「ぼくの名前はズッキーニ」主人公声渋すぎ問題

「ぼくの名前はズッキーニ」主人公声渋すぎ問題

2016年のアヌシー受賞作

スポンサーリンク

この前博多に行ったときに見たんだけど、ひとつだけ引っかかる点があった。

はっきりいって作品自体はおすすめです。

ひとことで言うと「明るくてカラフルなコラライン・フランケンウィニー」

キャラクターがかわいくて、ほんとにこれらの作品を明るくした感じだ。

時間の長さも短めなのでサクッと見れてちょうどいい。

シンプルなあったかい話でスタンダードな王道子ども向けアニメーションだ。

ただひとつ気になる点…

声渋すぎじゃね???

フランス本国のバージョンだと普通のアニメっぽい声ですよね。

要は女性の声優が吹き替えたような少年の声なのだ。
でも日本版だとゴリゴリのイケボなのだ。山田孝之ベクトルの。

9歳ですよこの主人公。

少なくとも中二くらいの時の声にしか聞こえないのだ。

それもそのはず。40歳の峯田和伸さん(銀杏BOYZ)が声の担当。

どういう経緯でこの人選になったのかはわからないが、本国版と全然印象違うんだろうなあ…

リリー・フランキーさんが演じる警官、レイモン役ははまり役でした。

サニー/32のときと同一人物とは思えない。

王道のアニメーションで、おすすめです。

 

原作本

公開日: 更新日: 公開日: 更新日: 公開日: 更新日: