「ナチュラルウーマン」は予備知識なしで見たほうがいい

「ナチュラルウーマン」は予備知識なしで見たほうがいい

ナチュラルウーマン

スポンサーリンク

今年のアカデミー外国語映画賞受賞作。

全く予備知識を入れずに見たんだけど、これ、

何も知らない状態で見たほうがいいと思いますよ。

なのであらすじも載せません。

 

この作品は○○を描いたものだが、

その○○を知らないほうが楽しめるんじゃないかと思う。

ここで書いている○○とは、この映画の一番重要なテーマのことで、

この作品を紹介している記事には間違いなく書いている。

予告編でも言ってる。

だけど上映開始から「え?なんでなんだろう?」と思いながら見て、

考えながら鑑賞したほうが面白いんじゃないのか、って実際そうやって見た結果感じました。

開始2,30分頃に「あ!そういう話かこれ!」ってなったのが面白かった。

なので気になってる方はまず見てください。

おすすめです。

この映画の日本語タイトル「ナチュラルウーマン」とは

「ありのままの女性(人)」という意味ですけど、

「ありのままの女性(人)」とは何?

 

ありのまま。このフレーズで「アナと雪の女王」を思い出した人も少なくないのでは。

まあこれもヒントになりますよね。

これは○○についての話だが、見るからに○○と感じないのだ。

いろんな情報から「あれ?これ○○についての映画かもしれないな」と推測する。

今年のアカデミー賞で外国語映画賞を受賞したということもヒントになる。

※これからネタバレを含みます。リンクを貼っておくので、読む前に見ておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

○○

 

 

○○

…というのはセクシャルマイノリティのことで、

「男性として生まれたけれど内面は女性、かつ性転換手術をしていない状態の人」。

この作品の主人公は身体的性別が男性なのだ。

なぜあんなに恋人の家族に失礼な態度をとられるのか等、

不愉快になりながらも、いろいろなことを考えた結果その結論に達する。

チリのトランスジェンダー女優、ダニエラ・ヴェガがこの役を演じているが、

ビジュアル的にどちらともとれる。

こんな女性もいそうだし男性にもいそうなのだ。

警察官の言葉で「本名はダニエル」と発せられるまで、

いろんな伏線が張り巡らされているように感じた。

「彼」と書いている字幕に「誤字?」ってなったことも、

オープニングのイグアスの滝も伏線になっている。

字幕に関しては伏線じゃないかもしれないけど。

 

 「ブエノスアイレス」

イグアスの滝のくだりは、同じようなテーマを描いた名作、

ウォン・カーウァイ監督の「ブエノスアイレス」を彷彿とさせる。

この作品もイグアスの滝を目指すゲイカップルの話なのだ。

そのため「ブエノスアイレス」を見ていればわかる伏線になっている。

評論記事を読んで知ったんですけど、

この作品いつか見なきゃなーって思ってたけど、

未だに見れてなくて気づかなかったです。

さっさと見とけばよかった…

ありのまま

この映画は愛する人を失い、

大勢から差別やいじめをされる地獄の日々を観客に味わわせる。

見ていてほんとにつらくなる。

最後の望みだった旅に行く願いもかなわない。

決死の思いで旅券をゲットしようとするが

ロッカーを開ければ暗闇。

「ブエノスアイレス」と同じように、その願いはかなわない。

しかしそれでも彼女は生きていく。

望みを持って、ありのままの姿で生きていく。

どんなに周りから蔑まれようと。

ありのままの姿で。

もの凄く考えさせられる作品でした。

公開日: 更新日: 公開日: 更新日: 公開日: 更新日: