動画配信サービスに複数契約する場合どうする?おすすめの組み合わせを考えてみた

動画配信サービスに複数契約する場合どうする?おすすめの組み合わせを考えてみた

動画配信サービスは複数契約するべきなのか。

スポンサーリンク

動画配信サービスに2つ以上入れば、見れるコンテンツの選択肢が広がる。レンタルショップでDVDを借りなくとも、見るコンテンツに困ることのない生活を送ることができる。

ただ、個人的には、そこまで入りすぎなくてもいいと思う。正直言って、3つ以上入っても、絶対に使いこなせないのでお金を無駄にしてしまうだけだ。僕今3つ入ってるんですけどね(笑)

なので正直入りすぎはおすすめできないですが、2つくらいなら、頑張れば有効活用できる。動画配信サービスに複数契約する際、どんな組み合わせにしたら有効活用できるか、考えてみた。

この組み合わせなら、1つの動画配信サービスに入るよりも充実してるんじゃねと思ったのは、こんな感じです。

組み合わせ1・Amazonプライム・ビデオ✕dTV

組み合わせ2・Amazonプライム・ビデオ✕Netflix

組み合わせ3・U-NEXT✕NHKオンデマンド(U-NEXT内で完結)

組み合わせ4・FOD✕Hulu

組み合わせ5・dTV✕ディズニーデラックス

おまけの組み合わせ・U-NEXT✕DMM見放題

これらの組み合わせについて、考えてみます。

まず、それぞれの動画配信サービスについて、簡単に特徴をまとめてみた。

ざっくりと動画配信サービスについて

Amazonプライム・ビデオ(Amazonプライム)

Amazonプライム・ビデオが見放題という特典がついてくるアマゾンの有料会員、アマゾンプライムは、全人類が入るべきサービス。ざっくりいうと、

「1日13〜14円支払えば、非常に文化的で、充実した生活を送ることができる」ようになる。

Amazonプライム・ビデオが見れるAmazonプライム会員のメリットまとめ

Amazonプライム・ビデオが見れるだけでなく、

プライム・リーディングで本がタダで読める
Kindleオーナーライブラリーの1冊をタダで読める
プライム・ミュージックで音楽聴き放題
プライム・ラジオ聴き放題
送料無料
お急ぎ便・日時指定便無料
Kindleが4000円引きに
プライム・フォトで写真が保存できる
プライムデーの参加権をゲットできる
アマゾンパントリーで日用品をまとめ買いできる
プライムNOWが使える
アマゾンフレッシュで生鮮食品が買える
プライムワードローブで試着ができる

といった特典がついてくる。(僕が特に便利だと思ったものは赤線を引いている)

まず、プライムミュージックで配信されている楽曲が、聴き放題。入ってみればわかるけど、案外聞ける。

ただこのサービス、曲が入れ替わって以前聞けた曲が聞けなくなったりすることもしばしばある。

昔はクイーンの『オペラ座の夜』というアルバムが入っていて、その中に入っているBohemian Rhapsodyなどといった楽曲を聞きまくっていたのに、もう今は聞けなくなったりとか。そういったこともある。

代わりにSomebody to Loveが聞けたりしたけど、そのかわりによく聞いてた曲が消滅することがよくあります。

『ボヘミアン・ラプソディ』レビュー

だが、Amazon Music Unlimitedに入ればそういった不満は解消する。

Amazon Music Unlimitedについては以前まとめたことがあるのでそちらを参考にしてほしい。

Amazon Music Unlimitedレビュー

音楽配信サービスに入ると、楽曲数が桁違いになって、聞きたい曲がほとんどある状態になる。

無料でAmazon Music Unlimitedを体験してみる

プライム会員であればAmazon Music Unlimitedの料金が、この手の音楽配信サービスの最安値、月780円になるというメリットもある。Apple MusicやSpotifyプレミアムよりも安くなるのだ。

加えて、本も読み放題。Kindleのアプリを使っていろいろな本が読める。このサービスも案外ラインナップが充実している。

▷ ラインナップ一覧

そして、送料無料が無料になる。

加えて日時指定&お急ぎ便も無料。会員じゃないと一定の金額買わないと送料がかかってくるし、お急ぎ便もお金がかかってくる。それがタダで何度も使える。

と、いうのがアマゾン・プライムだ。これにその他の特典がついて、一番のメリットであるAmazonプライム・ビデオが見れて1日14円程度。時給800円としても1日1分くらい働けばこれだけの恩恵を受けることができる。

無料でアマゾン・プライムを体験してみる

最近ちょっと値上げして、11円が14円くらいになったけど、絶対に入るべき。そしてAmazonプライムの値上げでお得度が増したのがこのAmazonゴールドカード年会費10800円を支払う代わりに

・Amazonプライムの会費が無料
・Amazonショッピングで2.5%のAmazonポイントを付与
・Amazon外のショッピングでも1%のAmazonポイントを付与
・全国主要空港のラウンジが使える

といった特典がついてくる。このカードの年会費は値上がりしていないので、以前に比べてこのカードのお得度が増したことに。

そして

・「マイ・ペイすリボ」(支払いが自動的にリボ払いになるシステム)に申し込むことで、年会費が半額(5400円)に
・「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで1080円引き(2年目以降)

といった割引サービスもある。リボ払いに関しては超注意しなければならないけど、使用金額の上限はかなりあげられるようなので、上限にいかないように設定すればリボ払いせずに済む。

これさえすれば6480円(2年目以降)の割引を受けれる。なので、実質4320円。プライム会員費より500円以上安くなってるのだ。

つまりプライム会員の特典+ラウンジ使えて通常より500円安いということになる。加えて見た感じポイントも貯まりやすそう。超お得。なのでプライム会員は要チェック。絶対入っておいたほうがいい。

Amazonゴールドカード

ラインナップが評判と真逆のU-NEXT

続いて、ネットでの評判がものすごく悪いU-NEXTについて。

見放題が見れないと評判がものすごく悪いけど真逆、ものすごくラインナップが充実している。

U-NEXTの評判を検証

詐欺・悪質だと思われている理由はだいたいわかっているのでいつか記事にしようと思うけど、基本的に情弱が文句言ってるだけだ。

これだけ見放題で見れて、見放題で見れないとかいう文句を言われ続けているのは、もはやかわいそうになってくる。名作映画がめちゃくちゃ見放題で見れて、レア物も見れる、名作も見れる。値段以上の価値がある動画配信サービスだ。

料金はNetflixのプレミアムプランよりも高い1990円+税。なので結構高い。だが、1200ポイントついてくる。それで見放題ではないコンテンツのレンタルに使えたり、映画の券を買えたりするので実質800円くらいだ。

だけどこのポイント、案外使いづらい。そこがデメリットかな。効率的な使い方は映画の券を買うとかですかね。

あと最新作のレンタルに使うという手もある。300円とか400円とかするけど、レンタルDVDショップにわざわざ行って借りるよりも楽。時間を節約できる。

ああ、あと男性向けだけどああいう系の動画もかなり見放題で見れますよ。で、ポイントの有効期限が切れそうなときはレンタルになってるやつをポイントを使って見ればいい。普段合法的に見てない人にはいいんじゃないですかね。違法サイトよりどう考えても高画質ですし。

無料でU-NEXTを体験してみる

Netflix

Netflixに関しては世界最大の動画配信サービスで、もはや通販でいうAmazonのようなポジションになっている。なので一度は入るべきサービスだ。

Netflixの強みは、オリジナルコンテンツが凄まじく充実していること。そして、そのコンテンツがテレビで言う月9などと同じような感じで、世間で話題になっている、なりつつある。このコンテンツを見まくれるというだけで、月1000円以上払う価値がある。

地方だとまだテレビのほうが強いかもしれないけど、これからNetflixに入ってないと見れないテラスハウスの軽井沢編に関してクラスや職場で話題になるということが多くなるはずだ。地方ではわからないけど、「けもなれ見た?」と同じような感じで「テラハの最新話見た?」となっているところが圧倒的に多くなっているのだ。

番組だけでなく映画でもそうで、実際2019年のアカデミー賞で最も注目されたことは「Netflix製作の映画が作品賞を獲れるか否か」だった。このアカデミー作品賞最有力候補『ROMA/ローマ』は、結局受賞はできなかったものの、最多部門ノミネートされ、非常に高い評価を受けた。

2019年1月〜3月に見た映画まとめ

この作品は『ゼロ・グラビティ』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などで知られるアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。映画好きが2018年公開作で最も注目する作品の一つだった。実際僕は『ROMA/ローマ』を見るためにお試し入会した。そういう映画好きは多いと思う。

僕は他にも『イカロス』『13th -憲法修正第13条-』『最後の追跡』『オクジャ』などといった賞レースを賑わせるようなコンテンツを見た。これらの作品は批評家から絶賛された作品だ。

アカデミー賞などで話題になった作品も多く、映画好きとして明らかに見といたほうがよさげな作品が頻繁に配信されているのだ。

この他にも『アナイアレイション』『7月22日』といった見れなかった作品もそうだし、今後作られる作品でも、ハリウッドを代表する巨匠の一人、マーティン・スコセッシ監督がよくタッグを組むロバート・デ・ニーロを迎えて作る最新作、『アイリッシュマン』などといった、すでに話題になっている作品もある。映画好きも要チェックなコンテンツがNetflixに入ると月1000円程度で見放題になるのだ。

加えてNetflixでは、オリジナルでないコンテンツも、独占配信している場合がある。

U-NEXTFODなどといったその他の動画配信サービスも、非常にこの手のレア物が多い。だけどNetflixでは、Netflixでしか配信されていないものも多い。

僕が今回のお試しで見たのは『生きのびるために』(the Breadwinner)。アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされていた作品だ。この作品はDVDにもなっていないが、Netflixで独占配信されている。その他の類似の動画配信サービスには、こういったコンテンツはあまりない。

こういったコンテンツを見れるか否か。それだけでNetflixに入る価値がある。

詳しくはNetflixの評判の記事を参考にしてほしい。

Netflixの評判を検証

Netflix

その他のサービスについて

あとDMMの見放題もある。

DMMの見放題は名作映画がかなり配信されているので、映画史において重要な名作映画を見まくりたい人には意外におすすめ。

あとああいう系の動画がいろいろ見放題。2000本のその他♡の動画が500円で見れる。2週間無料で使えるのでいつも合法的に見てない人はお試ししてみましょう笑

dTVも500円の割にすごくいいサービス。500円でこれだけ見れたら文句言えないレベルだ。名作映画に強いサービスでAmazonプライム・ビデオよりも若干見れる印象です。

ただ、ちょっとデメリットもある。そのことは以前記事にしたのでそちらを参考にしていただきたい。ただ、500円にしてはめちゃくちゃ見れる動画配信サービスなのは間違いない。

dTVレビュー

Huluもメジャーな動画配信サービスだが、僕はほとんど使ったこと無いからよくわからない。自分が使ったことのあるサービスしか紹介しないつもりだから、安易におすすめできない。

だけど、Huluも非常に評判のいいサービスなので、かなり使えると思う。近々体験したらアップする予定。

動画配信サービスを複数契約するのなら

本題に入ろう。動画配信サービスに複数契約するのなら、最強の組み合わせはどれなのだろう。考えてみた。

組み合わせ1・Amazonプライム・ビデオ✕dTV

組み合わせ2・Amazonプライム・ビデオ✕Netflix

組み合わせ3・U-NEXT✕NHKオンデマンド(U-NEXT内で完結)

組み合わせ4・FOD✕Hulu

組み合わせ5・dTV✕ディズニーデラックス

おまけの組み合わせ・U-NEXT✕DMM見放題

について考えてみる。

選択肢が広がるけれども……。

動画配信サービスに入るのなら複数契約すべきだと思ってる、まだ契約していない人向けに言っておくと、正直言って、絶対複数契約したほうがいいというわけではない。

選択肢は広がります。だけど、基本的に動画配信サービスに一つ入れば、1ヶ月に見きれない量のコンテンツを見ることができる。なので、他のサービスに入る必要性はない。

各々の動画配信サービスの、コンテンツの充実度で考えると、

U-NEXTが1位。

僅差でNetflixが2位。オリジナルコンテンツを考慮するとこれくらいになる。

そしてdTVが3位。500円にしてはめちゃくちゃ見れる。

結構な差がついてAmazonプライム・ビデオが4位。といった印象。

調べた感じHuluは2位と3位の間くらいだと思う。

だけど、4位のAmazonプライム・ビデオでも退屈しないレベルでコンテンツを見ることができる。僕は見たい作品をなんとなく数えても、常時50本くらいすぐに見つかる。それくらい充実している。

5位のAmazonプライム・ビデオでさえこんな感じなのだから、U-NEXTに入ったら見たい映画が多すぎて困ったりもする。U-NEXTで配信されているメジャーな映画をひたすら見れば、えげつない映画の知識が手に入ると思う。なので、U-NEXTに入る予定で他のサービスも入ろっかなみたいに思ってる人は、まずU-NEXT単体でお試ししたほうがいいと思う。動画配信サービスは、だいたいひとつ入れば事足りる。

ただ、DMM見放題の場合は物足りなく感じると思います。修行感覚で昔の名作映画を見るならいいけど、一般人が娯楽で見るにはちょっと退屈に感じてしまいそうな作品も結構含まれている。映画好きなら結構使えるけど、あまり映画を見ない人が1940年代の映画とかを見まくってもすぐに飽きるでしょう。なのでDMMに関しては複数契約もいいかもしれない。まあ、このサービスに入る人はほとんど映画目的ではないと思いますけど(笑)DMMに関しては複数契約でもいいと思います。

と、ちょっと逸れたけど、こんな僕でも「これならいいんじゃね?」と思う動画配信サービスの組み合わせを考えてみたので、順に説明していきます。

組み合わせ1・Amazonプライム・ビデオ✕dTV

初心者に向いている。コストパフォーマンスのいい組み合わせ。

圧倒的にコスパのいい両サービスを同時に体験してみることで、動画配信サービスがどういったものなのか、メリット・デメリットはなんなのかがわかるようになると思います。僕が初めて複数契約したのもこの2つだし、今も両方入ってる。現在U-NEXTにも入ってるけど。1000円程度でこの2つを体験してみて、どれだけ見れるコンテンツが増えたか考えてほしい。

ちょっとダブることもあるかもしれないけど、この2つに入るだけでめちゃくちゃ世界が広がると思う。動画配信初心者にはおすすめの組み合わせ。

Amazonプライムを無料体験する

 ▷ dTVを無料体験する

組み合わせ2・Amazonプライム・ビデオ✕Netflix

これから最もメジャーな組み合わせになると思います。世間での1番人気と2番人気を組み合わせたような感じですね。そりゃそうです。

もうみんな入ってて当然のAmazonプライムと、みんな見てるはずのNetflixでオリジナルコンテンツを見る。

Amazonプライム・ビデオで映画やドラマを見つつ、Netflixでオリジナルコンテンツを見るという感じが、これから浸透していくはずです。映画好きやドラマ好きに限らず、男子小学生でいうTVバラエティや週刊少年ジャンプみたいな感じになっていきます。

Amazonプライムを無料体験する

Netflixに無料体験する

組み合わせ3・U-NEXT✕NHKオンデマンド(U-NEXT内で完結)

U-NEXTで完結してしまうけど、U-NEXTと、U-NEXTからもらったポイントで登録できるNHKオンデマンドに加入するという複数契約。

U-NEXTから毎月はじめに1200ポイントもらえる。それで見放題ではないコンテンツのレンタルに使えたり、映画の券を買えたりするわけだが、このポイントはNHKオンデマンドにも使える。

NHKオンデマンドに入れば、NHKが制作したドキュメンタリーなどの作品はもちろん、大河ドラマや朝ドラが見放題になる。「NHK見逃し見放題パック」「NHK特選見放題パック」がそれぞれ972円なので、毎月のポイントで1パック無料で見れるわけだ。

「NHK特選見放題パック」はベーシックな動画配信サービスと同じような、旧作に強みを持つサービス。「NHK見逃し見放題パック」は放送2週間以内の新作を見れるけど、「NHK特選見放題パック」に比べてコンテンツが少ない。

まあ僕が入るなら「NHK特選見放題パック」でしょうね。いつか入会して大河と朝ドラ見まくるかも。

無料でU-NEXTを体験してみる

組み合わせ4・FOD✕Hulu

国内ドラマを見たい人にはFODがおすすめ。FODはフジテレビのドラマが充実しています。加えて日活ロマンポルノといった、レンタルショップで借りるのが難しい作品も置いていたりする。なので映画を観るにしても案外使い勝手がいい。

で、Huluは海外ドラマに強みを持つ動画配信サービス。なので、ドラマ好きならこの組み合わせがいいと思います。

FODを無料体験する

Huluを無料体験する

組み合わせ5・dTV✕ディズニーデラックス

dTVの画面を見ていつも「ディズニー見放題じゃないのかよ〜レンタル高えよ〜」と思う人はディズニーデラックスに入ってみるという手もある。

ディズニーデラックスに入れば、dTVでレンタル400円とか500円くらいかかるマーベル映画やディズニー作品が見放題になります。

なので、dTVで見れないディズニーのリカバーができますね。U-NEXTもだけど。

U-NEXTの見放題が少ないって言ってる人は3割くらいディズニーが見れないことに関して言ってると思うので、U-NEXTと組み合わせるのもいいかもしれませんね。ちなみに残りの7割は準新作映画とハリーポッターだと思います。

dTVを無料体験する

ディズニーデラックスを無料体験する

おまけの組み合わせ・U-NEXT✕DMM見放題

もろですね。これは。
性的な欲求が強い人にはいいんじゃないですかね。コンテンツダブってないですよ!

18歳未満でも見れるコンテンツに関して言っておくと、DMM見放題は意外と、名作映画を見れる。
で、U-NEXTは旧作名作映画のコンテンツ量が凄まじい。だけどDMMで配信されている映画は、大多数がU-NEXTで配信されているので結構ダブる。なので、ああいう系専用ってことで笑

無料でU-NEXTを体験してみる

無料でDMMの動画を見まくる

まとめ

こういった感じでまとめてみましたが、U-NEXTとかに入るなら正直複数契約しなくて大丈夫ですよ。Amazonプライム・ビデオでも使いこなせば全然退屈しません。ただ、入るのなら先程挙げたような組み合わせで入会するのがおすすめです。

組み合わせたとしても、見たい作品が必ずしも配信されているというわけではありません。こういうときは、レンタルを使ったりするという方法もあります。以前書いた記事を参考にしてみてください。

ゲオ宅配レンタルレビュー

動画配信サービス✕Amazon Fire TV Stickが最強か

動画配信サービスは、移動中にスマホやタブレットで見れるだけでなく、Wi-Fiのつながるところにいるのであればパソコンで見て、家にいるときはテレビの大画面で見ることも可能だ。

テレビで見たいという人には、対応デバイスを買うのがおすすめだ。

ChromecastAmazon Fire TV Stickを買えばテレビでも見れる。どちらでも見れるが、個人的に調べた感じ、Fire TV Stickのほうがおすすめだ。

僕は4年くらいChromecastを使い続けるChromecastユーザーだけど、ChromecastだとAmazonプライム・ビデオをテレビで見れない。YouTubeもU-NEXTもdTVもテレビで見れて便利だけど、そこが難点。

なので、まだこういった類のデバイスを持っていない人には、Amazon Fire TV Stickをおすすめしている。僕も買おうか考えている。

加えて、Amazon内をChromecastで検索すると、パチもんが多い。ここまでひどいのは久しぶりに見た。Amazonではなく個人や悪質な業者が売っているのだろう。AmazonでChromecastは買わないほうがいい。最新型の第3世代も見つからなかった。

なので、いつもならAmazonのリンクを載せるところですが、Chromecastを紹介する際は楽天のストアのものにしました。もしChromecastが気になるのなら、Amazonで検索せずに、楽天とかで買うのがおすすめです。先程の青字をクリックすれば楽天のChromecastショップに飛びます。

 

Amazonとしては、Amazon Fire TV Stickを使ってくださいということでしょう。

Amazon Fire TV Stick

このAmazonプライム・ビデオをテレビで見ることができ、Chromecastより安いのが、Amazon Fire TV Stick。動画配信サービスに入会するのなら購入しておくのがベターです。

公開日: 公開日: 公開日: