誕生して、Amazonプライム・ビデオ完結でレアめな映画も見れるようになった。個人的に今年はそっちをメインに使うような気もします。

ポイントとコインのシステムがめんどい

ポイントとコインの区別が難しい。理解できても、言語化が難しい。

まず、U-NEXTポイントとはなにかを簡単に説明すると、U-NEXT入会時にもらえるポイント。U-NEXTは1980円かかる高めな動画配信サービスだが、1200円分のポイントとして還ってくる。

このポイントは動画コンテンツのレンタルや、NHKオンデマンドなどのオプションサービス、電子書籍やマンガコミックスの購入、映画館での利用などに使える。基本的に1ポイント1円の価値で、例えば500円の漫画を買う際、500ポイントが必要になってくる。

U-NEXTポイントはすべてのデバイスで利用可能で、無料トライアル体験時と、有料会員の継続更新ごとにポイントがもらえる。大きな特徴は毎月もらえる分、期限があるということ。

毎月付与されるポイントは使わずに放っておくと、自然消滅する。なので、期限を逐一確認する必要がある。期限までに使い切れるように、計画的に購入しなければならない。

期限は基本的に90日。ただ、例外的にネットで追加購入した分は期限が180日になる。

無料登録時は600ポイントで、毎月更新時は1200ポイントもらうことができる。つまり無料体験後、もう1ヶ月入れば2000円(無料トライアル+1ヶ月分)で1800円分のU-NEXTポイントをもらうことができる。なので、無料体験した後に翌月も入ると、動画見放題が200円くらいで使えるということになる。

で、紛らわしいのがU-NEXTポイントとは違ってUコインという別の概念があるということ。

UコインiPhoneのアプリ限定で使える概念。期限がないぶん1.2円くらいになってる。

U-NEXTポイントはブラウザで見たときに使えるもので、Uコインはアプリ内で使用できるもの。

だが、AndroidではUコインがなくiPhoneだけでしか使えないらしい。

表にしてみたらこんな感じ。

価値 期限 機種
Uポイント 1円 あり どのデバイスでも可
Uコイン 1.2円 なし iOSアプリのみ

U-NEXTポイントとの大きな違いは有効期限と値段

コインを購入すれば、ポイントは永久不滅になる。だが、通常の1.2倍支払わなければならない。

例えば、500円分のU-NEXTポイントを購入するには、500円支払えば済む。だが、iPhone経由でコンテンツをレンタルしたり購入する場合、1.2倍の料金がかかる。

という、一度聞いただけでは理解するのが難しい複雑怪奇なシステムを採用しているため、説明しようにも難しい。僕、一応現時点で、「Uコイン」というキーワードで公式に次いでグーグル検索3位をとるような記事を書いたことがあるんですが、めちゃくちゃ時間かかりましたからね。説明めんどくさいんだよ!

U-NEXTポイントとUコインの違い

映画館の勧誘うざすぎ

いやー。まだやってるんですよねー。映画館での勧誘。

U-NEXTのポイントは映画館でも使うことができるので、U-NEXTに入れば映画が一本無料になりますキャンペーン的なやつをよくしている。

そして、こういう動画配信サービスに入り慣れていなくて、解約に手こずりそうな中年がよくターゲットになっている。Netflixのネの字も知らないような中年女性が、椅子に座って個人情報を書類に記入しているところをよく見る。ぶっちゃけ、傍から見ると情弱狩りにしか見えない。

僕がU-NEXTに入るまであまりいい印象を抱いていなかったのは、間違いなく映画館での勧誘の印象が悪かったからだ。僕はよくわからない勧誘を受けて時間を無駄にするのが嫌いだし、情弱狩りにしか見えない勧誘をするU-NEXTにあまりいい印象を抱いていなかった。

見るからにNetflixやAmazonプライム・ビデオよりしょぼいドメスティックな動画配信サービスとしか思えない上、情弱狩りもする。なのでU-NEXTには悪い印象しか持ってなかった。でも、実際に入ってみたらかなり使えるサービスだということが判明した。

なので正直映画館での勧誘をやめてほしい。でも、まだ続けてる。

もうなんか最近は、声かけられると「俺を誰だと思ってるんだ」と思ってくるようになりましたね。

俺、グーグルで「U-NEXT 評判」と検索すると一時期公式に次いで二番目に表示されてたような記事書いたことあるヘビーユーザーなんだけど、U-NEXTを知らないと思って勧誘してくる。(今は三番目くらいだけど......。)

U-NEXTの口コミはなぜひどい?悪い評判を検証

こっちは急いでいるのにドヤ顔で「映画を無料で見れる方法知ってますかー」みたいなことをいつも聞いてくる。あんたより俺のほうがどう考えても詳しいわ!!

正直言って、ネガキャンにしかなってません。だからやめてください!頼むから!

あれしか見ない......。

前『ゴッドファーザー PartII』が見たくってU-NEXTに加入したんですよね。見放題で配信されているところがU-NEXTしかなかったんで、他にもいろいろなコンテンツがあるから色々見るかーと思って加入しました。

ですが、結局映画は見なくて、「あれ」しか見ませんでした笑。

あれですあれ。その他の動画ですその他の。DMMでも見れるその他の動画です。

 

公式サイトより引用

このU-NEXTは「その他♡」の動画が地味に多い。公式サイトの「その他」の動画のとこを見ればわかるんですけど、かなり見れます。あんまり書きすぎるとグーグル様とかサーバー会社とかに怒られそうなのであまり書きません。各々調べてみてください。

ああいう系のコンテンツが豊富だから、それだけで満足しちゃって映画を全く見なかったんですよね。なんか時間をムダにしちゃった感があります。

デメリットなのかこれは?

Amazonで買えるH-NEXTをレビュー

まとめ

最後はデメリットなのか怪しいですが、つらつらとU-NEXTのダメだと思うところを書いていきました。

一言でいうと、

・動画配信サービス初心者殺しの複雑怪奇なシステム

・情弱狩り感

はほんとにだめ。旧作が色々見れるコスパのいいサービスなのに、システムが複雑すぎる。

僕みたいに数ヶ月以上使ったことのある人ならなんとなく理解できるけど、一回聞いただけだと「は?」としか思えない複雑怪奇なシステムな上、解約をし忘れると損。なので他の動画配信サービスよりも使いにくくてめんどくさい。

また、新作が無料で見れるのを売りにしている広告もダメ。「U-NEXTの無料体験をすれば新作もタダで見れる!」という日本語は一応成立していますが、この値段でTSUTAYAに置いててもほとんどの人借りないだろ!と思ってしまうような額のレンタル代がかかったりするので、腑に落ちないです。

また、映画館の勧誘から醸し出される情弱狩り感も半端ない。正直言ってこういうとこはほんとによくないと思いました。

ただ、U-NEXTは先程でてきたスピルバーグ作品が見放題で見れる量などから分かる通り、映画好きには結構使えるコスパいいアプリです。なので、映画好きの方でU-NEXTに興味の或る方は、注意点を踏まえつつ、無料体験してみてください。

ーーー

U-NEXTでしか見放題で見れない?!ちょっとマイナーなおすすめ洋画10選
「その他♡」の動画もハイパーリッチ?!S○Dの無料動画を見るよりもU-NEXTの無料体験で見るほうがおすすめな理由

Amazonで買えるH-NEXTって何?おすすめなのは絶対に○-NEXT

U-NEXT無料トライアルの教科書
U-NEXT無料トライアル入会前に注意すべき3点
U-NEXTを無料トライアルの時点で確実に解約してお金をムダにしない方法

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

その他の動画配信サービスについて

Amazonプライム・ビデオ(Amazonプライム)

Amazonプライム・ビデオという見放題動画配信サービスが特典としてついてくるアマゾンの有料会員、Amazonプライムは、全人類が入るべきサービス。ざっくりいうと、

「1日13〜14円支払えば、非常に文化的で、充実した生活を送ることができる」ようになる。

Amazonの

送料無料
お急ぎ便・日時指定便無料

という、Amazonユーザーならありがたい特典が月500円or年4900円で受けることができます。

2000円以上買って送料を無料にすることなんて考えずに購入できるし、お急ぎ便を使えば頼んだ翌日に届く。福岡の田舎に住んでいたとしても、すぐに注文した商品が届くし、日時指定便も無料になる。こういった特典がついて月500円or年4900円です。

というAmazonの有料会員なんですが、他にも、

Amazonプライム・ビデオが見れる
プライム・リーディングで本がタダで読める
Kindleオーナーライブラリーの1冊をタダで読める
プライム・ミュージックで音楽聴き放題
プライム・ラジオ聴き放題
Kindleが4000円引きに
プライム・フォトで写真が保存できる
プライムデー(限定セール)の参加権をゲットできる
アマゾンパントリーで日用品をまとめ買いできる
プライムNOWが使える
アマゾンフレッシュで生鮮食品が買える
プライムワードローブで試着ができる

といった特典も、おまけとしてついてきます。

青文字のやつが僕が便利だと思う特典です。

Amazonプライム・ビデオが見れるAmazonプライム会員のメリットまとめ

まず、プライムミュージックで配信されている楽曲が、聴き放題。入ってみればわかるけど、案外聞ける。

ただこのサービス、曲が入れ替わって以前聞けた曲が聞けなくなったりすることもしばしばある。

昔はクイーンの『オペラ座の夜』というアルバムが入っていて、その中に入っているBohemian Rhapsodyなどといった楽曲を聞きまくっていたのに、もう今は聞けなくなったりとか。そういったこともある。

代わりにSomebody to Loveが聞けたりしたけど、そのかわりによく聞いてた曲が消滅することがよくあります。

クイーン入門におすすめな曲トップ10を考えてみた

だが、Amazon Music Unlimitedに入ればそういった不満は解消する。

Amazon Music Unlimitedについては以前まとめたことがあるのでそちらを参考にしてほしい。

Amazon Music Unlimitedレビュー

音楽配信サービスに入ると、楽曲数が桁違いになって、聞きたい曲がほとんどある状態になる。

プライム会員であればAmazon Music Unlimitedの料金が、この手の音楽配信サービスの最安値、月780円になるというメリットもある。Apple MusicやSpotifyプレミアムよりも安くなるのだ。

加えて、本も読み放題。Kindleのアプリを使っていろいろな本が読める。このサービスも案外ラインナップが充実している。

▷ ラインナップ一覧

そして限定セールに参加できたりいろいろと特典がある。

この中でも一番すごい特典が、Amazonプライム・ビデオだ。

さっきU-NEXTとの比較ででてきましたが、

スピルバーグの作品だと現時点(2020年4月)で、


ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
宇宙戦争
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
A.I.
マイノリティ・リポート

が見放題です。

U-NEXTに比べれば少ないです。でもこれ、月に500円のAmazonの送料関係が無料になるサービスのおまけにしては、ものすごく見れると思いませんか?

あと、Amazonプライム・ビデオが強いのは、海外ドラマ。『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』、『バンド・オブ・ブラザース』などといった名作ドラマが見放題になります。月500円で。U-NEXTやNetflixなどといった単体で強い動画配信サービスよりは作品数が劣りますが、おまけにしては見れるコンテンツ数がえげつない。そんなサービスです。

U-NEXTに入会したら200本くらい見たい映画が常時見つかるけど(個人的な体感として)、Amazonプライム・ビデオなら80本くらい見つかるみたいなそんな感じです。80本もあるんだったらU-NEXT入らなくていいじゃん!って思う人もいると思います(笑)

と、いうのがAmazonプライムです。これだけ特典がついて、1日14円程度。時給800円としても1日1分くらい働けばこれだけの恩恵を受けることができる。

最近ちょっと値上げして、11円が14円くらいになったけど、絶対に入るべき。

価格帯は

年間プラン
通常会員…4900円
学生会員…2450円
月額プラン
通常会員…500円
学生会員…250円

というような感じ。学生はめっちゃ得。今大学生とかだったら絶対入ったほうがいい。通常会員と違って、6ヶ月無料体験できるし。

そしてAmazonプライムの値上げでお得度が増したのがこのAmazonゴールドカード年会費10800円を支払う代わりに

・Amazonプライムの会費が無料
・Amazonショッピングで2.5%のAmazonポイントを付与
・Amazon外のショッピングでも1%のAmazonポイントを付与
・全国主要空港のラウンジが使える

といった特典がついてくる。このカードの年会費は値上がりしていないので、以前に比べてこのカードのお得度が増したことに。

そして

・「マイ・ペイすリボ」(支払いが自動的にリボ払いになるシステム)に申し込むことで、年会費が半額(5400円)に
・「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで1080円引き(2年目以降)

といった割引サービスもある。リボ払いに関しては超注意しなければならないけど、使用金額の上限はかなりあげられるようなので、上限にいかないように設定すればリボ払いせずに済む。

これさえすれば6480円(2年目以降)の割引を受けれる。なので、実質4320円。プライム会員費より500円以上安くなってるのだ。

つまりプライム会員の特典+ラウンジ使えて通常より500円安いということになる。加えて見た感じポイントも貯まりやすそう。超お得。なのでプライム会員は要チェック。絶対チェックしておいたほうがいい。

Amazonゴールドカード

Disney+(ディズニープラス)

ディズニー映画を見るならDisney+(ディズニープラス)(※旧ディズニーデラックス)が一番おすすめです。なぜかというと、基本的に全部見れるからです。

先程紹介したU-NEXTとAmazonプライム・ビデオでディズニー映画を見る場合、レンタルで各自借りる必要がありますが、Disney+(ディズニープラス)に入れば課金せずとも見放題で見ることができます。

まず旧来のディズニーデラックスについて説明すると、唯一のディズニー公式サービスで、4ブランド、つまりはディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズのコンテンツをまとめて楽しめる動画配信サービス

(公式サイトより引用)

で、Disney+(ディズニープラス)というのは2020年6月11日にこのディズニーデラックスがリニューアルしたもの。先述の4コンテンツにナショナル ジオグラフィックが加わって5つになったり、オリジナルコンテンツが充実したりしたものです。

要は、ディズニーデラックスがバージョンアップしたものがDisney+(ディズニープラス)です

月額料金は700円(税抜)、初めて利用する場合は「初回31日間の無料お試し」ができる。docomoがやっているサービスですが、キャリアを問わず利用可能なので、ドコモの携帯電話を持っていない人も、通信会社を問わず使うことができる。

Disney+(ディズニープラス)には

・海外版のアプリよりも劣化している感が否めない

・dアカウント(ドコモのアカウント)に契約する手間がめんどくさい

というデメリットがありますが、

・コンテンツがハイパーリッチ

・英語字幕がつけれるので勉強もできる

というメリットがあります。

PS4で見れなかったりちょっと残念なところはありますが、コンテンツがハイパーリッチで、かなり見ることができます。だいたい有名どころは配信されていて、『イカボードとトード氏』のようなDVD化されていないような激レア映画までもが配信されています。

ディズニーデラックスで見れるディズニー映画まとめ!逆にどれが見れないのか

また、ディズニーデラックスがDisney+(ディズニープラス)にリニューアルしてから、新作を配信するペースが前より早くなりました。

ディズニーデラックスだった頃は、『アラジン』よりあとに公開された作品は見放題で配信されていませんでした。でも、Disney+(ディズニープラス)になってからは『アナと雪の女王2』や『トイ・ストーリー4』、『ライオン・キング』(実写)などといった新作を一気に見放題で配信するようになりました。

U-NEXTでは1作品に400ポイント(円)くらいかかるディズニー映画が、700円で見放題になるので、U-NEXTと併用すると、使い勝手いいですよ。

Disney+(ディズニープラス)のメリット・デメリット、契約方法、テレビで見る方法を総まとめ

ディズニーデラックスで見れるディズニー映画一覧|逆に何が見れないのか。

ディズニー映画をお得に見れる動画配信サービスはどれ?

Netflix

Netflixに関しては世界最大の動画配信サービスで、もはや通販でいうAmazonのようなポジションになっている。なので一度は入るべきサービスだ。

Netflixの強みは、オリジナルコンテンツが凄まじく充実していること。そして、そのコンテンツがテレビで言う月9などと同じような感じで、世間で話題になっている、なりつつある。このコンテンツを見まくれるというだけで、月1000円以上払う価値がある。

番組だけでなく映画でもそうで、実際2019年のアカデミー賞で最も注目されたことは「Netflix製作の映画が作品賞を獲れるか否か」だった。このアカデミー作品賞最有力候補『ROMA/ローマ』は、結局受賞はできなかったものの、最多部門ノミネートされ、非常に高い評価を受けた。

この作品は『ゼロ・グラビティ』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などで知られるアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。映画好きが2018年公開作で最も注目する作品の一つだった。実際僕は『ROMA/ローマ』を見るためにお試し入会した。そういう映画好きは多いと思う。

そして2020年のアカデミー賞でもNetflix勢が大躍進。『アイリッシュマン』や『マリッジ・ストーリー』などといった作品が作品賞候補になり高い評価を受けた。その他にも、『アナイアレイション』や『7月22日』、『イカロス』『13th -憲法修正第13条-』『最後の追跡』『Okja/オクジャ』などといった賞レースを賑わせた映画・ドキュメンタリーがNetflix独占配信。

アカデミー賞などで話題になった作品も多く、『Okja/オクジャ』は2020年アカデミー賞で作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督の前の作品だ。オリジナルコンテンツなので、今の所Netflixでしか見ることができない。映画好きとして明らかに見といたほうがよさげな作品が頻繁に配信されているのだ。

加えてNetflixでは、オリジナルでないコンテンツも、独占配信している場合がある。

こういったコンテンツを見れるか否か。それだけでNetflixに入る価値がある。

詳しくはNetflixの評判の記事を参考にしてほしい。

Netflixの評判を検証

Netflix

その他のサービスについて

あとDMMの見放題もある。

DMMの見放題は名作映画がかなり配信されているので、映画史において重要な名作映画を見まくりたい人には意外におすすめ。

あとああいう系の動画がいろいろ見放題。2000本のその他♡の動画が500円で見れる。2週間無料で使えるのでいつも合法的に見てない人はお試ししてみましょう笑

新記事・男必読!(笑)SODの復旧を待つ間にU-NEXTの無料体験をすべき理由

dTVも500円の割にすごくいいサービス。500円でこれだけ見れたら文句言えないレベルだ。名作映画に強いサービスでAmazonプライム・ビデオよりも若干見れる印象です。

ただ、ちょっとデメリットもある。そのことは以前記事にしたのでそちらを参考にしていただきたい。ただ、500円にしてはめちゃくちゃ見れる動画配信サービスなのは間違いない。

dTVレビュー

Huluもメジャーな動画配信サービスだが、僕はほとんど使ったこと無いからよくわからない。自分が使ったことのあるサービスしか紹介しないつもりだから、安易におすすめできない。

だけど、Huluも非常に評判のいいサービスなので、かなり使えると思う。近々体験したらアップする予定ですが、他にやりたいことあるし先になるかな笑 調べた感じ、国内・海外ドラマにかなり強いVODです。

ぜひ、参考にしてみてください。

無料体験を使いこなす

個人的に動画配信サービスで映画好きにおすすめだと思うのは、Amazonプライム・ビデオU-NEXTDisney+(ディズニープラス) Netflixの4つだ。

この中のAmazonプライム・ビデオU-NEXTディズニーデラックスや、HuludTVDMM見放題などのサービスでは、無料体験を行っている。

だが、動画配信サービスの無料体験はいつなくなってしまうか、いつ期間が短縮するかわからないので、早めに体験したほうがいい。

Netflixもこの前までは31日間無料体験できたのに、最近終了した。

他のサービスでも無料体験の終了はありえます。後悔しないためにも早めにやっておきましょう。

ディズニーデラックス

ーーー

僕のサイトではこのように映画がお得に見れる情報についてまとめているので、よかったら読んでいってみてください。

動画配信サービス

動画配信サービスをTVで見る方法
新作映画をレンタルするならAmazonプライム・ビデオで借りるの一択という話

おすすめ動画配信サービスまとめ

洋画(外国映画)に強い動画配信サービスはどれ?映画好きがガチセレクト
邦画が見放題の動画配信サービスはどれ?映画好きがガチセレクト
ディズニー映画が見放題の動画配信サービスまとめ

Amazonプライム・ビデオ
Amazonプライム

U-NEXT
U-NEXT(本記事)
U-NEXTポイントって何?コインと違いを解説
契約したのにU-NEXTポイントがもらえない!という口コミが多いわけ
【騙されるな!】ディズニー(新作)目的でU-NEXTに入っちゃいけないわけ
男必読!SODの復旧を待つ間にU-NEXTの無料体験をチェックすべき理由
U-NEXTでしか見れない?ちょっとマイナーなおすすめ見放題映画10選
U-NEXT無料トライアルの教科書
U-NEXT無料トライアル入会前に注意すべき3点
U-NEXTを無料トライアルの時点で確実に解約してお金をムダにしない方法

Disney+(ディズニープラス)/旧ディズニーデラックス

Disney+(ディズニープラス)のメリット・デメリット、契約方法、テレビで見る方法を総まとめ
ディズニーデラックス
ディズニーデラックスのデメリット&悪い口コミ
ディズニーデラックスのラインナップ 逆に何が見れないのか

Netflix
Netflix
Netflixおすすめ実話映画10

比較
U-NEXT VS Netflix
U-NEXT VS Amazonプライム・ビデオ

その他関連記事

家でもできる趣味4選|有益かつひとりでもできること
(ネットでよく見る安い店)駿河屋の評判がひどいけど実際どうなの?
映画好きならBSプレミアムの映画録画がお得という話
新作映画を見るならWOWOWが一番お得かも。契約の仕方と注意点|BSさえ見れれば超簡単です。
2019年の映画を振り返る・2019年に鑑賞した100本の新作映画から考えるベストテンと50、2019年映画の特色

おすすめの記事