無料で見れる映画たち(2019年2月編)

無料で見れる映画たち(2019年2月編)

2019年2月にBSプレミアムとスターチャンネル無料放送で見れる映画のまとめです。

スポンサーリンク

赤が誰でも知ってる青が映画好きなら見ておいた損のない名作黄がおそらく気軽に観ることの難しいレアな放送です。あくまで個人的な主観ですが参考にしてみてください。

BSプレミアム

公式サイト映画カレンダー

2/01 13:00〜14:41 マッキントッシュの男
2/02 00:15〜02:16 シャイニング
2/04 13:00〜14:56 グランド・イリュージョン(既)
2/04 21:00〜23:19 3月のライオン 前編
2/05 13:00〜14:27 暁の用心棒(既)
2/06 13:00〜14:48 泥棒成金(既)
2/07 13:00〜14:47 恋におちて(既)
2/08 13:00〜15:19 バラバ(既)
2/09 00:15〜02:23 ケープ・フィアー(既)
2/11 13:00〜14:55 シカゴ(既)
2/11 21:00〜23:21 3月のライオン 後編
2/12 13:00〜14:36 フラッシュダンス(既)
2/13 13:00〜14:46 スリーピー・ホロウ(既)
2/14 13:00〜14:39 続・さすらいの一匹狼(既)
2/15 13:00〜14:55 恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ(既)
2/16 00:15〜01:52 ハートビート
2/18 13:00〜15:21 アポロ13(既)
2/18 21:00〜23:10 鍵泥棒のメソッド
2/19 13:00〜15:09 勇気ある追跡(既)
2/20 13:00〜16:16 レッズ(既)
2/21 13:00〜14:53 ハッド
2/22 13:00〜15:19 大統領の陰謀(既)
2/23 00:15〜02:16 映画「深夜食堂」(既)
2/25 13:00〜16:21 ドクトル・ジバゴ(既)
2/25 21:00〜23:03 ソロモンの偽証 前篇・事件(既)
2/26 13:00〜15:02 第十七捕虜収容所(既)
2/27 13:00〜14:58 眺めのいい部屋(既)
2/28 13:00〜15:49 アメリカ アメリカ(既)

既視感が半端ない。既に放送されている作品が非常に多い。

でも「シャイニング」とか「鍵泥棒のメソッド」とか、人気の高い映画の初放送もあったりします。いつもより少なめですが。

「3月のライオン」はちょっと意外ですね。2年前に公開した作品もう放送するんだ。というか、なんで3月に放送しようとしなかったのか。

※(追記)1月末に公式サイトを確認してみたら2月16日の昼に「ターミナル」、24日の昼に「スピード」という、結構メジャーなタイトルが追加されてました。なんで新しく放送される作品は9本ということになります。

スポンサーリンク

有料CS無料放送

続いては有料CS放送の無料放送。

スターチャンネル

ファンタスティックMr.FOX
ワイルド・スピード
ブリザード 凍える秘密
エスター
クロノス
白い沈黙
ランナウェイズ
ヤング≒アダルト

シネフィルWOWOW

ファイナル・カウントダウン
ペイチェック消された記憶
ファンタスティック・プラネット

ムービープラス

バベットの晩餐会

ザ・シネマ

カオス
ザ・ボーダーライン
バッドガイズ

まとめ

有料CSの無料放送に関しては「ファンタスティック・プラネット」の放送が嬉しいですね。あと、「バベットの晩餐会」はレンタルで借りたDVDが破損してたりして、個人的になかなか見る機会に恵まれなかった作品なのでありがたい。

無料映画を録画しまくろう

先程あげたラインナップから分かる通り、NHKと有料チャンネルの無料放送を組み合わせれば、地味に大量の映画を録画することができます。

僕は録画したものをBlu-rayに焼き付けて、こんな感じにタイトルをEXCELでまとめてます。

気になったものというよりも、よほどのことがない限り全部録画する気で保存してます。知らないタイトルはもちろん、あまり評判のよくないものもしているし、見たことあるやつも録画している。

※上下に2枚入れることができるBlu-rayケースに番号を振って分類していて、A列の数字はその番号を意味している。

見たいと思った映画が、入会している動画配信サービスで配信されていなかったとしても、いつでも棚から引っ張り出せば見れる状態になっている。

こう言うと、家に大量のBlu-rayがかさばるような気がするし、大金をはたいてBlu-rayを買わなければいけないように思うかもしれない。

だけど、Amazonで最安かつ最も売れているこのBlu-rayで、一枚のディスクにつき3本程度入るような画質でいれれば、リーズナブルだし全然かさばらない。

この画質でダビングしたとしても、Blu-rayのような画質で録画することができる。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用 BD-R VBR130RP50V4

関連記事・おすすめの録画用Blu-rayディスク

関連記事・このBlu-rayディスクを最安値で買う方法

600本映画を録画したとしても200枚程度のディスクで済むため、そこまでかさばらない。非常におすすめ。

月初めに発表されるNHKで放送される映画のラインナップをワクワクしながら待っているようなライフスタイルだと、録画し忘れることなく済む。そんな感じでひたすら録画している。

テレビやレコーダー、BSの回線が必要になってくるし、NHKの受信料を支払わなければいけないけど、BSを見れる環境に住んでいるのならば非常におすすめです。録画しまくりましょう。

 

 




公開日: 更新日: 公開日: 更新日: 公開日: 更新日: