Apple Musicってどうなの?口コミ評判を検証|入るメリットやおすすめポイント・他の音楽配信サービスとの比較など

Apple Musicってどうなの?口コミ評判を検証|入るメリットやおすすめポイント・他の音楽配信サービスとの比較など

Apple Music の評判・口コミ検証。

スポンサーリンク

結論から言うと、僕が今まで紹介してきた音楽配信サービス、Amazon Music Unlimited、 Spotifyプレミアムなどとメリット面では変わらない。ラインナップ的にはAmazon Music Unlimitedより若干曲数が多くて、Spotifyプレミアムに似ている。ただ、おおまかな特徴は変わらない。

人それぞれ好みは違うと思うので、3社とも無料体験して考えてほしいけど、僕としてはSpotifyプレミアムが一番おすすめ。僕は多分、Apple Music の無料体験が終わったらSpotifyプレミアムに入ると思う。ただ最近は、もうこのままApple Music に入り続けてもいいなあと思っている。

今回はそんなApple Music についてまとめていきます。

音楽配信サービスに入るメリット・CDとの違い

音楽配信サービスに入っていれば、ネットに繋がっていればスマホやパソコン、テレビなどで聞くことができるし、ネットに繋がっていなくてもダウンロードしておけばどこでも楽しむことができる。

CDの音源をパソコンにダウンロードしてスマホに同期するという手間がなくとも、すぐに聞くことができる。旧来の音楽の聞き方よりも圧倒的に楽なので、間違いなくCDから取って替わられる。

こういったサービスはApple Music以外に , Amazon Music UnlimitedやSpotifyプレミアムなどがある。だいたい値段設定も聞ける音楽の多さも若干差はあるものの同じくらいだ。

Spotifyプレミアムレビュー

では、こういった音楽配信サービスに入るメリットについて簡単に書いておきます。これらのメリットは、Apple Musicでも、Amazon Music Unlimitedでも変わらないです。

音楽配信サービスに入るメリット

音楽配信サービスは「自分の求めているものが9割方聞くことができる夢のようなジュークボックス」といったような感じです。それを月1000円程度で使うことができる。配信数が、期待以上にえげつないんですよね。

CDを借りる手間、管理する手間がかからない

「スマホ フリー画像」の画像検索結果

先程も書いたとおり、CDをパソコンに入れてスマホに同期しなくとも音楽を聞けるので、CDをパソコンに取り込んで管理するという手間がほとんどなくなる。

よほどメジャーな楽曲でなかったりした場合は聞けないものの、だいたい自分が聞きたいと思ったものは入ってるのでYouTubeで音楽を探すノリで楽曲を聞くことができるのだ。パソコンから同期しなくても、直で音楽を聞くことができる。なので、CDで取り込むよりもめちゃくちゃ気軽に聞ける。

Wi-Fiとか繋いでるときなら通信量気にせずに楽しめるし、ダウンロードしとけばどこでも楽しむことができる。パソコンでのめんどくさい作業を全くせずに、音楽を楽しめる。

僕は前、WindowsのパソコンからMacBookに買い替えたけど、iTunesの音楽を新しいパソコンに移行していない。めんどくさいから。Windowsのパソコンに大量の楽曲が入ってるんだけど、何も扱っていない。

僕も昔はよくレンタルCD大量に借りてパソコンに取り込んでました。僕、昔は結構なコレクターだったんですよね。サマソニとかFUJI ROCKに出演するような海外のバンドを主に、いろんなアーティストのアルバムのCDを借りてきてめっちゃ音源を集めてました。

普通の店舗に置いてないようなCDは都心に行って借りてきたりしました。Radioheadみたいな、すごい好きなわけではないけどたまに聞くみたいなバンドのアルバムもコンプしたり、好きなものとか人気なものは一通り揃える気で借りてました。

でも、そういったことをしてると、近くのTSUTAYAとかでもなかなかCDを置いてないものとかも見つかったりするんですよね。

僕、3年くらい前からBELLE AND SEBASTIANというバンドにハマっていて結構聞いてるんですけど、近くのTSUTAYAとかに置いてなくて三宮とか梅田のTSUTAYAまで借りに行ったりとかそういう感じでした。その時はまだ関西に住んでたんでね。

Push Barman to Open Old Wounds

TSUTAYAと宅配レンタルと図書館の在庫を調べ上げて音源をゲットするライフスタイルでした。

なんで、結構音楽自体は持ってるんですよね。

でも、新しいパソコン買い替えたときに、音楽を移行するのがすごくめんどくさくなりました。昔やったことあるけど、移動させたかどうかわからない楽曲をパソコンに移動させたら二曲ダブってしまって、消すにもファイルがごちゃごちゃしてるし扱うのが面倒になったとかで、管理するのがめちゃくちゃめんどくさかった。

これは僕と同じような蒐集家なら気持ちがわかるんじゃないですかね。

加えて、膨大な量の音楽を違うパソコンに移動させると時間もめちゃくちゃかかる。大量のデータを持っているとこういったことが起こる。1回管理しようとしたらちょっと整理しようとしただけで2,3時間くらいかかったこともあった。

ですが、音楽配信サービスに入ると、この手間がゼロで僕が普段聞くほとんどの楽曲を聞くことができました。あんだけ苦労して集めた音源がほとんどあるし管理しなくてもいい。そして管理する時間がゼロになる。

1000円くらい払えば、管理する手間もなく、気軽に音楽を聞くことができる。膨大な音楽を一気に管理しようとしたら、1,2時間以上普通にすぎるんですが、1ヶ月に1,2時間くらいバイトすれば、このジュークボックスを使うことができるというわけです。

BELLE AND SEBASTIANRadioheadもアルバムコンプしてる完璧なジュークボックスが管理の手間いらずで使うことができるわけです。

ついでにレンタル収集だと聞けないようなシングルのカップリング曲も聞けます。

いろんなTSUTAYAを回らずとも、輸入盤CDを買わなくても、聞きたい音楽を聞くことができる。めちゃくちゃ時間を節約できる。洋楽はあまりにもマイナーなもの以外は、ほとんど入ってるんじゃないかってくらい充実しているジュークボックスが1000円位で使えるんです。

最新のアルバムも充実

新作も普通に配信されている。

ぼくが大学の頃からよく聞いているバンドにArctic Monkeysっていうグループがあるんですけど、彼らの最新アルバムが最近出たんで買ったんですよね。

Tranquility Base Hotel & Casin

レンタルだと結構間が空くから、待ちきれないと思って購入したんですけど、ここで検索したら普通に配信されていました。

なんでCDからiTunesに取り込んだ音源で一切聞いてません。

博多に行ったときに県内で一番でかいタワーレコードを物色して最新アルバムを試聴したりするんですけど、音楽配信サービスで検索すると買わなくても聞けることが判明したりすることがよくあります。

あと、新作映画を見た直後にサントラを聞くのも可能です。最近だと『アラジン』とか『トイ・ストーリー4』のサントラとかも、買ったりレンタルせずに聞くことができます。

Aladdin

トイ・ストーリー4 (オリジナル・サウンドトラック)

日本で聞くのが難しいアルバムも聞ける

アメリカでしか販売されていないアルバムも聞けたりできる。輸入して買わないと聞けないような音楽も、普通に聴き放題で聞くことができます。

たとえば映画のサントラで日本では発売されていないとか、海外のバンドで日本だとなかなかレンタルで置いていないものとか、そういったものも聞くことができます。僕だと、最近見た映画で好きだった『僕たちのラストステージ』のサントラとか、なかなかレンタルに置いていないNeutral Milk Hotelのアルバムとかをたまに聞きます。

Stan & Ollie: Original Motion Picture Soundtrack

In the Aeroplane Over the Sea

音楽に詳しくなくても楽しめる

あと、人がつくったプレイリストも配信されていて、それを聞くだけでも結構楽しめる。今話題の音楽とか、CMで使われた音楽とかヒットチャートとか。加えてAppleMusicは世界中の国のヒットチャートを聞くことができたりなど、プレイリストが充実している。

なので話題の曲を聞いてみたいとか思ったときにはYouTube感覚で調べることができますね。広告とか見る必要なく聞くことができるし、バックグラウンド再生もできます。雑誌とかネットとかから知った曲を聞くだけでも十分楽しめます。

まあ、音楽にあまり興味のない人でも、人気のやつ聞くだけでも楽しめます。CMの曲とか今年のベストヒットとか聞いてるだけでもかなり満足できるサービスです。TSUTAYAとかでは借りれないようなアルバムも置いてあって、そういった楽曲が含まれたプレイリストもあったりするので、ニッチな楽曲を聞きたい人にもおすすめ。

こういったメリットのある音楽配信サービス。1000円払えばこれだけの恩恵を受けることができる。

音楽配信サービスのデメリット

続いてはデメリットというか、ちょっと不満に感じてしまう点について。これに関しても、だいたい他のサービスも同じです。ただ、そこまでありません。

邦楽が少ない

日本の音楽会社はあまりこういったサービスに参加したがらないので、邦楽は少ない。

ただ、全くないわけではなく、最近増えてきている。僕は基本的に邦楽聞かないんでよくわかりませんけど、スピッツとかポルノグラフィティとかミスチルみたいなメジャーなバンドの楽曲もかなり配信されているようです。

あと最近、昔よく聞いていたBUMP OF CHICKENが配信されてずっとバンプ聞いてます。家のパソコンに入ってるんですけど、同期とか整理がめんどくさくて扱っておらず、全く聞いてなかった。だけど最近発表された新作アルバムも配信されていたりするので、よく聞いてます。FLAME VEIN

でも邦楽は洋楽に比べて圧倒的に少ないです。昔よく聞いてたシンガーソングライターとかバンドの名前で検索しても出てこないですし、やっぱり少ない印象。SpotifyプレミアムとかApple Musicはかなりカバーされていますが、抜けもあります。

検索しづらい場合も

日本語と英語がごっちゃになってる。例えば Nightmare Before Christmas と検索しても、この映画のサントラが出てこないんですよね。でも、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と検索すると出てくる。

普段は英語タイトルのほうが出てきやすいのに、日本語タイトルじゃないと出てこない場合があったりします。ディズニー系のサントラは全体的にこんな感じ。なんで注意して検索しなければなりません。

入っていない楽曲の抜けが痛い

先程書いたように邦楽が入っていなかったりなどもしているので、9割がたは聞けますが、残り1割をどうにかしないといけない。なのでそれがめんどくさい。

ものすごくUNISON SQUARE GARDENを聞きたい気分になっても音楽配信サービスで配信されていないので、我慢するかパソコンで整理しなければならない。この手間がめんどくさい。せっかく整理から解放されたのに、一部の曲を聞くために管理しなければならないもどかしさを感じたりもします。

総じて

まあでも、トータルで考えると音楽配信サービスには絶対に入ったほうがお得です。1時間ちょっと働いたらもらえるようなお金を払えば、非常に充実したジュークボックスを管理いらずで扱える。なので絶対に入るべきです。続いて今回の本題、Apple Music についてざっくりと説明します。

Apple Music とは

Apple MusicはApple公式の定額制音楽配信サービス。iPhoneに標準搭載されているミュージックアプリから聞くことができ、新たに専用のアプリをインストールする必要がない。使い勝手は完全にiPhoneのミュージックアプリそのままなので、使い慣れている人にはものすごく使いやすい。

月額980円で5,000万もの楽曲が聴き放題で、はじめの3カ月は無料。日替わりのレコメンド機能や世界のラジオ、ミュージックビデオや歌詞表示などにも対応しており、多彩なコンテンツが楽しめる。

 

Apple Music のメリット・デメリット

Apple Music のメリット

まずメリットから

iPhoneユーザーはアプリそのままなので使いやすい

iPhoneユーザーはミュージックアプリそのままなので使いやすい。気になったアルバムや楽曲を見つけて、追加ボタンを押したらそのままライブラリに追加される。なので、iTunesやiPhoneでコツコツためてきたライブラリの楽曲と、Apple Music のクラウド上にある膨大な楽曲でプレイリストを作ったりできる。

iTunesやCDから取り込んだ音源とApple Musicで追加した音楽は、ライブラリで一元管理できる。そのため、お気に入りのプレイリストを作成するときは、Apple Musicで配信されていない曲をCDに取り込み、補うことが可能。

プレイリストが比較的充実している

プレイリスト機能が結構面白いです。Spotifyだとランニング用とかBPM別とかあったりして結構充実しているんですが、Apple Music も結構面白いものがあります。例えば国別トップ100とかが聞けます。日本・アメリカなどといった国はもちろん、アゼルバイジャンのトップ100とかも聞けます。こういうプレイリストをたまに聞いて「面白いなー」と思ったりします。

あと、アーティストのページを見るとはじめての〇〇といったようなプレイリストがあるので、初心者には便利です。はじめてのColdplayとか、はじめてのRed Hot Chili Peppersとか、知りたいバンドの有名曲を一気に聞けるプレイリストがあって結構重宝しています。

Apple Music のデメリット

続いてデメリットについて

Androidユーザーはめんどくさそう

iPhoneユーザーにとって既存のミュージックアプリと同じ使い勝手で、同じIDで使えるApple Music は、楽に使うことができる。

だけど、Androidユーザーの場合、Apple IDを登録する手間がかかったりするし、アプリを使い慣れていないので、あまり使い心地は良くないと思う。iPhoneユーザーなら絶対に一度は体験してみるべきと思うけど、Androidユーザーに関してはあまりおすすめできない。Apple信者でMacBookやApple Watch、iPadも持っているような人だったらいいけど、まったくこういったデバイスを持っていない人は使い勝手が悪いと思う。

Apple Music とその他のサービスの違い

Apple Music のメリットとデメリットをまとめてみましたが、正直言って他の音楽配信サービスとそこまで変わらないです。他の音楽配信サービスと比較してみます。

Prime Musicとの違い

Amazonのプライム会員ならば使うことのできるPrime Music というサービスもあるが、これに関しては曲数が少ない。案外聞けるけど、自分の聞きたい曲の3,4割くらいは聞けるといった印象。これの強化版がAmazon Music Unlimitedこっちは曲数が圧倒的にちがう。

Prime Music を使用していた頃は、聞いてた曲が頻繁に消えていた。一定期間をすぎると配信停止したりすることがあるため、リストから削除された音楽は買ったりしなければ聞くことができなくなる。

なので、Prime Music を使ってた頃はCDレンタルで借りることが多かったですね。配信停止したお気に入りの曲を聞くために、GEOの宅配レンタルとかTSUTAYAでCDを借りることが多かった。

個人的に最もおすすめなGEO宅配レンタルについて

ゲオ宅配レンタルの悪い評判を検証

GEO宅配レンタル公式サイトはこちら

例えば、僕がPrime Music でめちゃくちゃよく聞いてたQueens of the Stone Age というバンドのアルバムが配信停止になったとき、お金がかかるなあと思いつつもそのCDをレンタルして取り込んだことがありました。

SONGS FOR THE DEAF

 

でも、Amazon Music Unlimited に切り替えてからそういったことが一切なくなった。Prime Music で配信停止した音楽も検索すれば普通にあるのでそれで聞いている。CDレンタルで取り込むことがほとんどなくなった。

Prime Musicよりもものすごく膨大な曲数をカバーしていて、音楽も消えることがほとんどないサービスがAmazon Music Unlimited なのだ。

Amazon Music Unlimitedとの違い

続いてAmazon Music Unlimitedとの違い。さっきも書いたけどざっくりいうと、

Prime Music は「おっ!入ってる!ラッキー!!」みたいな感じ。

Amazon Music Unlimitedはそんなこと気にせずとも入ってるみたいな感じ。よほどメジャーな楽曲でなかったり邦楽だった場合はないものの、だいたい自分が聞きたいと思ったものは入ってるのでYouTubeで音楽を探すノリで楽曲を聞くことができ、Prime Music よりも Amazon Music Unlimitedのほうが圧倒的に聞ける。

Amazon Music Unlimitedについて

曲数は6500万曲に対応している。Apple Music は5000万曲なので、Amazon Music Unlimitedが勝っているということになる。だけど、実際使ってみて、Amazon Music Unlimitedよりも、Spotify やApple Music のほうが日本人好みの楽曲が多い、と思った。

Amazon Music Unlimitedは、Apple Music や Spotify などと比較したとき、若干邦楽に弱い。高校時代に僕が聴いていたような邦楽ロックは、Amazon Music Unlimitedであまり配信されていなかった。だけど、Spotifyプレミアムだと聞けることが多い。なので、Spotifyプレミアムに入ったらしばらく、邦楽ロックを懐かしみながら聞くことが多かった。

Amazon Music Unlimitedのときはそういったことはなかった。聞けたとしてもサカナクションくらい。サカナクションのベストよく聴いてましたけど。でもSpotifyプレミアムはその他10組くらいのバンドの曲が聞けたりした。

洋楽しか聞かない僕みたいな人間にはさほど気にならない。とはいえど、たまに高校時代によく聴いていた邦楽ロックを聴いたりもしたので、あったらあったで便利だ。

Amazon Music Unlimited VS Spotifyプレミアム

次に値段に関して

Apple Music は980円で、Amazon Music Unlimited も980円だ。

だけど、Amazon Music Unlimited の場合、プライム会員ならば200円安い780円で使用することができる。

プライム会員はいずれにせよ全人類が入るべきサービスだと思っているので(半分冗談ですが半分本気です)、実質一番お得だよなあと思ってます。いつか記事にする予定ですけど、音楽とか動画コンテンツをこれほどリーズナブルに楽しめるサービスないんでね。絶対入ったほうがいいですよ。詳しくは記事の終盤に触れます。

Amazonプライムレビュー

Amazon Music Unlimited

Spotifyプレミアムとの違い

Spotifyプレミアムとの違い。

まず曲数。Spotify は4,000万曲なのでApple Musicに比べて少ない。だけどSpotifyはApple  Music で聞ける楽曲とタイプが似ている。

Amazon Music Unlimited で聞けなかった邦楽バンドの楽曲でもSpotify やApple Music などで聞けたということが多かった。なので、僕的にはApple MusicはAmazon Music Unlimitedよりも多く聞けて、Spotify とトントンといった印象だった。

関連記事・Amazon Music UnlimitedとSpotifyプレミアムを徹底比較。Spotifyプレミアムもなかなかよかった

その他の点でもApple MusicはSpotifyに似ています。ただ、Spotifyのほうがプレイリストが充実していたりするので、僕はSpotifyプレミアムにしばらく入ると思います。

Spotifyプレミアムについて

まとめ

まあでも、今Apple Musicに入ってるんですがこのまま入り続けてもいいよなあと思いました。あと数日で解約といった感じにする予定なんですが、思いの外聞きまくっているのでそのまま入り続けるのかもしれません。

Apple Musicを無料体験する

スポンサーリンク

関連記事・おすすめ動画サブスクリプション

音楽のサブスクリプション(聴き放題サービス)だけでなく、映像コンテンツのサブスクリプションも入ると世界が広がります。これから音楽同様、映画もレンタルではなく配信で見る時代になります。

U-NEXTの評判を検証

dTVの評判を検証

Netflixの評判を検証

ディズニーデラックスの評判を検証

補足・Amazonプライムには入るべき

加入すればAmazon Music Unlimitedの月額料金が780円になる、Amazonプライムに関してざっくりと書いておきます。

Amazonプライムとは

「1日13〜14円支払えば、非常に文化的で、充実した生活を送ることができる」サービスです。

Amazonプライム・ビデオが見れる
プライム・リーディングで本がタダで読める
Kindleオーナーライブラリーの1冊をタダで読める
プライム・ミュージックで音楽聴き放題
プライム・ラジオ聴き放題
送料無料
お急ぎ便・日時指定便無料
Kindleが4000円引きに
プライム・フォトで写真が保存できる
プライムデーの参加権をゲットできる
アマゾンパントリーで日用品をまとめ買いできる
プライムNOWが使える
アマゾンフレッシュで生鮮食品が買える
プライムワードローブで試着ができる

といった特典がついてくる。(僕が特に便利だと思ったものは赤線を引いている)

Amazonプライムの料金

通常会員

アマゾンプライムには、年間プランと月額プランがある。

年間プランの場合、税込み4900円。月額プランは500円だ

年間プランの場合、月額408円ということになるので、月額プランよりもお得だ。だけど、年間プランの場合は、年契約なのでやめたいと思ったときにやめられないというデメリットもある。

▷ アマゾンプライム通常会員を無料体験してみる

学生の場合

先程も書いたとおり、学生の場合はAmazonスチューデントというプランになって、通常の会員よりも安くなる。4年間入ることができて、6ヶ月無料体験ができる。月額250円、年額2450円。通常会員の半額だ。

なので、前述のように学割を体験できるのなら、学生のうちに体験しておいたほうがいい。

映画やドラマ見放題、音楽も聞けるし本も読めるといった、プライム会員のメリットを半額で体験できる上、本10%ポイント還元などといった、通常のプライム会員にはないサービスもある。

6ヶ月無料なので学生の方は気軽に体験してみてほしい。

▷ プライムスチューデントに6ヶ月無料体験してみる

プライム会員とプライムスチューデントの料金面での違い

プライム会員年プラン→月408円、無料体験1ヶ月
プライム会員月プラン→月500円、無料体験1ヶ月

学生プライム会員年プラン→月204円、無料体験6ヶ月
学生プライム会員月プラン→月250円、無料体験6ヶ月

プライムスチューデントのほうが圧倒的にお得だ。Amazonはお金に困っている苦学生の味方ということだ。

Amazonプライムの便利な点

Amazonプライム・ビデオ

僕はこういった記事も書くような映画好きなんですが、そんな僕でも配信数に驚く程度の量が配信されている。

 2019年1月から3月に劇場で見た新作映画19本のレビュー

▷ ストレス発散におすすめなアクション&コメディ映画56選

一度入ってみればわかりますけど、超見れますよ。半年くらいレンタルしなくても見る映画に困らないくらい普通に配信されている。

本が読み放題(プライムリーディング)

加えて、本も読み放題。Kindleのアプリを使っていろいろな本が読める。このサービスも案外ラインナップが充実している。

▷ ラインナップ一覧

プライムミュージック

あと、プライムミュージックで配信されている楽曲が、聴き放題。入ってみればわかるけど、案外聞ける。あまり音楽を普段聞かない人は、これだけで満足するかも。まあそんな人は、この記事読んでないと思いますが笑

先程も書いたとおり、Amazon Music で消えた音楽が消えてがっかりしたときは、Amazon Music Unlimitedに入れば解決する。Spotifyプレミアムでもいいけど。さっきも書いたとおり、プライム会員ならAmazon Music Unlimitedは割引が適応されるので、かなりお得だ。

▷ 無料でAmazon Music Unlimitedを体験する

送料・お急ぎ便・日時指定無料

そして、送料無料が無料になる。

加えて日時指定&お急ぎ便も無料。会員じゃないと一定の金額買わないと送料がかかってくるし、お急ぎ便もお金がかかってくる。それがタダで何度も使える。

先程も書いたプライムマークのついている商品は、僕みたいに九州の田舎に住んでいても注文した翌日に届きます。これが無料。

1日14円程度支払えば、これだけの恩恵を受けることができるのが、Amazonプライムだ。

Amazonプライムに入ってゴールドカードに入ればものすごくお得

Amazonプライムは最近ちょっと値上げした。その結果お得度が増したのがこのAmazonゴールドカード年会費10800円を支払う代わりに

・Amazonプライムの会費が無料
・Amazonショッピングで2.5%のAmazonポイントを付与
・Amazon外のショッピングでも1%のAmazonポイントを付与
・全国主要空港のラウンジが使える

といった特典がついてくる。このカードの年会費は値上がりしていないので、以前に比べてこのカードのお得度が増したことに。

そして

・「マイ・ペイすリボ」(支払いが自動的にリボ払いになるシステム)に申し込むことで、年会費が半額(5400円)に
・「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで1080円引き(2年目以降)

といった割引サービスもある。リボ払いに関しては超注意しなければならないけど、使用金額の上限はかなりあげられるようなので、上限にいかないように設定すればリボ払いせずに済む。

これさえすれば6480円(2年目以降)の割引を受けれる。なので、実質4320円。プライム会員費より500円以上安くなってるのだ。

つまりプライム会員の特典+ラウンジ使えて通常より500円安いということになる。加えて見た感じポイントも貯まりやすそう。超お得。なので近々入るつもりです。無職だけど。無職がゴールドカードに入れるのかいささか疑問なんですが、無職じゃないみなさんなら多分入れるので検討してみてください笑

Amazonゴールドカード

こういった恩恵を受けれるAmazonプライム。時給800円としても1日1分くらい働けばこれだけの恩恵を受けることができる。

なので、僕は全人類が入るべきサービスだと思ってます。

まずは30日無料体験して、いろんな特典を使い倒してみてください!

 

公開日: 更新日: 公開日: 更新日: 公開日: 更新日: